2015年03月14日

韓国の米国大使襲撃事件 テロリスト安重根と同じだ

米国の駐韓大使リッパート氏が襲撃された事件についてである。

まさにテロ事件。犯人の金基宗は北朝鮮寄りの人物であり、米国が演習などで軍事的に北朝鮮を圧迫しているとして犯行に及んだ模様である。

韓国国内の反応も様々あるようで、米韓関係の悪化を憂う人が大半のようだが、米国と韓国右派政党の自作自演劇と陰謀説を主張する人もいるらしい。
陰謀説を否定しきるだけの材料が私にあるわけではないが、順当に考えればこの事件は韓国の望むものではなく、むしろ北朝鮮が望んだというものであろう。北朝鮮からの支援指示があってのことかもしれぬ。

いずれにせよ許されざる事件なのだが、時代は大きく違えども安重根による伊藤博文の殺害との類似性を感じる。

安重根は朝鮮民族の独立を主張した。そこだけを見ればまぁ妥当な主張なのだが、当時の世界のパラダイム(強い国が弱い国を分配し支配する)、当時の韓国の国力からして、「理想はともかくとしてではどうやって?」という疑問が沸くものである。
ま、本人は自らの理念が正しいと思っていたのだろう。
当然うまくいくわけはない。

で、100%理想な状態は無理としたら、たとえ半分でもいいから望ましい状態に持っていこうというのがまともな発想である。
併合する前の時点、日本が韓国への支配を強める中、当時の韓国の支配層は「どうせ支配されるなら日本よりロシアがいい」と考えたらしい。結局それはかなわなかったが、現実的な発想でもある。独立が保てる国力でなければ(国力がなければ独立が保てない時代だ)、その誰が支配するかは選びたいというのは現実的だ。

もちろん、今の視点で見ればロシアに併合されるという選択肢はどうかとおもうだろう。しかし当時の人たちが当時の視点で日本とロシアどちらか、ならばロシアだと考えたとしてもそれはそれでいいことだし、現実的だ。結果はどうあれ、自分の判断をすべてではなくとも実現していくという考え方が現実的なのである。
しかし、安重根はどうにも現実的でないことばかり考えていたようだ。断片的には正しいだろうがすべては「みんなが自分と同じ考えを持っていればうまくいく」というものに過ぎない。そんなことは起きないし、実現するならすべての人間の考えを変えるだけの方法が必要なのである。
そこをすっ飛ばして理想をぶち上げて実現しないからと言って不満を抱え込んだわけである。
そこまでは凡人が到達する普通の結果に過ぎない。理想と現実。

ところが安重根は鬱憤をテロ行為に転換した。
韓国を支配している象徴である伊藤博文を殺害しようとしたわけだ。
反感を持ち殺してやりたいと思う気持ち自体は否定するつもりはない。独立を維持する力のない祖国、一方で支配を強める日本、と思えば恨みに感じるのはある意味自然だ。
私憤をぶつけるだけなら単なる殺人事件である。
伊藤博文を殺すことで自らの目的を実現できると信じているならテロリストである。決して目的は達成できないのに、暴力を行使するところがテロリストなのである。
勝負は時の運、うまくいけば日本の支配を排除できるという可能性が万に一つでもあるプランならまだしもである。どう考えても無理だろう。
というより、韓国はうまい具合に支配して、併合まではやめとこうやと考えていた伊藤博文を殺したことで日本の併合派は動いた。併合に否定的な勢力が大きかった日本の背中を押したとも言える。結果、日本は韓国を併合した。
歴史に「もしも」を問うても意味はないが、もし安重根が伊藤博文を殺さねば、日本は支配をしつつ併合はせず、韓国は独立を保ったままでいられたかもしれない。状況に応じて外交権などを取り戻すこともできたかもしれない。
私が韓国人なら安重根を国賊と呼ぶんだが。

さて今回の事件、犯人の金基宗がやっていることは安重根がやっていることと同じだ。北朝鮮の観点からすれば米軍が近くで演習をしているなど腹が立つのだろう。世界の警察官なんて認めない、遠く太平洋を越えてくるなよという考え方もあるだろう。
米国の支配を排除したいというのはわからんではない。
だが、実現方法がこれではだめだろう。
安重根と同じく、これではかえって米国の背中を押すというものだ。
大使を一人殺したところで米国が軍を引くわけがない。むしろ、北朝鮮を締め上げろという国内世論を形成しかねない。
中東情勢に比べると太平洋をはさんだ極東情勢については米国人は遠い国のことと考えがちだ。彼らが使っている世界地図にある通り、極東は太平洋をはさんだ先にあるのではなく、大西洋を挟んで欧州アジアをずっと行った先にある、という認識なのだ。

