2015年05月20日

東京オリンピックの会場が縮小になったとか 東京都知事の勘違い傲慢発言

誰が責任を取るのかってお前に決まっておろうがと突っ込みたくなる話。
どうにも東京都知事というのは人材に恵まれない。知名度だけで選挙に勝ったような人物ばかりだからだろうか。思えばあの石原老もひどかったがそれでも彼は彼なりの考えがしっかりしていたが、この舛添という人は本当におかしい。

引用ここから====
誰が責任取るのか…「屋根なし」新国立に舛添氏
2015年05月19日 22時12分

 2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の開閉式屋根の設置が五輪後に先送りされる問題で、東京都の舛添要一知事は19日の定例記者会見で「素晴らしい競技場が出来ると期待されているのに、誰が責任を取るのか」と述べ、国側による大幅な計画変更に強い不満を示した。

 同競技場はグラウンドの真上に開閉式の屋根を設置する計画だったが、下村文科相は18日に舛添知事と面会した際、「(五輪に向けて)全部やると間に合わない」と述べ、設置は五輪後になるとの考えを伝えた。

 舛添知事は会見で「設計図を決めた時に予定はきちんと立てたはずだ。五輪は絶対に成功させないといけないが、非常に危機感を持っている」と語った。また、下村文科相から約1700億円とされる建設費のうち、約500億円を都が負担するよう要請されたことについては「都民にどういう利益があるのか、(国側に)説明してもらわないといけない」と述べた。
2015年05月19日 22時12分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
引用ここまで====

面倒なことは国任せ、利益だけ持っていきますと言っている。
現実はいろいろあるから国が「補助」するのはあることだろうが、本来オリンピックは都市が開催主体であるはずだ。そもそもを考え違いしている。
スポーツの祭典とは名ばかりで経済効果ばかり皮算用していたではないか。利益のためには投資が必要。国からカネを引き出すだけ引き出して利益は持っていくという仕組みだったのかということがまざまざとわかった。

国費を費やしてインフラ整備も観光客が落とす金も多くは東京都に還元される。地方に大した利益はない。こんなたわごとが許されていいのだろうか。
都民にどういう利益があるのか説明する前に、東京圏以外の国民にどんな利益があるのか説明すべきなのではないか。

国側の計画変更に不満を示したということ自体がなにか間違っている。そこまで国が金も主導権も持っているとは知らなかったがその体制自体がおかしいと思わないのだろうか。それが前提なのであるなら、つまり名実ともに国がやるイベントだというなら、フラットな議論も競争もなく東京に決まったこと自体がおかしい。

そもそも現代において東京は夏季オリンピック開催の適地ではない。
IOCが商業化し、開催地の特性に合わせた開催スケジュールよりも放映権を売った先の都合ばかり考えている。前回の東京オリンピックは暑いアジアであることを考慮し初秋に開催している。10月10日が体育の日であるのはこれが期限である。
今は夏にやれということになっている。
そうであるなら、北海道のいずれかの都市や北東北が適地ということになる。
東京開催ということで真夏に走るマラソン競技をはじめ選手の負担、熱地獄のスタジアムで観戦する観客の負担が心配されている。
そこを声の大きさと資金力で東京に引っ張ってきたのだから東京が責任を取るべきだと思う。

というより国費を出すな。
posted by Mozzo at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。