2015年07月18日

新国立競技場見直し 歓迎 マンコスタジアムにこだわるのは国益を損なう

ついに安倍首相があの「マンコスタジアム」新国立競技場「案」の設計見直しを決断したという。
なぜいきなり「マンコスタジアム」という名前になるのかは過去の記事を読んでいただきたい。この記事ではマンコスタジアムで行く。一つの文章でマンコが登場する回数の新記録(何に対してだ?)を目指すのである。

マンコスタジアムにこだわってきた森喜朗もしぶしぶ納得したらしい。
当然のことで自民党の立場にたって考えても世論が持たない。。
文科省の阿呆役人どもはマンコスタジアムがオリンピック招致の国際公約だから変えられないと抵抗したらしいが、国際公約は低コストでエコのほうが先だ。オリンピック招致決定前にマンコスタジアムの計画は公開されていたらしいが、これを低コストでやるということが国際公約であって、マンコスタジアム自体が国際公約ではない。
マンコスタジアムでいけると思ったけど無理だった。見直して、安くて安全で快適で便利な施設に見直しますというのは国際公約の本質に沿うことだし、そもそも日本がまともであることを示すことになる。これが中国なら何が何でもで、コストも隠してやるだろう。日本は独裁国家ではないことを示すためにも見直しは正しい。世論が有効であることを示したのである。中国に世論なんてものはない。

文科省というのは国交省と違い大プロジェクトを扱うことが少ないから意地になっているのだろうね。やらせろと。誤りも認めたくないと。
国交省と違い大プロジェクトを扱っていないからこうなるのだ。1000億円オーダーのプロジェクトを、しかも本職のゼネコン相手にやれる組織じゃないのだ。

ここで妙な話題が上がっている。デザイン変更に伴いマンコスタジアムをデザインした建築家ザハ・ハディド氏側へ違約金を払う必要が生じるというのだ。それも10億から100億円レベルとか。本当か?その話。
確かにザハ・ハディド側はデザイン変更に否定的だった。そりゃそうだろう。よかれとおもってデザインしたのにマンコだの高すぎるだの否定されたら気分は悪い。
気分の問題として納得いかないというなら理解したのだが、金銭の問題としたら納得いかん。
商流がわからん。
まずデザインコンペの段階で日本は誰とも契約していないのだからコンペに出品しただけでなにか金を払うという契約はあり得ないはずだ。
で、コンペに通ったらデザイン料を払ってどうもご苦労さんで終わりではないのか。その後問題が起きてデザインを変更したり却下したらダメという契約なのか。
コンペが通ってからザハ・ハディドがどこまでかかわるのかという商流がわからないのである。コンセプトが通ったら普通はそこで終わりだろうに。あるいはゼネコンと組んで具体的なデザインに落とし、開発計画までまとめ上げるところまで委託を受けた(だから違約金)という話なのか。

想像で物を言っているので的外れだとおもうのだが、たかだか採用されたデザインが否定されたといって違約金というならそんな仕組みを作ったやつ(おそらく文科省のだれか)が責められねばいかんだろう。安藤忠雄を中心とする委員会メンバーはあくまで優れたデザインを選ぶ人々であってコストを吟味するプロではない。仕組みを作ったやつが阿呆なのである。

だいたいザハ・ハディドは前にも書いた通り「アンビルトの女王(デザイン案は優れていても最終的に建設されない=中止になる=ビルドされない=アンビルト)」と呼ばれている。そのアンビルトという案件に対してどのような経過をたどったのか、各案件でそこまで違約金を払ったのか、下調べをしていないとしたら文科省は阿呆だ。

ザハ・ハディド側をえげつないとみる向きもあろうが、違約金を請求する権利がある仕組みを提示されているとしたら責められる理屈はない。私のデザインを否定するなら契約通り違約金をいただきますが何か?てなところだろう。そうなるとこの後日本と日本がかかわる案件では不利になるとは思うから違約金はいらないということにすれば傷は浅いだろうが、すでに傷を負っているので目先の違約金ということにもなろう。
契約上攻める部分があるなら根本的に文科省が悪いのだ。そんなしょぼい契約をした馬鹿がいる。