しかし、大使が一命をとりとめたとはいえ大怪我。米国世論も変わる。米国が態度を硬化させることはあるとしても、軟化させることはあり得ない。
それをやったのが金基宗。

結局自分が理想と思っていること(その是非はこの際問わない)が実現できないから象徴的な人物を殺そうとしたわけでこの二人の発想は同じだ。
無力ゆえ殺そうがなんの影響も及ぼさないというならまだしもだ。結果自分たちの首を絞めるようなことになるということに思い及ばないことも同じだ。理想を実現するのが困難ならそれこそ周到な計画と信念と時間が必要なのに、それができないのも同じだ。

同盟すべき米国を攻撃したテロリストだから非難する世論が盛り上がる韓国。
安重根は嫌いな日本を攻撃したテロリストだから義士と持ち上げるわけか。
道理も何もない。好き嫌いで動くのだということがわかるのである。
posted by Mozzo at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

法律はともあれIGZOってシャープのものだと思うよ

理屈としてわからんではないがという話。

引用ここから====
「IGZO」他社も使用可に…シャープ上告断念
2015年03月11日 19時42分

 シャープが製造する液晶「IGZO」の商標登録を無効とした特許庁の審決を支持し、独占使用を認めないと判断した知財高裁判決について、同社は11日、上告を断念したと発表した。

 スマートフォンなどに使われている同社の看板商品の名称を今後は他社も使用できるようになる。知財高裁は2月、「商標登録の時点で半導体の原材料を表す言葉として広く認識されており、独占使用は適当でない」と判断していた。
2015年03月11日 19時42分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
引用ここまで====

へ〜〜〜〜である。
IGZOとは純粋なブランド名ではなく物質の名前であったか。
そんなことは知らなかった。

法律がどうのこうの言おうとも、IGZOの名前を世に広め高品質の代名詞として広めたのはシャープでしょうが。
その辺の技術にかかわる人が因縁をつけたらしいが、シャープの功績を否定できるだろうか。

それは一般名だもんね、シャープの物じゃないもんねという因縁を法律で受け止めるならそういう判断になるのかもしれぬ。
だが、IGZOというものを評価し敬意を払うのであれば、それはシャープの物であって、自らの商売に使わない、小さく(これはIGZOの技術を使ってます)と表示するのが正しい商売人ではなかろうか。

今後シャープと関係ないIGZOを前面に出す企業が現れたら否定し軽蔑し絶対に買わないと考えるのが正しい消費者ではなかろうか。
posted by Mozzo at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎の事件に見る悪のくだらない構造 川崎の事件に見る悪のくだらない構造

神奈川は川崎市の多摩川河川敷で中学一年生が遺体で見つかった事件のことである。またも凄惨な事件が起きてしまった。
加害者とされる少年らが逮捕されている。本人は当初黙秘していたとも伝えられ、家族も否定していたが、一転犯行を認めたそうでもある。まだ、二次的な情報による報道で、逮捕された少年らを犯人と決め付けるわけにもいかないが、確度の高い報道のようにも見える。
なんにせよ殺人は別としても報じられる素行、そして殺された被害者の受けた被害は目を覆いたくなるようなものである。
日常的に被害者に肉体的精神的暴行を加え、ある意味「おもちゃ」にしていたという。
中学一年生と言えば13歳、対して加害者とされる少年らは18歳。この年代で5歳差は決定的であるし「遊び仲間」であるはずもない。

さまざまな報道がされている。主犯格とされる少年は素行が悪く酒を飲み、暴力をふるうなどしていたという。しかし、さまざまな報道を読み合せてみると悪くて強い、グループの親玉みたいな人物ではなかったようだ。
学業不振で性格も弱く、同年代からは馬鹿にされ蔑まれる存在だったようだ。強いものにはこびへつらうが弱いものには高圧的暴力的にふるまったという証言があるという。
同年代には洟もひっかけられないような人間が圧倒的に弱い立場の年少者をおもちゃにしているという姿が浮かび上がる。
同年代には対峙できず、感じた圧迫を1とすればそれを5にも10にもしてこの被害者にぶつけていたのかもしれぬ。歪んでいる。

