2014年11月04日

京大はテロ集団が牛耳り テロ集団支持派が副学長をやっているらしい

狂っているのですか? 学生運動の時代ですかとあきれる騒動。
産経新聞から連続する二つの記事を引用する。

引用1ここから====
京大キャンパスで警察官取り囲み 解放まで約3時間半 活動家逮捕への抗議活動中

 4日午後0時20分ごろ、京都市左京区の京都大吉田南キャンパスで、京都府警警備2課の男性警察官が、京都大の学生とみられる数人に取り囲まれた。男性警察官は構内の建物に連れて行かれたが、午後4時ごろ解放され、けがはないという。府警が公務執行妨害容疑なども視野に詳しい状況を調べている。

 キャンパス周辺には、一時、多数の警察官が駆けつけ、警察車両も並ぶなど物々しい空気に包まれた。

 2日には、東京都中央区銀座の路上で、デモ行進を規制中の機動隊員に暴行を加えたとして、警視庁が公務執行妨害の疑いで、中核派系の活動家とみられる男3人を現行犯逮捕している。府警や関係者によると、このうち2人が京大生で、キャンパスでは抗議活動が行われていたという。

 京都大学は「詳細は把握していない。現在事実関係を調べている」としている。

引用1ここまで====

で、続報。

引用2ここから====
「警察官無断立ち入り誠に遺憾」京大副学長がコメント 警官取り囲みで

 4日午後0時20分ごろ、京都市左京区の京都大吉田南キャンパスで、京都府警警備2課の男性警察官が京大の学生とみられる数人に取り囲まれ、約3時間半後に解放された事案を巡り、事実関係を調査していた京都大の杉万俊夫副学長は同日午後9時前、「本日、警察官が無断で大学構内に立ち入ったことが分かりました。事前通告なしに警察官が構内に立ち入ることは誠に遺憾です」とのコメントを発表した。
引用2ここまで====

1960年あたりのなつかしニュースのコーナーかと思った。
その意図や評価はともかく、事実関係がこの通りであれば狂っている。

まぁ今となっては中核派なんてのは国民に届く声も論理も持たないイデオロギーオタク暴力集団みたいなものであって、そんなものに現代の京大生が引っかかること自体に驚きである。中核派なんてせいぜい50代より上だと思っていたのだが。
日本は民主主義国家であるから、どんなに阿呆な連中であろうがどんな考えを持とうが自由ではある。だが暴力・違法行為をすれば抑え込まれるのは当然のことである。

もうちょっと厳しい国であればこんな集団がデモ行進をしていれば催涙弾を撃ち込まれて逮捕者続出である。いや逮捕者続出するほど賛同者がいなかったのかもしれぬが。
一般市民を守るために警察は強制力を使うことが許されるわけで、その警察に実力行使をすれば強制力持って抑え込まれるに決まっている。日本政府や警察が間違っているというのなら市民に通じる言葉と論理で訴えればいいのであって、警察官を拉致監禁してつるし上げている場合ではない。
日本だからやさしくしてもらえるのであって、普通の国なら銃殺されても文句は言えない。警察官と言えども人間、その人間の安全、生命が脅かされていれば強硬策も許される。それに加えて警察官を力で妨害すればその警察官が守るべき一般市民の安全、生命も脅かされるわけで二重の罪なのである。
警察がやさしいから銃殺されずにすんでいることを理解すべきなんだろうね。イデオロギー暴力集団は。

まぁそういう連中だということはわかっていたのでその点についてはおどろきはない。現役京大生がかかわっていたというのが若干の驚き。それとてどの時代にもバカはいるということでそれまでのこと。

一番おかしいのはこの副学長という人物だ。
学内に警察が入るなというのはまさに学生運動時代の論理だ。
大学は治外法権か。一定の自治があるのは認めたとしても、あくまで良き市民として存在するという前提を満たした上のことだ。中核派といえば指名手配されるような連中もいるテロ組織。その活動を認めているのは自治なのか。
しかもやっていることは拉致監禁なのである。
警察の介入は許さず、中核派の活動は認めるというのか。それなら京大自体がテロ組織ではないか。
警察が学内に入ったことが気に食わないとして、対抗して拉致監禁をしてもいいという論理でこの副学長は語っている。気に食わなければ何をしてもいいという論理だ。まさにテロ集団。
仮にこれが個人の住宅だったとして、そして不法侵入があったとして、犯人を長時間拉致監禁することは法が許さない。一般人でも緊急逮捕はできるが速やかに警察に渡さねばならないのだ。

すべての京大生がここまでバカだとは思わないが、副学長がこれではね。こうした活動が大手を振ってできるほど歪んでいるのか。大学側にもバカがいるのか。
思想弾圧をしろとは言わないが、学内自治の名のもとに暴力や違法行為が蔓延していないか点検できる仕組みがなければ暴走し、一部の犯罪組織に牛耳られる危険があるのではないか。
posted by Mozzo at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。