2014年09月06日

マグロ規制で韓国がついた嘘 事実を無視する国

納得いかないというかなんというか。

引用ここから====
日本のクロマグロ漁半減案、抵抗韓国を押し切る
2014年09月05日 11時33分

 太平洋クロマグロの漁獲制限を話し合う「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」の小委員会は4日、参加する9か国・地域がそれぞれ2015年以降の未成魚の漁獲量を02〜04年の平均より半分に減らすことで正式に合意し、閉幕した。

 科学的な根拠に基づく日本の提案が、半減に抵抗する韓国を押し切った格好だ。さらなるマグロ資源の回復には、東太平洋でも合意できるかが焦点となる。

 会議の議長を務めた農林水産省の宮原正典顧問は終了後の記者会見で、合意した半減目標について、「他の選択肢はなく、韓国も受け入れざるを得なかった」と強調した。

 関係者によると、韓国の出席者は、「サバの巻き網漁でもマグロがとれてしまうので、目標達成は難しい」と主張。「マグロ漁は昼、サバ漁は夜の操業が一般的なので混じることはない」と日本側に矛盾点を指摘されると、答えに窮したという。
2014年09月05日 11時33分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
引用ここまで====

まぁ、日本の主張が通ってよかったとはいえよう。
日本の漁業者も痛みを負うのである。韓国にやりたい放題されてはたまらない。

さて問題は末尾の部分である。このやり取りが正しいのであれば韓国は嘘をついたことになる。「サバの巻き網漁でもマグロがとれてしまう」という事実があってこその主張であろうに。言い返せないということはそういう事実はないのだろう。思いついただけだ。
事実がなくとも都合のいいように主張するという行動原理が端的に表れている。これが個人の論争でついつい行き過ぎてしまったならいいが、国家間の交渉においてこれではまったくもって信用できない。
仮に「サバの巻き網漁でもマグロがとれてしまう」という事実があったとしても、サバの巻き網漁でマグロの漁獲枠を満たしたらマグロ漁はしなければいいのだ。真にマグロ資源を守りたいと思っているならそういう発想になろうだろう。資源なんかどうでもよくて今儲かることだけが大事なんだろう。

厳然たる事実などどうでもいい、自らが気持ちいいことが正しいという姿勢である。

さて、これを韓国メディアはどう報じているのか。

引用ここから====
韓日、マグロ未成魚漁獲限度量の50%共同削減に合意
2014年09月05日12時03分
[ⓒ 中央日報日本語版]

韓国政府は4日、日本と共に太平洋クロマグロ未成魚の漁獲限度量を50%に削減することに合意したと明らかにした。

韓国海洋水産部によると、今月1日から4日まで日本福岡で開催された中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の小委員会で「太平洋クロマグロ未成魚の漁獲限度量を50%に削減する」処置への採択に合意をした。合意内容によると、2002年〜2004年の年間平均マグロ漁獲量を基準として韓国は1434トンから718トンに、日本は8015トンから4008トンに規模を縮小する。

また、現在の太平洋クロマグロの産卵資源状態は漁業を行わなかった時期を基準に4%水準(2万4000トン)とし、今回合意した勧告案の目標が達成できた場合、10年後の資源状態は約7%(4万3000トン)水準に回復することになると海洋水産部は伝えた。
引用ここまで====

漁獲枠半減を日本が提案したことも、韓国側が虚言を弄して反対したことも報じていない。あたかも韓国側も理性的に交渉のテーブルにつき合意したとでも言わんばかりだ。
これで日本語版であるのだから国内向けはどれほど自分たちが気もちいい記事を配信していることだろうか。

この事実を捻じ曲げる態度、事実を大事にしない態度は歴史認識問題にもつながることだと思う。
ま、それは別の機会として、この問題で言えば漁獲枠削減合意といえど、現場はそれに従うのか、監視はうまく働くのか、大変に信用できない状況ではなかろうか。
漁獲量なんてごまかしたらしまいだと。
posted by Mozzo at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。