2015年05月23日

尊敬される 愛される そんな未来に

ごくたまになのであるが、立ち食いのうどん・そば屋に立ち寄る。
本来立ったままの食事というのは行儀のいいことではないし、もしこれが一日を締めくくる夕食であるならせわしなくて寂しい。
そもそもうどん・そばとして最上のものでもない。立ち食いといえど努力してゆでたてのおいしい麺を出す店も増えてきているというが、まず早いということが優先で麺はゆでおきか冷凍である。
しかし、たまに食べたくなるのである。あの攻撃的な汁の香りが漂ってくるといいのである。また「私、さみしい食事をしている」と思うと妙な快感が(変態か?)。

ま、それで先日立ち寄った店が面白かったのである。
駅のホームの片隅にあって、店頭で券を買い、狭い店内で食べるというものである。

店内は思いのほか混んでいた。しかし混んでいる駅じゃないし、客が次々に出入りしている様子もない。しかも、ほとんどの人が待っている人で食事をしている人がほとんどいない。
滞在時間が長いから混んでいるだけである。
普通ならこんな店からは退散するのだが、なにせもう食券は買ってしまっている。時間がかかるなら返金してなどといえばこのおばあさんはさらに混乱してしまうだろう。みんなじっと待っている。

なぜ待たされるのかといえば店員の手際が異常に悪いのである。
女性をおばあさんと呼ぶのは現代日本において失礼とされると考えていいが(私はどんなに年配の女性に対しても御姐さんと呼びかけるようにしている)、おばあさんと呼んでおかしくない年齢に見える。
これで超ベテランということなら手際もいいのだろうがおそらくパート・アルバイトであろう。手際が悪いにもほどがある。一つの所作をするたびに「次はなんだっけな」と考えているのが明らかだ。
ナントカぶっかけうどん・そばというのがあったとして、やっとのことで台になるうどん・そばが器に盛られて汁がかけられたというのに、乗せる具が準備できていなくてこれからゆでるとか話にならん。待たされるし麺は伸びるし。
券にはうどん・そばと併記されていてどちらにするかは口頭で申告するシステムなのだがこれを忘れてしまう。うどんをさんざ待っていたのに出てきたのはそば。「えっうどんですが。。。あぁそばでいいです」と食べる客。
単品で追加したトッピング(ワカメとか)はもはや忘れるのが基本。私のワカメも当然のごとく忘れ去られていた。

こうした段取りの悪さのほかに、手が震えるから手際が悪いというのもある。手が震えてトングでネギをつかんで乗せるにもずいぶん時間がかかる。
本来であれば年齢を考えても健康状態を考えてもとっくに引退して悠悠自適の生活をするとか、仕事をするにしても体に無理なく経験を生かせるような職種を選べるようでありたいが、体を使う立ち仕事をせざるをえない境遇であるのだろう。

気の毒ではあるのだが、ここまで来るともはや「志村けん演ずるおばあさんのコント」である。
「天ぷらそばひとつ」(いかりや長介で)
「ワカメうどんひとつね」(志村けんのおばあちゃん)
「天ぷらそばって言ったでしょ」
「なにを怒ってるだかね。怖い人だね。ワカメうどんね」
「天ぷらそば!」
「はいはい。。。はいお待ちどう、ワカメうどん」
「天ぷらそばって。。。もうワカメうどんでいい」
「なにを怒ってるだかね」
「ズルズル。。。」
「。。。おっ、あんた誰だね。お客さんかい。いらっしゃいませ」
「もう食べてます」
「なにを怒ってるだかね」

