2015年04月16日

韓国アシアナ航空事故に見る安全意識

広島空港の事故の話である。
韓国のアシアナ航空機が広島空港で着陸に失敗して回転。滑走路を外れ機体を大破損した。
エンジンから出火し、一時煙が機内に充満した。
脱出シューターが使われ、けが人は22人。
死者がなかったのが不幸中の幸いと言っていいのだろうか。

原因についてうかがわせるような報道はまだ整っていない。人為的ミスか機材の故障か気象の急変か。錯綜の感がある。
報道からは以下のことが伝えられている。

・高度を下げすぎていた(各種記録、状況証拠から)
・着陸10分前から横揺れが激しかった(乗客の証言)
・風速は毎秒1m程度。着陸がむつかしいというものではない(記録と航空関係者の証言)
・着陸のむつかしい山間地にあり、霧が出やすい(航空関係者の証言)

このポイントは着陸10分前からの横揺れなんだろう。
航空関係者からは霧が出ると高度がつかみづらく、着陸直前に高度低下に気付いて回避もできないことがあるという記事があった。本当だろうか。
昔ならいざ知らず、現在では計器飛行が発達している。計器に頼れないほど、つまり空港横の乱れ動く吹き流しと周囲の樹木と雨粒の流れる様を見て必死の着陸をするような状況というのもないではない。しかし通常では何ならコックピットの窓を黒く塗っても計器に頼って離陸・飛行・着陸ができるという。もちろん飛行機にはいろんな危険があるのでコックピットの外を見ていなくていいということではないが。
つまり高度を間違えていたということは通常ではあってはならないことだ。
そこが着陸10分前からの横揺れにつながってくる。
高度を間違えていたからといって、着陸10分前の時点ですでに回避できなくて10分間ドタバタしてましたというのはあり得ない。スピードを落としているといっても10分あればずいぶん飛ぶぞ。
仮に300km/hとして50km飛ぶ。
着陸10分前からトラブルを抱えていたのではないか。この乗客の証言が絶対ではないが。

そうなると、機材の故障か人為的ミスがあったとしか思えない。

しかし、問題が生じてから10分間回復もできずさりとて管制に連絡もせず、そのまま突っ込んだというのだから相当おかしい。
着陸に必要な機能に問題を生じたとしても、とりあえず高度を上げて旋回して状況の把握と対策をとる時間を稼ぐ。エンジンや昇降舵など飛行を続けるのに必要な機能に問題が生じたなら完成に緊急着陸の連絡をするだろう。
ど素人が操縦しているのではないはずだ。何があったのか。

あいまいな報道からなにか断定できるわけではないが可能性は二つだ。
一つはあのフランスでの事故のように操縦士に何らかの異常があったということである。とはいえ意図的な事故であればあまりに「踏ん切りが悪い」。パイロットが心臓発作を起こしたとしてもコパイロットがいる。これも考えにくい。パイロットが発作で気を失ってそれでコパイロットが茫然自失で何もできなくなった!? あるいは二人同時に気を失った!?
そのくらいありえないようなことが起こらなければこの事故は起きない。

もう一つの可能性は「このくらいの故障は何とかなるさ。もうすぐ着くんだし」と突っ込んでいった可能性である。
訓練されたパイロットがそんなことをと思うが、韓国の安全意識の低さを見るとその可能性もないではない。まさかとは思うのだが。

まぁいくらなんでもそんなことはなかろう。

自動操縦装置への数値入力の誤りとかそういうことか? かつての大きな航空事故で基準高度入力の誤りとか、位置補正の誤りというのがあったのだが、今も手入力でやっているのだろうか。
まさかと思うのだが。そんなことがあれば10分間もドタバタしないだろうし。

要するにわからんのだが、死者が出なかったとはいえとんでもない事故なんだという気がする。

====
もう一つこの一連の報道で無視してはいかんことがある。
急な事故に襲われて機内は混乱した。
気になるのは各報道が乗客から聞き取った証言だ。

「誰か男性が『頭をかかえろ(防護姿勢をとれということ)』と叫んだ」という。
ん? 誰か?男性? 普通、緊急時の指示は乗務員がする。今やCAも女性だけの職場ではない(昔はスチュワーデスと女性形で読んでいたものだが)。男性乗務員だったのかもしれない。
だがフライトの最後に「誰か」というのも不自然だし、プロの指示としては若干粗い。

