2014年11月10日

盗賊 中国のサンゴ密漁船に徹底的な対処を 弱腰はいかん

煮え切らないなぁという記事。
東スポから引用する。

引用ここから====
サンゴ密漁に「罰金引き上げ」は効くか
2014年11月09日 16時00分

 小笠原諸島や伊豆諸島周辺でサンゴの密漁を繰り返していた中国漁船が、台風20号の接近で一時退散していたが、台風が遠のいたことで再び200隻近くが周辺海域に戻ってきた。日本側は現在最高1000万円の罰金を引き上げる方針を固めたが、密漁を防ぐ効果はあるのか。

 中国船を無許可操業で逮捕した場合、日本領海内か排他的経済水域(EEZ)かで対処は異なる。日本領海内での逮捕時には、船長の身柄を48時間以内に送検するために横浜の海上保安本部まで飛行機などで移送する。船長には400万円以下の罰金が科される刑事手続きがとられ、身体的拘束もかけられる。

 一方、EEZでの逮捕時は、船長が担保金を支払えば、釈放しなくてはいけない国際的な取り決めがある。日本での無許可操業の担保金は400万円といわれる。先月、逮捕された5人の船長中、4人がEEZでの逮捕で、担保金で釈放された。

「その場で現金で支払ってもいいが、船に現金を積んでいるケースは少ない。支払い期限は1か月以内で、本国に戻ってからの手続きになる」(水産庁)。中国政府が事実上の“保証人”となり、支払わない場合には中国当局が厳格に対処するため担保金を踏み倒されるケースはほぼないとも。それでも、最高1000万円の罰金と担保金を合わせてもサンゴで得られる莫大な収入と比べれば、スズメの涙でしかなく、抑止効果は薄い。

「ロシアが日本の漁船をカニ密漁などで拿捕したとき、1億円を超える担保金を要求し、日本を仰天させました。船を返してもらうのも別料金。罰金を引き上げるならロシア並みといきたいところですが、日本は“ロシアの罰金は高すぎる”と海洋法裁判所に訴えた過去がある手前、はね上げるわけにはいかないのでは」(永田町関係者)

 数百万円程度の罰金上積みでは、密漁抑止も期待できそうにない。その前に検挙率を上げなくてはいけないが、巡視船の数は少ない。波が荒くなる冬季に密漁船は姿を消しそうだが、宝石サンゴはそれまでむしりとられることになりそうだ。
引用ここまで====

連日報道される中国のサンゴ密漁船の問題。国境の問題としても自然保護の問題としても大変に腹立たしい。これが、中国と領海を接している海域でのことならまだしも反対側に回り込んできているのだから許しがたい。
中国漁船の強欲と背景にいる中国政府が行う宣戦布告なき侵略がなせることなのだろう。

問題にしたいのは後段の「ロシアが日本の漁船を。。。」という永田町関係者の話である。
ま、東スポの記事の「関係者談」がどこまで政府の考え方に近いのか、単なる私見なのかはわからぬが、本当に日本側にこんな雰囲気があるなら外交にこのロジックではいかん。
日本的価値観で言えば、日本が他国にダメだといっていることを棚に上げて日本がやるわけにはいかないというのは当然のことだ。お前が言うな、どの口が言っていると文句をいいたくなる。
だが、自分のことを棚に上げて他人を攻撃するのは外交の基本とまでは言わぬがわが日本の周辺国の常套手段だ。
中国はチベット、内モンゴル、ウイグルに対する侵略を棚に上げて日本を批判する。自らの軍拡を棚に上げて日本の軍事費を批判する。軍部の発言力が高いのに日本が軍国化していると批判する(日本ほど軍が遠慮している国がどこにあろうか)。

ロシアの保証金は高すぎますが、日本の保証金はまともですが何か?と言うくらいの面の皮の厚さがなくて外交などできるか。条件がちがうのだからどんな理屈でもつく。
日露間のカニ漁の問題は国境を接する海域の問題で、国境やEEZの境界を見誤りやすい。間違いもある。中国はわざわざ南側に回り込んできている。そこが違うだろ、とか。
カニの単価とサンゴの単価は違うだろ、とか。
相手の資金力が違うだろ、とか。
言うべきことはいくらでもある。
そこを押して正当化するくらいのことができねばもっと難しい外交交渉なんてできるはずがない。