この加害者とされる少年たちだけを責めるのではない。ここに浮かび上がる悪の構造を批判したい。
ここで悪は「あく」ではなく「わる」と読んでいただきたい。
昔から若いものは悪を気取ることが多い。エロスとタナトスのたとえ通り、男子は暴力性を前に出し、女子は性的に進んでいることを前に出す。そこに自分の存在感があると信じているからだろう。
学生の本分であるべき学業やスポーツで第一線に立っていればそんなことをせずとも存在感を出せるのであるがそれはほんの一握りの人のことだ。学業やスポーツでなくともたぐいまれなき美貌であるとか、ファッションセンスでもいい。だがそれも一握りの人だ。
多くの人が凡庸であり、それでよい自分は凡庸ではあるがそれなりに立ち位置があり価値があるということが納得できるのはもっと大人になってからなんだろう。
未熟であるからそれが暴力であろうが存在感を出せるならやる。未熟で愚かであるからそうなる。本来は「凡庸な人間であるのが普通のことなのだ」というほとんどの人が結局たどりつく結論がわかってればそうはならない。しかし、そこがわからないのが未熟ゆえだ。責めても仕方がない。

「悪を気取る若者は多いが人を殺すまではいかないのが普通だ。そこがおかしい、特異な事件だ」という向きもあろう。一部の報道では加害者とされる少年は人を殺してみたいと言っていたともいう。
だが、これは特別なことととらえるほどのことでもない。殺人に至るか否かは紙一重であって、殺人を犯すから特別な人間とかそうでないから凡庸ということでもない。どちらにせよだめな人間なのである。
殺人に至ったから特別な(特別に悪い)人間だという価値観を出すこと自体が社会をミスリードすることになろう。

=====
殺人事件として世間の耳目を集めたこの例はほんの氷山の一角。殺人にはいたらず自ら鬱屈をためつつ弱者をいたぶっているどうしようもない人がこの世に多々いるということを言いたい。
これは若年者だけではあるまい。成年者であっても弱者いじめであろうという行動は多々見られる。
むしろ殺人まで踏み込まないのは理性というよりは狡猾さなのであろう。殺人まで行ってしまった今回の事件の犯人は(報道されている少年かどうかは別として)ただの直情的馬鹿。殺人に踏み込まずねちねちといじめる連中のほうがたちが悪い。殺人もたちが悪いが。

この病理、ごく珍しい特別な異常なことだから、個別に処置すればいいのだということで終わらせていいのだろうかという疑問がある。
繰り返すが殺人に至らなければいいというものではないのだ。鬱屈を下に向けていく構造自体がいかんのだ。
殺された少年も、ふつうの会社でいじめられている名も知らぬ会社員も、普通の学校でいじめられている学生も、アルバイト先でいじめられている人も、取引先にいじめられている零細業者もなにもかも、同じく救済されねばならない存在だ。

悪な連中はなぜか上下関係が強調される。
支配するものとされるもの。
ところが、これが二つにきれいに分かれる単純なものではない。
たとえば学校で悪として支配的にふるまっているやつも、いわゆる「センパイ」に支配されている。センパイに焼きを入れられるから支配下の後輩をいじめるという図式は昔からあった。
そのセンパイは下手をすればやくざの下っ端のチンピラであり、これまた暴力団のヒエラルキーの中では最下層にいるのである。
暴力団の組長とていまや組織化がすすんでおり、その辺のチンピラを抱えているような組はいわば末端でその上位のまた上位というように階層化されている。
頂点に有名な広域暴力団がいるのだろうが、そのトップとて徹底的な取り締まりがされぬようと裏で政界とつながっていたりするわけである。
そこにあるとてつもなく深いヒエラルキーが大変に不愉快だ。

やくざとは関係ない会社にある悪のヒエラルキーも似たようなものだ。
若い社員をいじめる中堅社員もまた上にいじめられている。頂点に立つ社長だか会長だかしらんがそれとて天下を取っているわけではなく首根っこを押さえられているような状態にあるのが普通だ。
誰にも頭を下げる必要などないと思っているような人はごく一握りで、そのような大企業や大経済団体の代表はまた政治家とつながっていてなんてことになるんだろう。
誰にも頭を下げないのは寿司屋か蕎麦屋のおやじくらいのものではなかろうか(ごめんね)。

ま、日本の悪の構造がどうあれ、それをここで論じてもどうしようもない。
ただ、その末端も末端のごく下っ端に加わって偉くなったつもりのバカがいることはなんとかせねばならん。

なにもその阿呆なヒエラルキーに進んで加わることはない。
やくざ社会に身を投じることは阿呆の極みなので論外だが、悪のヒエラルキーの会社に参加することもどうかと思う。
自分が属する会社なり集団がそんなくだらない構造を持っていると知ったとき、別に抜ける必要はあるまい。それは生活をひどく阻害することになるし、それをよしとしたらハードルが高すぎる。
できることなら「上の人間」が押し付けるいわれなき圧迫を下に回さない人間になることだ。それだけでも精神的な強さを求められることなのだが。
口で言うのは簡単だが、これを書いている自分自身、実際にそんな場面で下を守ることができるだろうか。
posted by Mozzo at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。