ま、せめて雇っているお店の側も、待っている客の側も温かい目で見守って、なんとかこの志村けんが(ちがうけど)働き続けられるようにしてもらえたらと思う。

====
しかし、ある意味反面教師として自分自身の問題として考えねばならないとおもった。自分が老いたときのためである。

年をとれば能力が下がるのは避けられない。無論個人差はあるが。
目も耳も悪くなり、手先は鈍り足腰は弱る。さらに短期記憶が衰える。昔のことはよく覚えているのだが、ほんの数秒前数分前のことが思い出せない。とっさの判断力も衰える。右によけるか左にするか、とっさに判断することができなくなる。
病的なものが原因のこともあるのだが、多くは年齢に伴い避けられないことなのである。年をとるということはそういうことだ。
だが、それは若いころからわかっていたことだし、それを補うための経験があるはずだし、対策を練る長い時間もあった。

自らの状態を認識し、対策をすれば改善するのである。
冒頭に取り上げたおばあさんを例にするなら、まず短期記憶が衰えていることを認識せねばならない。
この店は受け取った食券を小さな板にセットして順番や内容を管理している。つまり注文の「キュー」があるのである。キューというのは待ち行列を管理するような考え方である。
このおばあさんを観察していると(観察する時間は大変に多くあった)、製作する順番が到来した券を確認するとそれを製作済みのかごに入れてしまう。ひとつずつ作るわけだし、たかだか「天ぷらそばにちくわ天トッピング」ということをたいていの人は覚えていられる。だが短期記憶が衰えていればそうはいかない。
まず、その注文がそばかうどんかを忘れてしまう。辛うじて覚えていて台となるそばなりうどんなりを作り始めても「天ぷら」「ちくわ天」が飛んでしまう。
当たり前のことなのだ。
それで自ら混乱したり、客に文句を言われたりしたことはあっただろう。
「自分は短期記憶が衰えている」という認識をせねばならない。認識して「だから仕事はできない」と後ろ向きになってもいけないし「だからしょうがないでしょ」と開き直ってもいけない。改善はできるはずなのだ。

引き続きこのうどんそばを例に考えれば、まずうどんかそばかを忘れない方法が必要だ。方法はいくつかある。一番簡単なのは券に都度「そば」「うどん」と書いておくことだ。「そ」「う」だけでいい。
だが、忙しい上に食品を扱っているのにいちいち筆記具をもつのは憚られる。憚られると判断する「とっさではない」判断力は失われないはずだ。
ならば、「うどんなら列の右側に置く」とか「うどんなら券の右側を折る」という方法もあろう。
とにかく、聞いたとたんに抜けるということを意識すればいいのである。
「ではその対策自体を覚えておけないのではないか」という考え方もあろうが、それは屁理屈である。その場の記憶力は衰えても、繰り返し繰り返し脳内で再生すればそれは恒久的な記憶になるのである。脳の仕組みとしてその辺は「海馬」(脳内にそういう部分がある)をキーワードに調べていただきたい。

次に注文内容を忘れてしまうことについてこれは簡単で、注文待ち食券の置き場と製作済み食券の置き場しかないのが問題なのだ。製作中食券の置き場を作ればいいのである。

段取りが悪いということについてはむつかしい。
家庭での料理もそうだが、段取りが悪い人は何年たっても悪い。料理がおおかた完成してから最後に振りかける海苔を探しているとか。これは年をとっているかいないかはあまり関係ないと思う。
並行して作業できることを考慮して作業の順番を考えることができないのである。
私はこれを「脳内シミュレーション能力」の欠如だと思う。これからやることを脳の中で駒を動かすかのごとくやるのである。シミュレーションしてみればコンロが二口しかないキッチンでシチューを煮込みながらパスタをゆでて肉を焼くことはできないなということがわかるのである。シチューは長めに煮込んでおいていったんコンロから下ろし、パスタをゆでる。パスタをゆでる湯は水からでは時間がかかるから電気ポットを満水にしておく。パスタがゆであがったらシチューをコンロに戻し、若干冷めたところを温めなおす。などなど。
これは訓練によってしか身につかない。
そして料理だけではない。仕事も家庭もすべての場面で必要とされる能力なのである。

無論いくつかの工夫によって改善することはできる。
当面の作業のゴールはなにかを決めること。たとえば夕食が整って家族で食べ始めることなど。それに必要なものはあらかじめ一通りそろえて目の前に置くことなど。