また、脱出用のシュートが使われたようなのだが、誘導が全くなかったという証言も報道されている。乗客同士で助け合って脱出したという報道も。
脱出用のシュートは空気で膨らみ、水上でも陸上でも使えるようになっている。二人同時に滑り降りることができ、水上で使用したときにはそのまま避難ボートにもなる。緊急時ゆえ多少の打撲程度の怪我は想定済みなのかもしれないが軽傷とはいえ22人が怪我というのは多くないか。
出火しても死者が一人も出ずというのはそれなりに乗客が統制されていたからこそだろうが、素人が(つまり乗客の有志が)統率していればシュートの上で人がぶつかって打撲くらいのことはあるだろう。

====
と回りくどく書いたが、要するに
「乗務員は避難誘導をやったのか!?」
である。
どうにも疑わしい。

思い出すのは韓国のセウォル号の事故である。
事故というのは100%は防げないものである。そこを責めるものではない。
あの事故は事故が起きやすい状況に自ら突っ込んでいったらしい。船を改造して危ない海域を若手の乗務員に任せたとか。まだそこまではあってはならんがなくはない事故だ。すごく低い目線で言っている。
だが、事故を起こしてからがいかん。船長はじめ乗務員の大半が義務を放棄して逃げたという。自らの義務を理解して救助誘導に当たった乗務員は軒並み殉職したともいう。乗務員の全員が失格だったわけでもないのだが、この結果について彼らはどう思っているのだろうか。

たとえ船長が逃げても乗客のために命を投げ出して職務を全うした人は偉い、なのか。
それとも機を見て逃げ出さない愚か者なのか。生きていた人間が勝ちジャンとでも言っているのか。
彼らのメンタリティがどこにあるのか。

それを論じきるまでは韓国旅行どころか韓国が関連したすべてが怖いよ、ワタシは。
posted by Mozzo at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

自衛隊派遣 国会事前承認を言う公明党は与党に食い込んだ毒針だ

これは根本的にだめだと思う報道。

引用ここから====
自衛隊海外派遣、国会の事前承認で自・公平行線
2015年04月14日 12時52分

 自民、公明両党は14日午前、国会内で「安全保障法制整備に関する与党協議会」(座長・高村正彦自民党副総裁)の会合を開き、3月に合意した法案の全体像を踏まえ、法案の具体的な詰めの作業に着手した。

 自衛隊を海外派遣する際の手続きを巡っては、公明党が国会の事前承認を求めたが、自民党は事後承認も容認すべきだと主張した。今後は週2回のペースで協議を進め、政府・与党は5月中旬に法案を閣議決定したい考えだ。

 会合は、安保関連法案の全体像で合意した3月20日以来で、通算19回目となる。日米両政府が27日にも、新たな日米防衛協力の指針(ガイドライン)を決定する見通しとなっているため、与党はそれまでの大筋合意を目指している。大型連休明けとみられる正式合意を受け、政府は法案を5月中旬に閣議決定し、7月末か8月上旬に成立させる段取りを描いている。
2015年04月14日 12時52分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
引用ここまで====

前々から私は公明党は自民党が飲んだ毒だと思っている。なぜあんな創価学会の手先と組んでいるのか、いくら選挙運動に強いからと本質的に組むべきではない相手と組んでいる。
公明党は権力に絡みつつ存在感を主張できればなんでもいいのである。いいように利用されている。
今回だって平和を重視してますという薄っぺらいアピールに過ぎない。

国会の事前承認といえば聞こえはいい。なにも国会を無視して何でもかんでも防衛大臣がばんばん決めろとは思っていない。時間的余裕があれば充分に議論していい。

だが、軍事というのは時に急を要するものである。
タイミングを逸すれば日本の国益、日本人の安全、派遣先の国の安全国民の命が失われるのである。あるいは、国際的な平和に敵対する勢力を利するのである。

