2015年05月03日

憲法記念日にたわごと

憲法記念日。
改憲派も護憲派も気勢をあげるのだが、奇声を上げているのではないかという連中もいる。
何度も書くが憲法は手段であって目的ではない。国家が安定し国民が幸福であるようにするため、国がすべきことせざるべきことを定めたものだ。

改憲派も護憲派も言っていることがおかしいように思うのである。

改憲派は現行憲法が米国から押し付けられたものだからいかんという。
日本人自ら作りたかったという気持ちはわからんではないが、これは憲法に対する議論をあいまいにする論法だと思う。日本人が作ろうが米国人が作ろうが宇宙人が作ろうが、いいものはいいし悪いものは悪い。書かれている内容がすべてであって誰が作ったかなんて関係ないのではないか。そこにこだわってしまうと書かれている内容に対する議論をぼかすような気がする。
また文法的にもおかしいと主張している。なるほどその通りで日本語としてどうにもぎこちない表現が散見される。国を象徴する憲法としては文法的に正しいだけでなく言い回しが厳密かつ美しいことが求められるとは思うがそれに遠いことは事実である。おそらく英訳しやすい文章なんだろう。ベースに英文があってそこからできているのかもしれぬ。
望ましいことではないのだが、それを改憲論と結びつけるのはどうかと思う。
意味を変えずに美しい日本語にすることと、内容を変えることは別に進めたほうがいい。
たとえ意味の上での改憲はできなくとも日本語として美しい憲法に変えることはあっていい。複数の問題をからめてしまえば進むものも進まない。

と、改憲派にも文句はあるのだが護憲派はひどいと言ったらない。
基本は「憲法9条を守れ」らしいのだが、言っていることが支離滅裂である。
日本は戦後70年間戦死者を出していない。それは平和憲法のおかげだ素晴らしい。故に憲法を変えてはならないという。
なるほど、あの湾岸危機に派兵せずに逃げられたのは憲法を盾にしていたと言えるだろう。その結果日本は「金を出しても人は出さない卑怯な国」といわれクウェートが出した感謝を示す広告には日本の名はなかった。
戦争で得られる名誉なんぞいらんと護憲派は言うだろう。私も別にクウェートに褒められようということを言いたいわけじゃない。ただ、世界有数の主要国であるはずの日本が果たすべき義務を果たしていないのではないかと思うのである。
護憲派がいくら戦争反対を唱えようが世界は軍事力をベースにした力関係が支配している。いくら気に入らないといってもそれが事実なんである。
そこに影響力を及ぼすことができない国なんですと言い切ってしまっていいのかと思う。

事実、うちは軍事力使わない国なんですで何十年もやってきたわけで、それでいいじゃんというのが護憲派の言い分である。だが、これまでやってこれたからこの先もやっていけるというのは倒産する企業の典型である。
憲法を作った当時は日本は世界秩序に挑戦する「危ないやつ」とみなされており、また米国を中心とした連合国(狭い意味の)は圧倒的な力を持っていた。米国の言うとおりにしていれば日本はいちいち軍事的な場面に出る必要もなかった。

だが状況は変わった。
米国も一国で世界の警察官をやることに疲れてきている。米国はいわば中間層から貧困層を搾取することにより軍事的な優位を維持する費用を得ていると言っていい。日本並みの社会保障をしたらここまで軍事を優先することはできまい。
いまのところ尖閣諸島を中国にとられずにいるのも米国があってこそだ。
日本は米国との軍事同盟に前向きであるから尖閣諸島はまだ挑発行為程度で済んでいる。だが、米国と歩調を合わせきれていないフィリピンではあっという間に侵略されている。
米国依存から脱し、どこか一国が軍事的に突出しないような軍事同盟、NATOにならってASEANを中心に日本、台湾も参加した地域安全保障の枠組みを作るべきではなかろうか。
戦争放棄とお題目のように唱えても侵略されないわけじゃない。仮に日本が侵略されずとも友好国が侵略されるのを無視していいのか。「無視します」と宣言する国と真の友好は築けるのか。
と、いうような現状をみて未来を論じることもなく、ただただ平和憲法だもんねと言っているのが愚かしい。

護憲派は改憲の議論すら忌み嫌う。議論するなといっている。
それは連中が奉る憲法9条がすでに国民の大半の支持を失っていると思うからではないのか。
連中は国民の多くは憲法9条をよいと思っている。一部の反動政治家が改憲しようと思っているのだと主張する。
ならばそれを実証するために国民投票をしたらどうかとおもう。毎年やればいい。まいとしやって国民は憲法9条を支持していると見せつけたらいい。
それをせずに護憲だ護憲だというのはどうにもこすっからいようにおもうのだ。
posted by Mozzo at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。