2015年05月16日

人のふり見てわがふり直せという

最近とんでもない「おばはん」を目撃した。女性に向かっておばさんというのはもはや侮蔑という時代にあえておばはんと言いたい光景であった。

混みあう朝の時間帯のコンビニである。
このおばはんはおにぎりとか惣菜とかゆで卵とかおそらく昼飯と思われるものなど数点を買っていた。レジで会計する際に商品一つずつに対してレジ袋を要求している。他人の買い物を頼まれたときに別の袋にしてくれと頼むことはあっても全部別の袋にしろというのは尋常ではない。しかもそれ全部あんたの昼飯やろ!と突っ込みたくなる内容。
これはまだ序章。たとえばコンビニのゆで卵というのは無駄にも思うがひとつずつ丁寧にプラスティックの包装がされている。そうした包装を全部レジではがしてそれを店で処分しろというのである。店員も手伝うが手間取る作業だ。
ごみを処分するのが嫌なのかもしれないし、店で売った商品の包材を店が処分するというのは一理あるがレジを止めて店員に手伝わせることではない。後ろにはほかの客が列をなして待っているのだ。
会計を済ませたらレジから一度引いて隅でやって「申し訳ないがごみの処分をお願いしたい」と頼むのが最低限のラインだろう。これだって図々しい。
無論、コンビニ側も趣味で過剰包装しているわけではない。もし帰りに万一のことがあってはいかんと包装しているわけで、店頭で包装を解いた時点で持ち帰りの際に卵が割れただの汁がこぼれただの苦情を言う権利は一切ないのは当然だ。

この不作法によってこのおばはんが得たのは何枚かのプラスティックの袋とわずか一握りのごみを片付けなくて済むことだけだ。到底他人に「図々しいおばはん」「他人の迷惑を考えない無神経」と思われる代償に得られるものとして見合うものではあるまい。
もはや他人に迷惑をかけているという自覚自体がないのだろうか。
日本の状況から見て、このおばはんを冷静に説教してやる人はそうそういまい。見て見ぬふりだ。私もカチンときたがこのおばはんを説教することはしなかった。注意してやる社会のほうがいいのかもしれぬ。さりとて無用な騒動を引き受ける覚悟もなく。
ほんのわずかの利益のために人間としての尊厳を失っている自覚もなく他人から注意されることもなく、このおばはんは老いて死んでいくのであろう。

私も世直しが商売ではないのでここで積極的にどうのこうのできるわけではない。
ただ、個人それぞれが他人に迷惑をかけない、見苦しい真似はしないと呼びかけることができるだけだ。
誰かを待たせていらいらさせていないか。迷惑をかけたのに気付かないということはないか。迷惑をかけて謝らないということをしていないか。常にわが身を振り返っているうちに他人に喜ばれることもできるようになるものだ。
ベビーカーを押しているお母さんのためにエレベータのドアを押えて待ってあげたとかそんなことでいいのである。自分がなしているマイナスをなくし、ちょっとでいいからプラスになりたい。
みんなそう考えるようにしないか。
posted by Mozzo at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

おばあちゃんが暮らしにくいなんてことがないように

「こんなのおばあちゃんにはむりや〜」が口癖になりつつある。
別に意味なくそういうことを呟いているわけでもなく呟きたいわけでもない。さらに私はおばあちゃんでもない。

おじいちゃんでもおばあちゃんでも同じことだが、例外は多々あれど年を取ると目が弱り指先の力も弱る。指先に力が入らないだけではなくこわばって細かいことができなくなる。
目が弱るといっても近視だ老眼だと屈折の問題だけではない。近視は屈折率を変えても(思い切り脱力しても)遠くにピントが合わないこと、老眼は屈折率を変える能力が衰えること。つまり、見たいものにピントが合わないことである。だが目をカメラに例えれば問題はピントだけではない。レンズが汚れることもあるしフィルム(いまは撮像素子というべきか)が傷むこともある。
白内障などを患えば眼鏡ではどうにもならない。年齢が進めばある程度の白内障はあることなのだ。

