2014年09月10日

錦織選手 快挙!

錦織選手の決勝進出の快挙。
最後を逃したのは残念だけれどほとんどの日本人がその快挙を称えていることだろう。
同時に、「もう松岡しゃべるな」と思っている日本人も多いのでは。
お前が代弁することではないと。
もういいよ。おめーが重要人物なら今頃彼のコーチだろうに。部外者だ。
いや、世間がそういっているんじゃないかなと←逃げ
posted by Mozzo at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | くだらない一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いただきます ごちそうさまを言う心が失われてはいないか

ネット上の掲示板を読むのは面白い。
ただし、一部のネット用語乱れ飛ぶ品位のない掲示板は別だ。表現にも品がないし、たった一言二言をぶつけるだけで論理の構築もない。きちんと論理を構築すると文章が長いとバカにされるとか。当人たちが楽しければいいのだが理解に苦しむ。
新聞社などが運営し、きちんと発言の内容を管理している掲示板に限る。品位のない掲示板を読むと心がすさむような気がする。それでも日頃の鬱憤をぶつけたい人が多いようだが。

世の中いろいろな考え方をする人がいるなぁと思わされる。
もちろん、中には議論をあおるためにあえて極論、わがままな意見を載せるという演出もあろうかと思う。やらせといってもいいかもしれぬ。仮に本心としてもこれを公言すれば総スカン総攻撃を受けるにきまっていることをあえて言うバカがそうそういるとは思えないのである。
盛り上げるために運営側が仕掛けているのではなかろうか、と思わなくもない。まぁ結果がついて来ればそれはそれでよろしい。

たいてい、掲示板のスレッドを始める人が議論や質問を提起する。
いくつも読んでいると予想しないような突飛な話題もあるのだが、ある程度パターン化された話も多い。
嫁の言動が気に食わないなんてのは定番のテーマだ。またそのわがまま加減に容赦なく突っ込むのも同じだ

====
さてここからが本題。
よくある話題で「外食の際にいただきます・ごちそうさまというのはおかしい」というのがある。こちとら客で金を払っているのだからいただくもごちそうもないだろう、店の人間が感謝を示せばいいのであって客が言うことではない、というものである。
なにを阿呆なことをと思うのだが、意外と総スカンを食うほどの極論でもないらしい。賛同者が現れることがある。
なんとレベルの低い話であろうか。

どんな教育を受けているのだろうと思う。金のやり取りのみを見た浅薄な考えであるのは言うまでもない。

外食店で一皿の料理が眼前に運ばれてきたとき、たかだか目の前にいる店員との関係にしかみえないのだろうか。

その料理は、給仕してくれた店員と厨房で料理をした人、材料を店まで流通させた人、食材となる生物を育てたり自然から集めた人、それらの経済システムをリスクを負って動かしている人、そして食材として命を終わらせた多くの生物で成り立っている。多くの人の働きと生物の尊い犠牲の上にその一皿が成り立っている。
ゆえに、目の前に店員がいようがいまいが、たとえばセルフサービスで自分でテーブルに運んできたのであろうが、「いただきます」というのはなんらおかしくない。
一人で食事に来て大声で唱えるのも雰囲気を壊すとはおもうので、心の中で唱えたらいいと思う。できれば小さく合掌していただきたい。
宗教・文化によっては、食事の前に祈りをささげることもある。その一皿にかかわった人や生物を神に置き換えて祈っていると言ってよいのではないか。普遍的な考え方と言えると思う。

====
なぜ、こうした傾向が見えるのだろうか。
なぜいただきますと言うべきかなんて教わったことはない。こうしたことは自然に身につくものだと思っていたのだがそうでもないのだろうか。それともこれは特殊な少数例なのだろうか。

