2015年06月23日

警察官の銃使用の抑制が厳しすぎるのではないか

まぁルール通りということなんだろうけど。という事件。

引用ここから====
おの振り回した自称米国人、警部補が威嚇発砲 新潟、盗難車で逃走後に

 21日午後1時5分ごろ、新潟県上越市大潟区渋柿浜の市道で、上越署の警部補が、おのを振り回した自称米国人の男に威嚇のため拳銃を空に向けて1発発砲した。男にけがはなかった。

 上越署は銃刀法違反の疑いで、男を現行犯逮捕した。逮捕容疑は長さ約35センチ、刃体約7・6センチのおのを振り回した疑い。

 上越署によると、同日午後0時50分ごろ、上越市の国道8号で、男が福島県で盗難に遭った軽トラックを運転していたところ、パトカーに発見され逃走。大潟区渋柿浜の市道で、パトカー3台に挟み込まれ車を降り、おのを振り回しながら約100メートル走って逃げた。

 警部補は「捨てろ、撃つぞ」と日本語で警告した後、発砲したが、男はさらに逃走。挟み撃ちした警察官らが取り押さえた。
引用ここまで====

けが人もなく取り押さえたらしく、結果はよかった。

だがこれが本当に米国だったら、即座に射殺ではなかろうか。まぁ米国の刑事ドラマの見すぎかもしれないが、斧を振り回したら射殺でしょう。
それがベストだというのではない。米国でも主に黒人差別をキーワードに警察の振る舞いが問題になってはいる。

ただ、日本の警察官のこのルールもあまりに抑制的ではある。発砲に至る経緯が詳しく描写されるあたりがいかに発砲に対するハードルが高いかわかるというものだ。この警官は山ほど書類を書かされたに違いない。

状況によっては即射殺も選択できなければいかん。この凶刃が一般人に向いたらどうなる。そうでなくとも警察官の命だって軽いわけじゃない。充分に警察官の命が守れる範囲で慎重にならねばならんのではなかろうか。警察官に追い詰められて斧を振り回す時点でなにをやるかわからん狂人だ。動いたら殺すでなにがいかんのかと思う。
もしこの自称米国人が日本通であるなら、いや日本通であるからこそ日本で車を盗み堂々と運転しているわけであり、日本の警官が簡単には発砲しないことを知っていたのだろう。
犯罪者の人権なんてどうなってもいいとまでは言わんが、少なくとも何の罪もない近くにいただけの第三者の一般人、職務に忠実な警察官の人権より尊重されていいとは思わない。どちらかが怪我するなり死ぬなりするしか選択肢がないなら明らかのこの犯罪者が割を食わねばなるまいに。

====
もう一つ疑問なのは、空に向かって威嚇射撃ということである。
ルールでそうなっているのだろうが、それって安全なのか?
拳銃弾と小銃弾は違うが(同じ口径でも小銃弾のほうが寸法が長く威力がある。薬量が多いので初速が早い)、かつてどこぞの国の結婚式で空に向かって自動小銃を乱射する習慣があって(何て習慣だ)、その弾が落ちてきて当たり、重傷だか死亡だかという事件があったとうっすら記憶している。

警察が使う拳銃は口径9mmだとかで、拳銃弾としては中くらいである。威力は口径だけではなく銃の形式や薬量にもよるので一概に言えないが、日本だけではなく世界の警官が使用するものである。威力がなさ過ぎて撃っても逆上した犯人が向かってくるほどではいかんし、威力がありすぎて当たれば確実に死ぬでも困る。威力がありすぎると照準が外れやすいだろうし。ちょうどいいの、いうところか。

当然やってみたことがないので、空に撃った9mm弾が落ちてきて頭上に当たってどうなるかは知らない。
だが9mm径の重い金属の塊が宙から落ちてきて平気であるとは到底思えぬ。近くにいる罪もない一般人に当たるくらいならその犯人に当ててくれというもので。

警告射撃というのは、致命傷にならないもの、犯人の腕とか足とかそういうものに対してすべきではないのか。空に撃って第三者に当たるでは意味がない。まぁ殺さない範囲で傷つけると手負いの熊と同じで手が付けられなくなる恐れもあるが、それは状況に応じて。

警察が横暴に実力を使用するのであれば危険であるのはわかる。だが抑制しすぎもよくない。回りまわって市民の安全が損なわれる。

そこを適度に調整したいものだ。
posted by Mozzo at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。