それでも「若いころから訓練しておけ」ということが一番だ。

====
無論、失敗している老人を嘲笑いたいわけではない。今回もまあ微笑ましいというかそんな話だ。
ただ、自ら長い時間をかけて経験を積み考えることができたはずなのに、それができていないということは尊敬に値するものではない。さらに一部の老人に見られる傲慢さ、無神経さについては批判する。軽蔑もする。

尊敬される愛される老人目指して努力したいものである。
posted by Mozzo at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

東京オリンピックの会場が縮小になったとか 東京都知事の勘違い傲慢発言

誰が責任を取るのかってお前に決まっておろうがと突っ込みたくなる話。
どうにも東京都知事というのは人材に恵まれない。知名度だけで選挙に勝ったような人物ばかりだからだろうか。思えばあの石原老もひどかったがそれでも彼は彼なりの考えがしっかりしていたが、この舛添という人は本当におかしい。

引用ここから====
誰が責任取るのか…「屋根なし」新国立に舛添氏
2015年05月19日 22時12分

 2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の開閉式屋根の設置が五輪後に先送りされる問題で、東京都の舛添要一知事は19日の定例記者会見で「素晴らしい競技場が出来ると期待されているのに、誰が責任を取るのか」と述べ、国側による大幅な計画変更に強い不満を示した。

 同競技場はグラウンドの真上に開閉式の屋根を設置する計画だったが、下村文科相は18日に舛添知事と面会した際、「(五輪に向けて)全部やると間に合わない」と述べ、設置は五輪後になるとの考えを伝えた。

 舛添知事は会見で「設計図を決めた時に予定はきちんと立てたはずだ。五輪は絶対に成功させないといけないが、非常に危機感を持っている」と語った。また、下村文科相から約1700億円とされる建設費のうち、約500億円を都が負担するよう要請されたことについては「都民にどういう利益があるのか、(国側に)説明してもらわないといけない」と述べた。
2015年05月19日 22時12分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
引用ここまで====

面倒なことは国任せ、利益だけ持っていきますと言っている。
現実はいろいろあるから国が「補助」するのはあることだろうが、本来オリンピックは都市が開催主体であるはずだ。そもそもを考え違いしている。
スポーツの祭典とは名ばかりで経済効果ばかり皮算用していたではないか。利益のためには投資が必要。国からカネを引き出すだけ引き出して利益は持っていくという仕組みだったのかということがまざまざとわかった。

国費を費やしてインフラ整備も観光客が落とす金も多くは東京都に還元される。地方に大した利益はない。こんなたわごとが許されていいのだろうか。
都民にどういう利益があるのか説明する前に、東京圏以外の国民にどんな利益があるのか説明すべきなのではないか。

国側の計画変更に不満を示したということ自体がなにか間違っている。そこまで国が金も主導権も持っているとは知らなかったがその体制自体がおかしいと思わないのだろうか。それが前提なのであるなら、つまり名実ともに国がやるイベントだというなら、フラットな議論も競争もなく東京に決まったこと自体がおかしい。

そもそも現代において東京は夏季オリンピック開催の適地ではない。
IOCが商業化し、開催地の特性に合わせた開催スケジュールよりも放映権を売った先の都合ばかり考えている。前回の東京オリンピックは暑いアジアであることを考慮し初秋に開催している。10月10日が体育の日であるのはこれが期限である。
今は夏にやれということになっている。
そうであるなら、北海道のいずれかの都市や北東北が適地ということになる。
東京開催ということで真夏に走るマラソン競技をはじめ選手の負担、熱地獄のスタジアムで観戦する観客の負担が心配されている。
そこを声の大きさと資金力で東京に引っ張ってきたのだから東京が責任を取るべきだと思う。

というより国費を出すな。
posted by Mozzo at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