表面的な理屈でとらえる傾向というのは否定できないと思う。
似た話で「おかげさまで」という言葉がある。
たとえば病気やトラブルで一時的に困っていたとしよう。その後そこからは回復して、その事情を知らない知人に久しぶりに会ったとしよう。
近況を聞かれてその話をする。それは知らなんだ、大変だったとねぎらう。そして、
「今はもうすっかり元通り?」
「ええ、おかげさまで」
普通のやり取りである。

その知人は事情も知らずにいたのだし、何の助けもしてくれなかったではないか。おかげさまではおかしいのではないのかという考え方。理屈といえば理屈なのであるが。
おかげさまでは何もその個人に感謝するだけの言葉ではない。その個人も含めた人の和とか、さらに広げて地域社会であるとか、あるいは過去からのつながりが自分の性格や精神力を作ってくれたとかさらに人とのいいつながりが幸運を呼んでくれたとか。そうしたこと総体に対しておかげさまでではないのか。そこにいてくれてありがとうなのである。

====
いただきます、ごちそうさま、おかげさまで、ありがとうございます、すみません。なぜその場面で言うべきなのか、噛んで含めるように説明せねばならんのか。なにやら空恐ろしいような気がする。

本当にこの認識が当たっていると言い切るものでもないし、そうなっているとしてもどうすべきかその答えを持ち合わせていない。
学校だけではなく社会全体における教育が変わってしまったのかもしれない。
たとえば権利や義務を教えることは大事なのだが、それだけじゃないだろうということを教え忘れているのかもしれない。

====
中韓との関係悪化の中で、彼らに「そうはいっても日本侮りがたし」と言わしめるのが日本人の素養である。反日に染まった人でも日本に来たり日本人に触れると認識を改めるという話がよくネット上に記事に上がっている。そこにあるのは日本人が礼儀正しく静かで秩序があって、と彼らを驚嘆させるのである。たしかに観光客の振る舞いを見れば彼我の差は大きいようだ。

だが、その日本人の素養を支えてきた精神的支柱が崩れつつあるとしたらどうか。他人に思いをはせ感謝するという日本人なら説明せずとも理解しているはずのことが新しい世代に理解されていないとしたら。
posted by Mozzo at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

デング熱考 デング熱考

全体を見ようやと言いたくなる報道。
産経新聞から引用する。

引用ここから====
検査希望相次ぐ キット不足「無症状者は検査控えて」
2014.9.5 19:47

 デング熱をめぐり、東京・代々木公園を訪れた経験を持つ人などから「心配なので検査してほしい」との問い合わせが医療機関などに相次いでいる。新たに新宿中央公園でも感染者が確認されたことから、今後も検査希望者は増えるとみられるが、キットを常備する医療機関は少なく、「本当に必要な人のためにも、高熱などの症状がない人は検査を避けてほしい」との声が出ている。

 デング熱は簡易検査キットで感染の有無を調べることができるが、国内では未承認のため、多くの医療機関が自費で購入しており、保険は適用されない。

 簡易検査キットを販売するアリーアメディカル(東京都新宿区)によると、25回分の検査ができる検査キット(3万2500円)はこれまで、国内で年60個程度が販売されてきた。しかし、デング熱の国内感染が確認されて以降、全国の大学病院などから注文が相次ぎ、在庫がなくなった。同社担当者は「韓国の関連企業で増産し、週明けには補充できる見込み」と話す。

 都内でトラベルクリニックを開設する医療法人鉄医会の久住英二理事長によると、医院には「代々木公園に行ったが検査できるか」などの問い合わせが複数あったという。症状がない人からの問い合わせもあり、久住理事長は「症状がない人や、発症しても回復した人は陽性になりにくい。必要な人がきちんと検査ができるよう無症状の人の問い合わせは避けてほしい」と話している。
引用ここまで====