これは昔から当たり前のことなのだが、どうにも近年お年寄りに優しくないことが増えているような気がしてならない。

====
たとえば瓶入りの飲料の封である。
昔は王冠が主流だった。栓抜きを要するしいったん抜栓すれば再度栓をすることができない。
ガラス瓶が完全に廃れたわけではない。ビールは昔ながらであるが、他の飲料はガラス瓶はアルミ製のスクリューキャップが使われている。
無論主流はペットボトルである。
また、加工技術が進んでアルミを瓶の形に成形できるようにもなり、缶入りでスクリューキャップがついているものもある。

やはりちびちび飲むには再度栓ができるほうが便利なのだろう。
だが開けにくいと言ったらない。

これらの商品では一度開栓したらわかるように封印が破れるようになっている。最初に開栓するとミリミリとかパキッと音がするだろう。あれだ。
アルミなりプラスティックなりを破るのでそれなりの力がいる。
しかも栓は小さいほうが材料を節約できるからと小さいものが使われている。昔の2リットルのペットボトルの栓は500円玉よりも径があったように思うが今は500ミリリットルのペットボトルと変わらない。今は大容量のお酒のボトルに残るのみである。
もともと力がいるもので径が小さいのだから握力を要する。滑らないように手指の肌もカサカサではだめだ。
これが指の弱った人に開けられるものではないのだ。

その点王冠であれば栓抜きをひっかけることができればそれほど力はいらない。昔は飲料水専用のケース(コーラとか冷やすもの)や列車のボックス席に据え付けの栓抜きがあったものだが、あれならもっと簡単だ。ひっかけてひょいとひねれば栓が抜ける。

いや、おばあちゃんには無理だというが私にも無理だ。
私は若くもないが老人という年齢でもない。だが指先の力が強いほうではない。
先日も瓶型の缶入りコーヒーを買ったが開けられず、若い人に開けてもらったくらいだ。どうやらロットによって妙に固いものがあるようだが、瓶入り飲料が開けられるかどうかぎりぎりの状態にあるようだ。

ではプルタブ式の飲料であればいいのかといえばこれもハードルは高い。
あの蓋にへばりついているかのごときプルタブを起こすのが難関だ。指が入らない。
何とか起こしてもこれを引き上げるのにも力がいる。ことに最近は口が大きく開くプルタブがある。缶の全面が開いて香りも味わえていいのであるがあれは力がいる。到底手に持ち上げたまま開けられるものではなく、机などしっかりしたものの上に固定してからでなければこぼしてしまう。

ガラス瓶と王冠でなんの文句もなかったのに、と思う。

====
飲み物だけではない。おばあちゃんには無理やろというものが山ほどある。

たとえば電車の切符を買うときである。
私鉄の電車が一本だけ通っておしまいという地方ならまだいい。大都会の電車網は複雑極まりなく、会社をまたいでも乗り継ぎ切符が買えるなど対象の駅は恐ろしい数になる。複雑な図に多くの駅を乗せそれぞれに料金を書くから字は小さくなる。それを券売機の上に掲げるから遠い。路線を区別するために様々な色を使う必要があるが色覚に問題がある人はつらいし、コントラストが弱いと見づらい白内障(お年寄りにはある程度当たり前の症状)の人にもつらい。
あの図から目的地の料金を読み取れというのはかなり厳しい。

最近はタッチパネル式の券売機が主流なのだから、あの図から料金を読み取らずとも駅名を選んで買えればいいと思うのだが(そういうものもあるかもしれないが)、とんでもない数の駅から目的の駅を選ぶ操作は人にやさしくても時間がかかるというのもので、混雑を考えれば値段でボタンを並べるしかないのかもしれない。

複雑化が進む大都市の交通であるが、光明は交通系のプリペイドカードである。スイカとかイコカとかマナカとかいうあれである。お金さえチャージしておけば切符を買わずともピッと通れる。見たところ新しいものに飛びつかないと思われる高齢者も交通系カードをよく使っている。切符を買うのがしんどいのだろうとおもうのだがどうか。

