2015年03月07日

日本と韓国が価値観を共有している!??????

日本の外務省が韓国に対する説明で「基本的な価値観を共有する」という表現を削除したという。
これに対して韓国が噛みついているらしい。
ばかばかしい。

まず、日本の観点でもはや韓国が日本と価値観が同じとはいいがたい。
産経新聞の元編集長が長く出国禁止になっている事件。あれは本質的には拉致事件である。
法治国家の根幹を揺るがす、感情で法律などどうにでもなるということを示す事件だ。
日本で天皇や総理大臣を公然とこき下ろしても法律でどうということはない。むろん私的な団体から抗議があるかもしれぬがそれもまた表現の自由だ。
仮に天皇をこき下ろした人に暴力的な抗議をする団体があったら、その行き過ぎた行動は「主張の是非にかかわらず」法的に制限され、警察が抑え込む。それが完璧にうまくいっているかと言えば例外もあろうが、表現の自由とか人権と言ったものが原則的に尊重されているのが日本だ。
感情で曲げてはいかん。
韓国は報道機関の記者が公開の場で大統領を揶揄した(と韓国側は言っている)だけで刑事罰にできると主張し、逃亡の恐れありと出国禁止にできるというのだ。感情だけで動き法律は付けたりであるということがよくわかる。
また、この産経新聞の例もしかり、その他日本の公館に対する抗議活動でも「反日だったら無罪」という論理でまともな警備も処罰もされていない。
その他どう考えてもおかしいこと多々あり。

こんな国と価値観を同じとされたら日本人なら納得いかんだろう。韓国と価値観を共有していますと言い続けたら国内で政府に対する信頼が損なわれかねない。

次に韓国の観点で考えてもおかしくないか。
日頃、安倍政権が右傾化しているとか軍国主義の復活だとか歴史を修正しようとしているとか言いたい放題ではないか。そんな国と価値観が共有していると言われたいのか。
むしろ論理的に言えば、「お前に価値観が同じなんて言われたくはないわ」と怒るべきなんではないか。
そこは怒るところじゃないのではなかろうか。

まず日本がやることはすべて気に入らないという非論理的状態に陥っているのだろうなと思う。
さらに、「小」日本は「兄の国」である「大」韓国に対しすべてに対して肯定しひれ伏すべきだ、それが対等な関係だという基本認識があることからこういう発想になるのではないか。
韓国がいうことがすべて正しい、韓国の価値観をすべて肯定し受け入れ韓国を礼賛せよということを言っている。

日本において一部の先鋭的な民族主義者とか反韓思想を持っている人もいようが、多くの人にとって韓国というのは「日本から物理的に近いがただの外国」という程度の認識だ。まだ中国については国力において大きいから無視もできぬが、ただの小さな外国に過ぎない。それほど意識していない。
だが韓国は日本を特別に憎むべき蔑むべき国、韓国にひざまずいて当然の国と思っている。この温度差がいかんのだろう。

別にこの状態から脱して相互理解せよなどとは思わぬ。日本人がそう思うように韓国人も「日本は近くにあるただの外国」と思ってほしいと思うのだが。

いずれにせよこうしたわかりやすい阿呆な言動をすれば日本にとっても韓国は共通の敵という認識が生まれる。それは国内にあるくだらない対立を抑えることにもつながる。古今東西を問わず共通の敵を作ることは集団を強くするのである。
ま、この路線で突っ走ってくれればいいのである。どうせ治らない。
posted by Mozzo at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。