日本の国会がこうした客観的な事情を正しく判断して迅速に結論を出せる組織なら事前承認を義務付けてもいいだろう。その場合には事態が緊迫してきた時点で国会議員が国会に1時間以内に駆けつける体制を取るよう義務付けるルールを作るべきだ。防衛大臣、外務大臣など関係大臣の発案をもとに総理大臣が命令を出すのだ。
そしていざとなれば国会に議員が駆けつけて、見落とした問題点はないか問題が起きたらどうするか、何なら深夜早朝もいとわず一気に審議して行動を決める。
それなら理想と言えよう。

だが、現在の日本の国会、ことに野党にこれを求めることができようか。
議論していることの是非なんてどうでもいい、与党を攻撃できればなんでもいいという人たちだ。ことに自衛隊に関することについては「自衛隊のやることすべてが気に食わない、自衛隊は何もするな、息もするな」と思っているイデオロギーバカが多数いる。
なにせ、かつて悪名高き「牛歩戦術」なんてことをやった連中もいるのである。

そんな連中に事前承認の権限を与えたらなにをやるか。
公明党もそうした案件が出てきたときに妨害する武器を手に入れておきたいのだろう。
支持者に(公明党の支持者もイデオロギー的に偏った人が多いと思うのだが偏見か?)「公明党がブレーキになって自衛隊を邪魔しましたー」と自慢したいのだろう。かといってあまりに大義名分が整っている案件で反対したら極悪非道なんて言われる時には黙って協力するカードも残しつつ。

繰り返すが、自民党や首相、防衛大臣が下す判断が常に正しいというつもりはない。
客観的に日本がすべきことせざるべきことを議論できるのであればそれがベストだ。
だがそれができる国会議員ではない。で、あれば首相にフリーハンドを与えたほうが国益だとすら思う。
この私の意見を否定できるくらいの国会議員であればいくらでも謝るのだがね。
posted by Mozzo at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

対日戦勝記念? やるのは勝手だが道理は通らぬ

露中が今年の夏に「対日戦勝70周年」を合同で祝おうとしているとか報じられている。
まぁやるのは勝手だがまったくもって的外れな話である。

まず、日本は中国つまり共産中国とはほとんど戦争らしいことをしていない。戦ったのは中華民国つまり台湾だ。今は共産中国に台湾まで押し込まれてしまったが当時は今の共産中国が支配している領域をだいたい治めていた国である。だいたい太平洋戦争終了時点でまともに建国できていないだろうに。建国は1949年の新しい国だ。

また、日本を実質的に打ち負かしたのも米英蘭豪をはじめとする連合国である。
米国は日本と直接に対決する戦闘が多かったし、なにより真珠湾攻撃での精神的打撃は今も残るとされる(日本を戦争に引きずり込むために米国が黙認したという陰謀論もあるがそれはさておき)。また英蘭豪とも南方を巡る戦闘で衝突し、ことに日本軍に捕虜にされた軍人が多いことで決してその傷が癒えていると言い切れるものではない。その他連合国側で日本と直接に戦った国は日本に対し複雑な感情を今も残すだろう。

さてロシアが何をやったのか。
日本が降伏することがすでに決定し、あとはタイミングと条件でとかやっている降伏直前に宣戦布告をしたわけである。戦闘らしい戦闘もない。それでシベリア抑留とかやっているわけである。本来なら日本が賠償請求していいくらいだ。相互の不可侵条約まであったというのに。
ロシアは対日と同じく対独にも戦勝記念行事を行うらしいがこれも偉そうにいえることか。
ドイツを打ち負かしたのは米英の力ではないか。またドイツに占領されていたフランスをはじめとする周辺国の勢力の力ではないか。あたかもロシアだけでドイツを破ったような言い方は不遜である。

米国にせよ英蘭豪国にせよ、日本軍を批判する人たちは今もいる。だが、さりとて日本人自体を否定するとか、日本人が残虐な民族でとかいう論調はほとんど見られない。
ドイツに対する米国西欧諸国も同じでナチスドイツは否定するけれども、ドイツ人が残虐だとか俺たちがつよいんだぜ馬鹿野郎的な行事は開かない。