デング熱なんて日頃耳にしなかった病気が注目されて焦るのは分かるが、この記事の通り冷静に行動したい。同じく今話題のエボラ出血熱と違って致死率は高くないし、人から人へも感染しないのである。病気の危険度の格が違う。
たぶん、病院へ殺到した人の中には会社に言われてという人もいるのだろう。職務上なにかあの地域に関係していて、感染していない証明書をもらってこいと言われた人がいるのではないかと思っている。ばかばかしい。

脱線するが、企業は健康が絡んだ話になるとやたら診断書を求める。場面によっては意味もあろうが、多くの場合無駄な検査で個人に負担を与え(その間休ませてやればいいのに)、費用を使うだけに過ぎない。「万全を期しました」「体調が悪いこいつが悪いんです。わが社は悪くない」という逃げ道、アリバイ作りなんだと思う。

それから他の報道では虫よけスプレーの在庫が払底しているとも報じられている。
過去、震災やインフルエンザ騒動でマスクが払底したのと同じく、場当たり的だとおもう。
日常生活で蚊に刺されるのであれば虫よけスプレーは常備すべきであるゆえ、騒動を受けて買いに走るのは愚かだ。また、蚊に刺されないような生活をしているならばやはり慌てるのは愚かだ。

それはさておき。話はこの記事から脱線する。

====
ここ数日の報道によると、代々木公園ではデング熱ウイルスを持った蚊が複数発見され、若干離れた新宿中央公園でもそこで蚊に刺されたとされる人が発症している。

感染者数が判明しているだけでも80人に達し、蚊に刺されたと思しき場所も蚊の発生源が代々木公園と考えるには不自然なほど広い範囲に広がっているようだ。

さて、この報道からどのような事実が推測されるだろうか。

デング熱ウイルスは人から人にも、蚊から蚊にもうつらない。
さらにうつる側からうつす側に変わるには時間がかかる。
感染した人から吸血し、腸内でウイルスを増殖させた蚊の体内にウイルスが充満すると口の周りにまで達する。その蚊が別の人を吸血するとその際に人の体にウイルスが侵入する。違う人を連続で刺しても伝染することは少ない。増殖に時間がかかるというわけだ。
人間とて同じこと。デング熱ウイルスが体内に入ったからといって、即座に別の蚊が吸血しても蚊にうつる可能性はほとんどない。体内で増殖する時間を要する。
つまり、人から蚊、蚊から人と伝播するには時間がかかるのである。
また、蚊はせいぜい4〜5回しか人を刺さないという。産卵に必要な量だけ吸えればいいわけだ。

ここから言えるのは、感染を広める重要な段階は人から蚊に感染する段階だということだ。
一匹の蚊からはせいぜい数人にしか感染しない。その数人が感染源になるとしても時間がかかる。今回報道されている感染者は一時的な滞在ばかりだ。代々木公園で感染したが、その直後に感染させる側に回ったわけではない。

恒常的な感染があったのではないか。

感染力のある人間を蚊に刺され放題にすれば、感染力のある蚊を何匹でも生産できる。刺され放題で抵抗しない人間はいないと思うのであるが、酒や薬物その他の理由で前後不覚になっているような状態ならどうか。あるいは、本当にサル目以外の哺乳類、その他脊椎動物には感染せず蚊も吸血しないのだろうか。代々木公園の片隅につながれっぱなし刺されっぱなしの憐れな犬がいたりしないだろうか。

