2014年10月26日

太平洋クロマグロの輸入自粛要請はよいことだ

大変いいことだと思う。

引用ここから====
メキシコ産クロマグロ自粛要請へ 水産庁、輸入業者に

 水産庁がメキシコ産の太平洋クロマグロをできるだけ買い付けないよう商社などの輸入業者に自粛を要請する方向で検討していることが25日、分かった。未成魚が近海に多く生息しているメキシコに乱獲を防ぐ措置を促すのが狙い。日本は最大消費国として効果的な資源管理に向けて異例の対応を取る。

 東部太平洋のクロマグロの管理を話し合う全米熱帯まぐろ類委員会の特別会合が27日から米カリフォルニア州で開催され、30キログラム未満の未成魚の漁獲量をこれまでより半減する日本提案の規制強化策を議論する。メキシコはこれに難色を示しているとされ、最終合意に達するかは不透明な状況だ。
(共同)
引用ここまで====

本来であれば強制力のある禁輸措置に踏み切るべきかもしれぬが、そうなれば国際的な摩擦も大きくなろう。
外貨獲得・儲けの種を失いかねないメキシコ側には不服もあろうが、高い視点で理解し漁業資源保護に取り組んでもらいたいものだ。ごり押しでマグロを売るより、代替資源の開発や貿易協定で損を取り戻すような取り組みが望ましい。

マグロ・カツオ類は漁獲をもっと厳しく制限すべき状況にある。特に未成魚を獲るべきではない。野生生物であるのだから、薄く広く負荷をかけるのが大原則だと思う。海産動物で言えば鯨からオキアミまで薄く広く食べるべきである。
無論、野生生物ではなく家畜や養殖魚に頼るという選択肢もあり、家畜であれば絶滅とは無縁だ。だが、家畜や養殖魚を育てるためには環境を破壊して穀物を育てたり小魚を大量に捕獲せねばならない。環境問題としては拡大していいものではあるまい。

====
この報道は二つのことをわれわれに示唆している。
一つは当たり前の話だが、この話輸入業者に押し付けておしまいということではないということだ。
当然中間に立つ流通業者、飲食店も行動を変えねばなるまいし、最終の消費者である我々も行動を変えねばなるまい。
マグロ祭りキャンペーンとかやっていちゃいかんのである。私が時折利用する飲食店がなぜかのきなみマグロ祭りをやっておる。とあるチェーン店の寿司屋もマグロ推しでマグロ5種にぎりだのマグロ丼だのと大きなポスターで宣伝している。私は反発してイカタコ貝推しで食べたりするのだが。むろんイカにも種類があってWebページで国産であることを確認した種類を選ぶのだ。
マグロキャンペーンだの寿司食べ放題だのこんなことをやっていればマグロを卸せ、安く卸せという圧力が高まるだけである。商社も圧力に動じるだろうし、仮にメキシコ産は輸入しなくともボストン産など北米東海岸から仕入れるだろう。あるいは別のマグロに圧力が向くだろう。
近海で獲れるのに数がまとまらないとか、魚体が小さくて扱いが面倒とかで売れない魚が捨てられている。こうした魚を丁寧に探して仕入れるような飲食店に頑張ってほしいし、消費者側もそれを評価すべきだ。
だいたいカツオやマグロなんてのはそれなりに味がいいというのもあるが、魚体が大きくて工業製品として扱えるから便利で流通している側面があるのだ。冷凍マグロは大きな電動のこぎりで解体してがばっと冊にとってしまえばあとは規格に沿った工業製品のように扱える。

====
もう一つ大事なのはは環境問題を大義名分に経済活動に介入できることを示したことである。もっと広くフェアトレードという言い方をしてもよい。
種の絶滅を招きかねない乱獲をしていないか。地力や地下水が枯渇するような収奪的農業をしていないか。不法移民などをつかって奴隷労働をさせていないか。有害な農薬や化学肥料、廃棄物を環境に放出していないか。無意味にエネルギーを使っていないか。
そういう大義名分が立てば輸入制限も可能であり、国際的非難を浴びにくく相手国からの抗議にも対抗できる。
これは現在TPPでこじれている農産物の関税撤廃に対する答えになりうる。関税はゼロ。ただしフェアトレードは徹底する。日本は環境破壊も奴隷労働も認めませんと。日本に輸出したいなら改めなさいと。
相手国がフェアトレードの基準に合致する改革をすればコストにも響き、わざわざ輸送費をかけて輸出する農産物と日本の農産物での競争力格差は縮まることだろう。
posted by Mozzo at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。