露中にかんしては、まず日本に対して戦勝などという資格はない。
敗戦国で主張すべきことも封じてきた日本の姿勢に乗じているのだろうが、この二国にはない。
米国や台湾、英蘭豪の人が言うなら甘んじて受け入れるほかはなかろう。だが彼らは総じて紳士的だ。

これに輪をかけておかしいのが韓国だ。
中国と一緒に戦勝行事をしようとかなんとか。
韓国が戦勝記念日と言えず光復節とかいう言い方をするのは当然だ。当時は韓国も日本だったからなのだ。併合されて日本だったのだ。それ自体は不満だろうし手続きに不備があったから違法だなんだといっているが、併合されていたのは事実でそれを諸国が認めていたから長く続いていたのだ。
いわば、韓国は望むと望まざるとにかかわらず連合国に負けた敗戦国なんである。

敗戦国というのは屁理屈かもしれんが、事実当時の朝鮮半島出身の日本人(併合されているから)には日本兵となりもともとの日本人とともに戦った人も多数いるのである。
当時、朝鮮人(当時は韓国という概念はないので)は差別されていて、日本軍はもともとの日本人で編成すべきと考える向きもあったという。また朝鮮人が入隊しても差別されたともいう。
それでも、日本で生きるためには当時地位が高かった軍人として名を上げるのがよいと考えたのか、日本軍に志願する朝鮮人は多く倍率も高かったという。たとえ朝鮮半島出身でも軍人さんとなれば世間の見る目が違う。

当然もともとの日本人軍人と朝鮮出身の日本軍人(ああややこしい)は行動を共にして各地で戦い、その中にはC級戦犯に値するくらいのことをやった人もいるのだろう(戦犯という考え方自体がおかしいという議論はおいておく)。

無論、それは時代の波の中で「日本にやらされたことだ」という考え方をする人もいよう。だがそんな雑な論理で個人の責任がどうのこうのなるのか。日本人の軍人の中にも上官の命令に反した人(それが現代の倫理から言って正しい行動)もいれば疑問を持っても抗しきれなかった人もいる。個人の責任と国家の責任をそんなに簡単に置き換えてはいかん。大雑把にいっても、一部はそれぞれ個人の責任で一部はそういう状況を作った上官個人の、さらにその一部は国家の責任である。

これは韓国の戦勝と言っていいような状況ではないのはもちろん、誰が誰に何をしたという時代の検証の中でほめられたことではない。日本が悪い日本が悪いといきなり戦勝国(露中は戦勝国ではないのだが)側に回って日本を批判したいのは、結局「日本はとにかく理由も関係なく悪い国貶めるべき国」と言っているようにしか見えないのである。

日本を一段下の国として貶めたいという欲求はもはや直らないのであろうから何の期待もない。自分たちがちょっとでも気に入らない歴史があったらそれを否定したいのだろうかね。

日本も敗戦を経て米国をはじめ連合国にひれ伏した。負けの歴史を持っている。その米国もそもそも西欧では成功できなかった人々が建てた国であるし、今や多くを占めるネグロイドは奴隷として連れてこられた人の末裔だ。ヒスパニック系も厳しい歴史を持っている。
では米国や豪州の歴史の上に立つ西欧はどうかと言えば、それぞれ国を取った取られたの歴史がある。誰しもが完全無欠の勝利者じゃない。
それを受け入れられないのかね、韓国は。それを言うほどの大国であればまだしも。

日本は露中韓が戦争を持ち出してどうのこうのいっても冷静に事実をもって押し返すべきだ。
すでに戦争は終わっていましたがなにか?
戦争はあなたの国とはしてませんでしたがなにか?
戦争中はあなたの国は日本でしたがなにか?

さらに「事実に反して」日本を侮辱したともう一つ押し返すべきなのだ。
多少外交が緊張しようが押さえる原則を押さえる国が外交で力を持つと思うのだ。
posted by Mozzo at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。