すると、人間側(少なくとも脊椎動物側)に恒常的な感染源が存在することになる。いつでも蚊に吸われては感染した蚊に変身させる感染源があることになる。

仮に、日本には戦後これまでデング熱がなく、海外で感染してもそこから二次感染を起こすことはなかったとしよう(これがこれまでの認識)。

そうなると突如として恒常的な感染源が代々木公園周辺に出現したことになる。代々木公園が閉鎖されたので新宿中央公園に移動したのかもしれぬ。
「新宿中央公園に移動」などと表現すればいやおうなくある種の定住場所を持たない人々を連想させることになる。言っておいてなんだがあるべからず差別・迫害につながらぬよう公によるサポートが望まれる。
こうした人々には就労支援、定住支援に応じない人もいる。自由と引き換えに貧困、不安定な生活を甘受するから放っておいてくれというものだ。こうした人に公は冷たい。管理が及ばない。自立する気がなければ支援しませんと放り出す(これが悪いとは言わん)。むろん貧困ゆえにこうした生活に陥り就労支援、定住支援を求めてかなわない人もいる。ま、それは別の機会に。
だが、ことが公衆衛生となれば当人の意思は関係ない。きちんと検査し、必要に応じて移動、隔離、治療を行うべきだろう。

だが、日本にデング熱がなかったということ自体が単なる神話でなかったかと思うのである。

表面上デング熱の発症者は減ったがそれでも一定数は日本にいるのではなかろうかという疑いだ。
最初に引用した記事にもあったが、日本の医療体制はすでに「デング熱が入ってくることはあり得ない」という前提であるようにしか見えない。検査キットの流通数が記事にある業者で年に1500人分程度。日本全体でいかほどか。保険も効かないようなものの在庫をその辺の病院が常備しているとは到底思えない。高熱があったら何はともあれデング熱の検査、とはなっていないのは明らかである。

そうなると診察する医師の見識次第であるのだが、日頃デング熱患者を診ているわけじゃない。高熱を訴えて病院に来た患者に対して、デング熱を疑って海外渡航歴を尋ねるような医師はまだ見識が高いと言えよう。
「熱がある。呼吸は苦しくない。頭痛がする。節々が痛い。なるほど、まずは抗生物質と熱さましを出しますので様子見ましょう」で終わりだ。典型的な患者には発疹が出るそうだが、それに気づくかどうか。
数日たてば症状も治まる。それで終了。
しかも、こうした典型的な症状に至らず軽い症状で治まる患者もいるという。
また、昨今の状況を見るにそう簡単に仕事を休んで病院にもいけないような人が多いのも事実だ。

つまり、もともと日本にはデング熱患者が一定数、その辺にいたのではないかと思うのである。今回なにか特別なことが起きているのではないという疑いだ。

ではなぜ今回に限って騒動になったか。
エボラ出血熱騒動で感染症に対するマスコミの興味が高まっていたこともあろう。また代々木公園が有名観光地であることから、一件でも騒がれれば派生的に騒動が広がるのは理解できる。

そう思う理由がある。
一年ほど前、ドイツから日本に立ち寄った観光客が帰国後デング熱に感染していたことが分かった騒動があった。典型的な症状があったとはいえ、デング熱の流行地たりえないドイツで、日本から帰国した患者に対し的確な診断を下したドイツの医師を賞賛せねばなるまい。あるいは医療体制が日本とは違うのか。
当然、サンプルが一人では原因解明に至るはずもなく、流行地から飛行機に紛れ込んだ蚊に刺されただのと言われたものだが、日本が隠れた流行地だったとしたら。

検証されねばなるまい。

====
さて、上記は私の理解であるためすべて正しいとは言わぬが、上記を前提とすればどうすればよいか。

まず、この病気に対して国の基本姿勢を明確にすることだと思う。
エボラ出血熱であれば水際対策、国内には入れないというポリシーだと答えるだろう。
ではすべての疾病に対して同じような対策をとるだろうか。
たとえば毎年流行するインフルエンザ。同じく水際対策をとっているわけではない。感染するのは仕方ないので広げず、重症化させずといういわば「火消」の対応をしている。当たり前の話で、日本をクリーンルームにすることはできないし、目指しただけでどんな経済的損失を招くことか。

さて、デング熱はどのような位置づけなのか。
入ってくることはないから対策不要、ではないと思うのだ。これまでも「海外で感染した患者」というものの認識はあった。
では水際対策はコストに見合うことだろうか。
入国二週間前までに流行国に滞在したのか、熱はないか調べるのか。いや、先のドイツ人の例を引けば流行国と認識していない国でもありうる。本人は立ち寄らずとも飛行機に紛れ込んだ蚊でもありうる。