なんでも日本産サンゴは末端価格で1グラム何万円何十万円となるらしい(なんで中国人は日本産を珍重するのかね。干しアワビ、干しナマコ、ふかひれ。誇りはないのか)。百グラム当たりならまだしもと何度も記事を見返したが、1グラム当たりだとか。くるっている。
そんなものを漁船で来て網でひょいとすくって持っていけるのだからそんなものはほかにない。
仮に100グラムあたりとしても純金の単価に匹敵する。1グラムあたりならちょっとしたダイヤモンドだ。金にせよダイヤモンドにせよ、大がかりな鉱山を開発せねば採掘できない。船でひょいととれるものではない。
それだけに一攫千金を狙うものが現れる。目先の利益を追うこと他国人の追随を許さぬ中国人である。あのiPhoneの転売騒動(あとで中国発売が決まって大損、自殺した人もいる)といい、儲かるとなれば一目散、あとはどうなろうと知ったことではないという人たち。当然自然がどうなろうが気にしない。自然の恵みをかすめ取って稼いでいるのに、自然を壊そうが気にもしない。小笠原諸島に現れた漁船は平然と海にごみを捨てるという。
これまでにない事態であるのだからこれまでにない対応でいいのではなかろうか。
副作用は大きいかもしれぬが、武力で鎮圧すべきではないのかとも思う。連中はルールもなにも知ったことではない。力しか通用しないなら力で抑えねばならないのではなかろうか。
posted by Mozzo at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

阿呆のロードレーサー乗りのわがままを通すバカな裁判

判断力がないとしか思えない判決だと思う。
提訴した側も阿呆である。

引用ここから====
自転車転倒:道路管理に一定の瑕疵、京都市に賠償命令

毎日新聞 2014年11月06日 19時23分(最終更新 11月06日 21時14分)

 タイヤ幅の狭いロードレーサータイプの自転車を運転中、路上の溝蓋(みぞぶた)の隙間(すきま)にタイヤが挟まり、転倒して負傷した京都市西京区の男性が、道路を管理する京都市を相手取り約442万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が6日、京都地裁であった。浅見宣義裁判官は、市の道路管理に一定の瑕疵(かし)があったとし、約324万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2011年9月14日午前11時ごろ、西京区の市道を走行中、道路上に並べられたグレーチング(鋼材が格子状に組まれた溝蓋)の隙間(約2.5センチ)にタイヤ(幅約2センチ)が挟まり転倒し、顔面骨折などのけがをした。

 弁論で市側は「通常の婦人用自転車のタイヤ幅は約3.5センチで、隙間に挟まらない。ロードレーサータイプの普及率は低く、道路の瑕疵は大きいと言えない」などと主張。しかし、判決は「道路の瑕疵は重視せざるを得ない」と指摘し、市側に8割の過失があると結論づけた。

 京都市道路河川管理課は「今後の対応は、判決の詳細を検討して判断したい」としている。市は事故後、現場の隙間を解消するため溶接したという。【土本匡孝】
引用ここまで====

私も若いころ自転車が趣味だったのでわかるのだが、ロードレーサーというのはタイヤが細く、しかもほとんど溝がない。さらに空気圧も超高圧だ。これは転がり抵抗を極限まで抑えるためである。
するとどうなるか。接地面積が極限までに小さい。タイヤの幅が小さいので左右方向の接地が小さい。空気圧が高いのでへこまず、前後方向の接地も小さい。
さらに溝がないので雨天には水の上に乗ってしまうこともある。接地面積が小さいので多少は水に乗りにくくなるが、溝があるタイヤにはかなわない。
また、タイヤの厚みも極限まで薄い。いくら超高圧であるとはいえ路面の突起を踏めばチューブが耐えきれずリム(ホイールの金属部分)と突起にはさまれ容易にパンクする。

そうなると、適度に平滑で適度に摩擦もあって水はけがよくて、と条件の良い道路でないと走れないのである。だからロードバイク。
ちょっとした溝や凹凸に負ける。歩道の縁石を不用意に乗り越えようとしたらパンクすることだってある。雨の日は舗装道路の白線やマンホールの蓋、アスファルトでなくなめらかすぎるコンクリート部分でスリップする。タイルっぽい石畳、橋の継ぎ目なんてのも危険度が高い。

そんなことは常識であり、路面をしっかりと観察し障害を避けて走るのがパンクやスリップを避ける「うまいサイクラー」であるのだ。昔から常識だ。
ましてやグレーチングを踏むなんてことはバカがやることなのである。転倒を避けたとしても何本タイヤを持って走ろうが足りるものではあるまい。この原告は技量としては最低ランクに属するだろう。

まぁ裁判官なんて自転車には乗らずに高級車にふんぞり返っているのかもしれないが、「常識をきちんと守っているのか」の判断ができていたのだろうか。詳しい人間を参考人に呼んだのだろうか。

この判決によって、阿呆のサイクラーが何も考えずに走っても安全な道路を作る義務が生じてしまったのではなかろうか。そのうちガードレールにぶつかったらけがをした。あんなに硬いガードレールは危険だ、管理義務はどうしたと言い出すバカが出てくるぞ。
義務が生じて道路の質が上がること自体はいいのだが、それは税金でやるのだ。阿呆のサイクラーを守るためにどれだけのコストが生じるのか。管理責任を放棄していいとは言わぬが何事も程度と言うものがある。
道路の100mごとに公務員を配置して24時間監視するわけにもいくまい。鉄道と違い通行する人が気をつける責任があるのは自明の理である。
posted by Mozzo at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