====
細かいところでは最近のピロー包装も気に入らない。
ピローとは枕のことで、インスタントラーメンとか個包装のキャンディーとか、一枚の帯状のプラスティックのシートで商品をくるみ、真ん中に合わせ目がくるように熱で閉じ、それを一つずつ熱で閉じながら切り離したものである。ポテトチップスなどの菓子類など様々な商品で使われている。

昔からあるものだが、最近は何か違う。
昔は閉じたところを左右に引っ張ると開くことができたものだが、今は材料が違うのか圧着の力が違うのか開かないことが多い。別のところから破ってくれと切り込みも入っているのだがそこから開くと使いかけを閉じるのに不便なのである。食べかけのせんべいの袋を洗濯ばさみで閉じたことはないだろうか。

このプラスティックの包装を破ることも確実にむつかしくなっている。

====
ましてや最近のデジタル機器なんてのはおばあちゃんの敵かというほどである。
無論、そうした機器を使いこなしている年配の方もいるのだが、決して年配の人にやさしいものではない。

スマホなんてのは文字が細かすぎる。
あの小さな画面に極小の表示画素が詰め込まれていて1920×1080など大きなPCの画面に相当する解像度が実現されているそうな。
いくら解像度が高かろうと物理的に小さな文字では読めない人がいるのである。
きちんと書かれているからといって米粒に般若心経を書かれても読めまい。それと同じなのである。

あのタッチパネルが鬼門である。どこをどうしたらあの細かいものを押し分けられるのかが私にもわからない。隣り合った二つのボタンをどうやって区別したらいいのか。事実押し間違えるのである。あれで若い人はメールを素早く打ち込むのであるから恐れ入る。
また手がカサカサしているとある種のタッチパネルは反応してくれないように思うがこれは思い込みだろうか。

最悪なのはSDカードである。マイクロSDカードというのはもう塵埃のようなものであるがあれに動画も音楽も山ほど入るという。その技術は素晴らしいのだろうがあれをスマホに入れたり出したりするのがどれほどの苦行であるか。

====
無論若い人はそれで問題なく使えているわけで、小さいからこそ便利だと思っているのであろう。すべてが老人に使いやすいようにすれば若い人にとってみればまだるっこしいことになりかねない。それを望むものではない。
ただ選択肢があってほしいと思うのである。

昔ながらの王冠の飲料を売り出せというのは経済的に成り立たないかもしれぬ。
だが、開けやすい補助器具を販売店や自動販売機に備え付けることはできないか。栓を開けてくれる力のある若い子がいるというのでもいいが(ダメか)。

スマホのSDカードも昔のフロッピーディスクくらいの大きさになってくれればやりやすいがそうはいくまい。周囲に頼める若い人がいるとは限らない。出し入れを販売店に気軽に頼めるようなサービスがあってほしい。

駅の券売機も駅名と値段を白地に黒でくっきりと印刷した紙を脇に用意してくれるだけでいいのだ。手に取って近くで見ないと見えない人もいるのだ。

だれしも生きていればいずれは老人になるのだ。老人いならずとも障害を持つ人も多々いるのである。想像力を働かせてほしいものだ。
posted by Mozzo at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子の王将の業績が悪いという

どちらも応援したい企業なんだがという記事。この差は記事が言うことだけだろうかと思う経験をしたのだ。
産経新聞のサイトから引用する。

引用ここから====
王将フード、値上げ響いて営業益14%減 同業対決、軍配は8%増益の日高屋に

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが15日発表した平成27年3月期連結決算は、営業利益が前期比14・0%減の60億円と2ケタ減益になった。昨年10月に国内全店でメニューの大半を5〜10%値上げし、価格に敏感な客離れが進んだのが響いた。

 これに対し関東基盤のラーメン店チェーン「日高屋」を展開するハイデイ日高の27年2月期は、仕事帰りのサラリーマンの「ちょい飲み」需要を取り込んで、営業利益が40億円と8・3%増となっており、この期の軍配は日高屋に上がった。