もちろんやろうと思えば対策はできるだろうが、病気の重さに比べて費用が掛かりすぎ影響がありすぎとはいえよう。
流行国に滞在したら二週間隔離したのち入国なんてやったら破綻する。

やるべきは感染してからの対策なんだろう。

まず、なにはなくとも確実な検出だ。
検査を万全にと口で言うのは簡単だが、経済的になかなかむつかしい。
先の記事では検査キットが一人分1300円ということだ。当然使用期限というものもあり、こんなものを一般の医院(開業医)で常備するのは難しい。大病院に集約しようにも再度検査に行けというのもハードルの高い話だ。これを放置するから大病院への集中が治らんのだ。
仮に保険が効いても自己負担がどれだけかかるか。資材だけで1300円。
長期的に公が方向付けをしてほしい。大雑把でいいから血液検査の一環で、デング熱に限らずウイルス性感染を判定できるような技術を開発するのである。しかも安価に。なんとかならんか。
病気はデング熱だけじゃないのである。デング熱のためだけに医院の棚が検査キットに埋められても困るのだ。効率的な技術的ソリューションが求められる。

現状では現場も全体の体制もデング熱は日本にないという前提だから検出が甘くなる。ありうるという前提で動いてもらえれば実態がわかることだろう。

また、昨今の劣悪な環境で働いている労働者の中には自由に病院に行くこともはばかられるケースがある。病欠が多ければ契約解除と圧迫される派遣労働者もいる。これは公衆衛生上たいへんなマイナスだ。「全員が毎日健康で出勤」というぎりぎりの前提で動いている職場だからそうなる。現場に任せておいたら絶対に解決しない。公の規制が必要だと思う。

次に治療体制。
そうそう死ぬ病気ではないとはいう。症状はつらいらしいが。
死亡率が低いからといってケアがテキトーでいいとは言えまい。本人のためというより公衆衛生のために、蚊に刺されないようにさせねばならぬ。
なんにせよかに刺されることはいいことではないのだが、感染前は本人の問題、感染後は公衆衛生の問題なのである。
いろいろ支障はあろうが、感染が発覚したら隔離して蚊に刺されないようにすることが必要なのではなかろうか。

そして監視活動だ。
私は今回の騒動を「きちんと調べたから感染した蚊が見つかった」だと思っている。調べていないだけで全国にいるのではなかろうか。
もちろん蚊が媒介する感染症はデング熱だけではない。網羅的に監視してほしい。むろん、空港・港湾周辺では局所的に調査がされている。だが、もっと広く調査する必要があるのではなかろうか。
なにも、感染症に特化する必要もない。あらゆる観点の調査を兼ねればいい。昆虫の分布の調査とか、侵入的外来種の監視とか。

脱線するが、東日本大震災に伴う福島原発の事故。あのときに拡散した放射能を心配していたるところで放射能測定がされたことを思い出す。その際に原発事故とは全く関係なく割と高い放射能レベルの放射性物質が道路わきから発見された騒動があった。今と比べて放射性廃棄物にうるさくない時代のもので古い家屋の敷地に放置されていたものだ。
この騒動、原発事故の放射性物質が問題にならねば発見されていなかっただろう。
日本はなんとなく安全で監視の目も行き届いているような錯覚があるのだが、これだけ騒がれる放射性物質ですら、きっかけがなければ見つからないのである。むろん、技術的にも経済的にもすべてに監視の目が行き届いているなんてことはあり得ない。目につくところに人も予算もつくのである。
そのきっかけが現れたことに気づける人は限られている。この場合医師か。そうした人たちに頑張ってほしいのと、がんばれるだけの環境づくりを公に求めたいものだ。
posted by Mozzo at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。