京大はテロ集団が牛耳り テロ集団支持派が副学長をやっているらしい

狂っているのですか? 学生運動の時代ですかとあきれる騒動。
産経新聞から連続する二つの記事を引用する。

引用1ここから====
京大キャンパスで警察官取り囲み 解放まで約3時間半 活動家逮捕への抗議活動中

 4日午後0時20分ごろ、京都市左京区の京都大吉田南キャンパスで、京都府警警備2課の男性警察官が、京都大の学生とみられる数人に取り囲まれた。男性警察官は構内の建物に連れて行かれたが、午後4時ごろ解放され、けがはないという。府警が公務執行妨害容疑なども視野に詳しい状況を調べている。

 キャンパス周辺には、一時、多数の警察官が駆けつけ、警察車両も並ぶなど物々しい空気に包まれた。

 2日には、東京都中央区銀座の路上で、デモ行進を規制中の機動隊員に暴行を加えたとして、警視庁が公務執行妨害の疑いで、中核派系の活動家とみられる男3人を現行犯逮捕している。府警や関係者によると、このうち2人が京大生で、キャンパスでは抗議活動が行われていたという。

 京都大学は「詳細は把握していない。現在事実関係を調べている」としている。

引用1ここまで====

で、続報。

引用2ここから====
「警察官無断立ち入り誠に遺憾」京大副学長がコメント 警官取り囲みで

 4日午後0時20分ごろ、京都市左京区の京都大吉田南キャンパスで、京都府警警備2課の男性警察官が京大の学生とみられる数人に取り囲まれ、約3時間半後に解放された事案を巡り、事実関係を調査していた京都大の杉万俊夫副学長は同日午後9時前、「本日、警察官が無断で大学構内に立ち入ったことが分かりました。事前通告なしに警察官が構内に立ち入ることは誠に遺憾です」とのコメントを発表した。
引用2ここまで====

1960年あたりのなつかしニュースのコーナーかと思った。
その意図や評価はともかく、事実関係がこの通りであれば狂っている。

まぁ今となっては中核派なんてのは国民に届く声も論理も持たないイデオロギーオタク暴力集団みたいなものであって、そんなものに現代の京大生が引っかかること自体に驚きである。中核派なんてせいぜい50代より上だと思っていたのだが。
日本は民主主義国家であるから、どんなに阿呆な連中であろうがどんな考えを持とうが自由ではある。だが暴力・違法行為をすれば抑え込まれるのは当然のことである。

もうちょっと厳しい国であればこんな集団がデモ行進をしていれば催涙弾を撃ち込まれて逮捕者続出である。いや逮捕者続出するほど賛同者がいなかったのかもしれぬが。
一般市民を守るために警察は強制力を使うことが許されるわけで、その警察に実力行使をすれば強制力持って抑え込まれるに決まっている。日本政府や警察が間違っているというのなら市民に通じる言葉と論理で訴えればいいのであって、警察官を拉致監禁してつるし上げている場合ではない。
日本だからやさしくしてもらえるのであって、普通の国なら銃殺されても文句は言えない。警察官と言えども人間、その人間の安全、生命が脅かされていれば強硬策も許される。それに加えて警察官を力で妨害すればその警察官が守るべき一般市民の安全、生命も脅かされるわけで二重の罪なのである。
警察がやさしいから銃殺されずにすんでいることを理解すべきなんだろうね。イデオロギー暴力集団は。

まぁそういう連中だということはわかっていたのでその点についてはおどろきはない。現役京大生がかかわっていたというのが若干の驚き。それとてどの時代にもバカはいるということでそれまでのこと。

一番おかしいのはこの副学長という人物だ。
学内に警察が入るなというのはまさに学生運動時代の論理だ。
大学は治外法権か。一定の自治があるのは認めたとしても、あくまで良き市民として存在するという前提を満たした上のことだ。中核派といえば指名手配されるような連中もいるテロ組織。その活動を認めているのは自治なのか。
しかもやっていることは拉致監禁なのである。
警察の介入は許さず、中核派の活動は認めるというのか。それなら京大自体がテロ組織ではないか。
警察が学内に入ったことが気に食わないとして、対抗して拉致監禁をしてもいいという論理でこの副学長は語っている。気に食わなければ何をしてもいいという論理だ。まさにテロ集団。
仮にこれが個人の住宅だったとして、そして不法侵入があったとして、犯人を長時間拉致監禁することは法が許さない。一般人でも緊急逮捕はできるが速やかに警察に渡さねばならないのだ。

すべての京大生がここまでバカだとは思わないが、副学長がこれではね。こうした活動が大手を振ってできるほど歪んでいるのか。大学側にもバカがいるのか。
思想弾圧をしろとは言わないが、学内自治の名のもとに暴力や違法行為が蔓延していないか点検できる仕組みがなければ暴走し、一部の犯罪組織に牛耳られる危険があるのではないか。
posted by Mozzo at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。