大阪都構想否定 だがこれで終わりなら大阪が終わりだ

大阪都構想は住民投票によりまさに僅差で否定された。
大変に残念である。
私は維新の会の案でも甘いと思っていた。それはこのブログに書いた。
大阪市の解体くらいでは甘い。大阪府下の市区を統合し市は廃止、すべて区にして20区くらいにすべきだと思うのである。10区台でもいい。東京23区ですら細かすぎると思うのだ。大阪府の人口・面積・経済規模からいって大阪府(都)ナントカ区にする。その際に起こる弊害は技術的な問題なので各論で対処だ。

ま、私の案はさておき、大阪都構想を否定したのも民意であるから仕方ない。
だが、それが未来を見据えた意見なのか、今後検証し見直していくべきなのではないかと思う。
振り返ってみれば「大阪都」というキャッチフレーズが裏目に出たと思う。
都の定義は何ぞやとか言い出すといろいろあいまいでそれに込める気持ちも人によってちがう。
一つは当然天皇陛下の御所がある自治体が都であるという考え方である。これは古来そういうものである。それに基づけば東京都以外は都ではないし、京都だけはその歴史を鑑みて府の名前に都の文字をいれてもよかろう、なんで大阪がと反発する人はいる。
だが、時代は移って都の意味が「特別区のあるところ」という意味を持ちだした。移動府県が市を介さずに特別区を持つのは東京都だけである。都と市、都と区の関係は異なりフラットな構造ではないが、府・市・区の三層になっている大阪府に比べてシンプルである。

当然橋下氏の大阪都構想は天皇陛下を大阪に迎えようとか、東京と対等だとか言いたいわけではない。特別区の仕組みをもって東京都と同じくシンプルな構造にしようと言う意味である。そこに大阪都と名付ける理由は弱いように思うのだが耳目を集めるのは事実だ。
だが裏目に出たと思う。大阪都ではなく大阪市を府直轄区にということであればインパクトは小さいが反発も小さく、この僅差を逆転できたかもしれない。今更言っても仕方ないのだが。

====
そこは戦術ミスということが言えるかもしれない。

では大阪都構想反対派の主張はどうだったのだろう。
私には「ポストを失うのが嫌な人」「今まで通り公金をぶんどりたい(パイは小さくなっているのに)人」に見えて仕方がない。

大阪都構想が実現すればポストは減る。かえってコストが増えるという反対派もいたが、むしろそこが維新の甘いところで既存権益を慮った部分だと思う。ばさばさと切ればいいのである。
議員も職員もぐっと減らせばいい。失業させずとも介護など人手が足りないところは多々あるので配置転換転職してもらえばいい。そこに抵抗はあろうが、これまで選ばなければ職はあると求職者や生活保護を求める人に言い放っていたのだから、職種を変えるくらいで文句を言ってはいけない。適応する能力がなければ失業者としてセイフティネットに頼るほかはあるまい。

大阪都構想でサービス低下を言う人もいる。
まず組織の簡素化とサービス低下に強い相関はない。
たとえばこれまで大阪市直轄事業だったものを各区に分割すると非効率になるなら大阪府(都)直轄にすればいいわけであって、事業ごとに適正とは何ぞやと考えればいいのである。府・市・区がないとできないという理屈は屁理屈だ。
量的にサービスが減るというなら、その期待するサービスは時代の変化で分不相応になっていないかという検証も必要だ。人口が減ろうが自治体の規模が衰退しようが昔通りの施設・サービスを運営しろというのはおかしい。身の丈に合った量というものがあるし、身の丈に合わなくなれば縮小せねばなるまい。
極端に言えば「もう市営病院は無理です」と言えない政治家は失格なのである。
身の丈に合わせて施設の数を減らす、サービスの量を減らす。それで支障があるなら補う策を考えればよかろう。病院の数を維持するのではなく、病院を統合して通院用のバスを拡充する手だってあろう。