 王将フードの27年3月期の直営店の既存店売上高は3・6%減少。それを受け売上高は0・6%減の758億円となった。28年3月期は唯一の連結対象だった中国子会社の解散により、単体決算に移行する。

 売上高は前期比2・6%増の777億円、営業利益が8・0%増の65億円と増収増益と予想する。新規出店の効果などを見込んでいる。
引用ここまで====

どちらもいわゆる中華料理(正確には中華料理をルーツとする日本風アレンジ)の庶民的なチェイン店である。価格帯も品ぞろえも似ていると言えば似ている。
私の行動圏にどちらもあってどちらにも行っているのだが最近は日高屋ばかりだ。

企業としてはどちらかというと王将を応援したい気分がある。
日高屋がいい加減な材料を使っているというのではないが、いち早く原材料の国産化(日本では育たない胡椒などの調味料を除く)を決めた姿勢は評価したい。また残念にも凶弾に倒れた大東元社長の経営者としての姿勢も忘れてはいない。

ではなぜ王将に行かず日高屋に行くのかと言われれば、私の行動圏にあるとある王将がダメ店舗だからだ。王将というブランド自体が嫌なのではない。あの店舗がいやだ。

店員は若干体育会的粗さが感じられるがまぁ頑張ってやっているように見える。
だが、店長だかなんだか知らんがこの店の偉い人らしき人が失格である。
物腰がやくざである。
重役出勤なのかしらんが中途半端な時間に店にやってきた。そのとき私たちはちょうど食事をしていたのである。
店員が忙しく働いているさなかに登場して「お疲れ様です!」という挨拶をさせているさまがいやらしい。さらに新入りの店員がその偉そうなくそおやじの顔を覚えていなかったらしく「いらっしゃいませ」と言ってしまった。
これにカチンときた野郎は(言い方が下品になってしまっている)店員を怒鳴りつけた。俺の顔を覚えていないとは何事だというわけだ。
これを客の前で堂々とやるのだからこちらが気分を害しても無理はないというものだ。
この一件帰りしなに店員に苦情を伝えたのだが店員は苦笑するのみであった。もうどうにもならんのだろう。

直営かフランチャイズか知らんが、大東氏も草葉の陰で泣いていると思う。若い店員も気の毒だ。
こんな奴がいる店にはいかない。

そういうわけで肉野菜炒めとか食べたくなったら日高屋に行くわけだ。
私の行く日高屋も問題がないわけでもないが、あの王将のくそおやじのような人はいない。
外食は料理自体だけではなく気分も楽しみに行く場所なのである。

====
世界の観光地にアンケートをすると、日本人は行儀はいいが、世界一サービスに厳しくしかも直接文句を言わないからむつかしいという。
にっこり笑ってごちそう様と去っていき、酷評するようなブログ記事を書かれたりするわけだ。なるほどわかる。
私も王将に直接文句は言っていない。その店に行かないだけで。

直接冷静に批判してくれたほうが店も楽だろう。まぁ批判を受け止められるだけの度量があるかどうかは知らんが。
だが甘えてはいかん。客目線に立ってシミュレーションをすれば何が不愉快かはわかるはずだ。店頭で店のえらいさんが従業員を怒鳴りつけているというのが客にどう見えるか考えたことがないなら飲食店を経営する資格はない。
客の視点がないからいずれとんでもないものを出すかもしれない。ばれないと思って。

一般消費者というのは無責任なもので、一事が万事と判断することが多い。
この王将の例もおそらくフランチャイズの中小企業のおっさんが悪いという話で王将自体が悪いわけではない。むろんそれを統御する責任はあるのだが。
しかし一例を見てすべての王将に足が向かなくなるというものだ。

私の狭い体験で物を言ってはいかんが、大東元社長の死後規律が緩み、こうした店がいくつか出ているなら、それが王将の経営に影響している可能性だってないわけじゃない。値上げだけが原因じゃあるまいと思うのだ。
チェイン店は「どこの店に行っても同じ」が強みであり弱みである。
改善してくれたらと思うのである。
posted by Mozzo at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。