2014年11月19日

障碍者にいやみではなく配慮をするということ

半分成功、半分失敗、ま、そんな体験を共有して今後のためにしようかという話。

とある駅のとあるバスターミナル。バス乗り場がいくつもあるようなところであった。
乗り場が10個あったとしても行き先は10個では効かない。ひとつのバス乗り場に行き先が三つも四つも。ひとつのバス乗り場に行列が何列もできるのである。大きな駅だ。
このバスターミナルには何度も行っていて、ようやくバス乗り場の位置は覚えたのであるが、どの列に並んでどの行き先のバスに乗ればいいやらだめやらまだあやふやである。

さて、このバス停に並ぼうとしたら白杖を持った若い男性がちょっと中途半端な位置に並んでいた。同じ列だ。
こういうときに遠慮がなく偽善者の私は「もうちょっと前につめても大丈夫よ」と声をかけた。
考えてみれば当たり前。いくら白杖を持っていたとしても、音もなく立っている人が何人並んでいるかなんてわかるはずがない。わかるとしたら白杖を振り回してごつごつと当てているわけでそれはそれでけんかになる。

ああどうも、みたいなやり取りがあってしばらく、バスがやってきた。
ここでまた偽善者精神を発揮した私は「XXX行きが来ましたよ」と声をかけた。
ところがこの男性は「えぇ〜〜〜!? XX番乗り場ではないのですか。XXX行きに乗るのですが」と驚いた。こっちも驚いた。それは隣の乗り場だ。
乗り場をひとつ間違えたというわけだ。幸いにも隣だし、そこまで案内したところで来たバスが行ってしまうほどの時間はかからない。
私はこの男性を正しい乗り場に案内して、それではじゃぁね〜〜と明るく去っていったのだが。

反省せねばならぬことはいろいろあった。

====
別に悪いことをしたわけではない。実利的にもバスに乗り込もうとしてから気づくよりもよかったはずだ。ただ気遣いというか認識が甘かったという反省だ。

この男性は20代前半と思しき若い人で、おしゃれ感も漂う青年というか少年というかいい雰囲気の人であった。ハンディがある人は社会に出ることで精一杯でおしゃれにまで手が回らないケースが多いと思う。なかなかのおしゃれ美少年(少年と言い切ってしまっているが)。
また、視覚障碍者に限っても、決して数は少なくないはずなのだが町で見かけることは少ないように思う。人口に占める割合が何パーセントだからこの程度は見かけるはずという明確な指標があるわけではないが、こんなに白杖を持った人が珍しいということはあるまいに。
おそらくこの男性は活発溌剌と社会生活に踏み込んでいこうとしている人なのだろう。
それはいいことだ。

だが、その雰囲気に呑まれてというか勘違いして「白杖を持っているが、何でもできる普通の人」という誤解をしているなと思ったのである。具体的に考えればおかしいのはわかるのであるが、気丈に行動されている人が目立つし、こちらが気を使うのは失礼という気がするというのもある。
だが、いくら熟練の人でもできないことはある。ことに社会は視覚情報に偏って成り立っている。駅での案内は電光表示に偏っている。ちいさなヘルプが必要だ。
無論、視覚障碍者がなんの問題もなく行動できるような仕組みは理想だが、現実にはまだまだだ。バス停の列に白杖の人が近づいてきたら「XXX行きの列ですよ」「列の末尾はこちらです」「XXX行きのバスが来ました」くらいのことは声をかけても失礼に当たらないと思うべきではないのか(この辺視覚障碍者の意見も聞きたい)。
ましてやこの男性は若く、不慣れだったのかも知れぬ。しかし、それで引きこもってはいられぬとどんどん外に出ようとがんばっている最中だったのかも知れぬ。何でもできるように見えるのは買いかぶりすぎで行動を妨げない範囲で、対話しつつお手伝いするのが必要だったのではなかろうか。

もうひとつの反省は、この男性を正しいバス停に案内する過程だ。
無論、手を引っ張って連れて行ったわけではない。横について腕をやんわりと取って(ひじを軽く包むように)案内したつもりだ。不慣れだったかも知れぬが。
だが、「こちらがXXX乗り場で、行列の最後がここで」と言っただけで案内が足りなかったのではないかといまさらに思う。

この男性はバス乗り場を勘違いした。その時点で脳内に気づいた地図が崩れたわけだ。
その状態で「ここが正しい場所です」とぽつんとつれてこられても情報が足りないのではなかろうか。その配慮が足りなかった。

並ぶ場所は正しくともどの方向に並んでいるのか理解できたのだろうか。
並んでいる行列の長さがわからなければ乗り口までの距離がわからないのではなかろうか。
だからといって、バスに乗るまで見守るとか、手伝うとか、ましてや一緒のバスに乗って案内するというのは行き過ぎでこの人の自立を否定することにつながると思う。
正しくは、「ここが正しいバス乗り場。こちらの方向に並んでいて(ひじから先を軽く誘導すると正確に伝わる)、並んでいる人は何人、のり口までは何メートル。ここまでは正確に伝えるべきだったのではなかろうか。悩ましい。

こうしたことに意識が高いつもりでいたがこんなものだ。残念。後で考えればああすればよかったはいくらでも出てくるのだが。

考えるべき教訓は二つ。
ひとつはこうしたシーンを想定してシミュレーションすればスムースに行動できる。実地の人に出会ってから反省では遅い。
もうひとつは視覚障碍者の人もどんどん社会に出て、たとえその場は迷惑であってもどんどん触れ合うべきだということ。それにより、私を含め理解の足りぬ平均的な人も教育される。もちろん実地訓練ばかりではなく、このようなケースではこうしてほしいと事前情報も発信すべきだ。

それは難しいことであっても、白杖を持った人に細かく目配りし、何に困るか想像することだけでも世の中改善する。

そして白杖だけではない。松葉杖車椅子あたりはわかりやすいアイコンともいえる。聴覚障害者はわかりにくい。どうしたって欠ける部分があることが避けられないのならば、どうすべきか考えるべきだろう。
posted by Mozzo at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。