誰しも自分の住むところの近くにサービス拠点がほしいし、潤沢なサービスを受けたいものだ。だが、そこはバランスを考えねばならない。今まで通り金を使い放題ではなくとも実質的なサービスレベルを下げない方法を考えるという発想を持つべきだ。
病院が減って困るなら、病院を必要とする人は病院の近くに住めばいい。それは無理? 本当に無理? なぜ無理?議論したのか。考えたのか。

また事務作業に関してはITの発達によって昔よりもコストをを下げられるはずだ。一部書類の発行はコンビニに委託するノウハウもできたし、そもそもくだらない事務を減らす工夫はまだまだできる。なぜこの時代にわざわざ紙でやり取りする必要があるのか。

大阪都構想はいったん否定されてもこの身の丈に合わない行政組織を簡素化する改革は止めてはいかんはずだ。僅差で否定されたという重みは受け止めるべきだ。

====
今回、賛成、反対を投じた人の傾向はきれいに分かれたそうだ。
老人世代は反対が優勢、30代以下は賛成が優勢。
これが世代の問題なのか年代の問題なのかはわからない。
つまり、(不謹慎な言い方だが)この先何十年かあとに現在の老人世代が死に絶えたとき大阪都構想を支持する意見が優勢となるのか、あるいは世代に関係なく老人の年代になると現状変更に反対するものなのか。
老人世代が反対する理由がほんの気分的なものなのか、近年言われる世代間格差、つまり老人世代は優遇されていて若者世代が搾取されているという指摘を当人が理解して、それが意見に反映されているのか。

====
行政をスリム化してコストを下げようという当然の意見。なにも小さな政府論とか言いたいわけじゃない。現状がどうにも肥大化を感じるのだ。
どうしてもこれに抵抗する勢力のあざとさとして目に映る。

まず現実に肥大化していないかという疑問がある。役人は自らの組織の縮小を望まない生き物である。拡大、拡大である。時代が変わり、自らの努力でシステムが自然に回り、部署がいらなくなるのが本来のゴールのはずだが、人員を増やし予算を増やすことが目的になっていないか。
次にそもそも縮小化が可能ではないかという疑問がある。ITにより物が動く必要はない。人が移動するとか紙の書類が移動するという必要がない。書類の保管場所もほぼゼロ。待ち時間もほぼゼロ。
窓口の人数を減らし、オフィスを狭くすることができるはずだ。
また、IT以外にも無駄をなくすことができるはずだ。複雑な手続きを簡素化すればそれに携わる人も減らせる。作業を共通化できるからだ。

これができないというのはなにか守りたいことがあるからだろう

ずいぶん昔の話だが、とある役所に新しいパソコンが導入されることになった。使いにくい専用機のオフコンから使いやすいPCにかわり作業の効率化、経費節減が期待されたのである。
ところが労組がPCについていたキーボードにかみついた。使いやすいものがついているから労働強化ではないかと。
それで役所は経費をかけて使いやすいキーボードを昔のタイプの古いものに変えたとか。どこの役所かディテールは忘れてしまったが鮮明に覚えているニュースだ。
当然ながら民間ならどんどん効率を上げ、効率を上げた分サービスを上げるのが道理だ。

自分の抱える仕事を増やしたくないポストも減らしたくないでこんなことを言う人種なのである。
どうにも信用できないのだ。
大阪都かどうかは表層的な問題だ。既存権益を否定して本来あるべき効率に盛っていけるかどうか。大阪人の度量が試されている。

====
ひどく嫌味な見方をするとギリシャがダブって見える。
ギリシャは自らのめちゃくちゃな財政規律、公の金に甘い体質をEUから突っ込まれて逆切れした。
借金は返さないとかドイツ金出せとか言い出している。
規律を取り戻して国を立て直そうという気概は見えない。

それが大阪と反対派にダブって見える。
希望は反対派と賛成派が拮抗したことだ。
反対派は賛成派を黙らせるくらいの改革を進めねばギリシャと同じという汚名を甘受することになるのではないか。
posted by Mozzo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。