この件について安藤忠雄が会見をした。まぁ誰しも自分の誤りを認めたくないのはよくわかる。会見を要約すれば「俺って1300億円って言ってたよね。俺悪くないよね。値段を吊り上げているのはゼネコンだよね。俺悪くないよね」である。
もちろん安藤忠雄にコスト計算をさせること自体が間違いであって、彼はいい設計をするプロであってコストを押さえるプロではない。自分のデザインが通って、それは若干変更も受けて、最終的にいくらと結果が出るという経験があるので我々一般人よりは感覚を持っているだろうが。
だが、直近のゼネコンの状況(コスト増加)を知るわけもないし、ゼネコンに妥当なコスト計算をさせる手段を持っているわけでもない。
なのでその点で彼を責めるのは間違っている。

ただ、安藤忠雄が自分の選択を正当化したいがために、国家プロジェクトなのだからゼネコンに対して利益度外視でがんばれという話をしたのは脱線だ。ゼネコンは商売をしているわけであって、利益幅を圧縮する義務はない。見積り出して入札するわけだから、国家プロジェクトに意気を感じて利益ギリギリの契約をすることはあろうが、それは義務でもないし、行き過ぎれば株主を裏切ることになる。企業としてやってはならないことだ。
まぁ、ゼネコンに利益度外視で協力せよと言った時点で安藤忠雄はビジネスに関して感覚を持っていないことは明らかだ。建築家だからビジネスマンである必要はないのだ。そんな人にコストの話まで任せたのは誰だという問題だ。

やり直しを決断したのは一歩進んだが枠組みを考えないと同じことだ。
コンセプトデザインと実用的な機能(動線とか)とコスト。これをトータルで保証できる人に応募させるべきだし、検証できる人を参画させるべきだ。

さらに言えばメインスタジアム計画を全部やめて、その他の既存のスタジアムでできないのかね。東京都の領地でなければとこだわる必要はない(領地じゃないし)。東京都ではないが東京圏ならいいではないか。横浜とか埼玉とか周辺には大型施設もあろうに。仮に現状でオリンピックに足りない面があったとしよう。都心からのアクセスとか宿泊施設とかいろいろあろう。てもゼロからスタジアムを建てるよりは低コストではなかろうか。
それを決定することができれば日本の健全性、決して既存権益や独裁政府だけが制御する国ではなく民意と合理性が通るということを示し、評価されるだろう。
また、東京都だけではなく周辺の東京圏も調和して発展していることを示すことにもなる。
たとえば新横浜にスタジアムやらアリーナやらあるではないか。都心からの直通交通網を整備し周辺の宿泊施設を整備し、施設を増強すれば用をなすし安上がりだし経済振興にもなろう。近年躍進目覚ましい地域だがまだまだ土地にも余裕がある。仮に新国立競技場を作るにしてもこっちのほうが楽ではなかろうか。

コストも大事だが、そもそも日本が何を世界に示したいのか、五輪に向けて何を提供したいのか、本質を考えてもらいたいものだ。マンコスタジアムを作ることが本質ではなかろう。
posted by Mozzo at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR西の4時間車内閉じ込め 完全に人災 愚かだからだ

死人が出なかっただけよかったとすべきなのか。何かおかしい騒動。
産経新聞から引用。

引用ここから====
満員1600人缶詰め、大雨でJR新快速4時間立ち往生、19人救急搬送

 台風11号による大雨の影響で、17日午後10時50分ごろ、京都府大山崎町のJR京都線山崎駅近くで雨量計が規制値を超え、敦賀発姫路行き下り新快速電車(12両編成)が止まった。電車は立ち往生し、乗客約1600人が4時間近く閉じ込められ、気分が悪いと訴える乗客が続出。19人が搬送された。

 JR西や乗客によると、立ち往生した新快速の車内は混雑し、嘔吐(おうと)する乗客もいた。地元消防が体調の悪い乗客を車内から救急搬送した後、18日午前2時40分ごろに電車を山崎駅まで動かして乗客を降ろした。帰宅手段がないなどの理由で約300人が車内にとどまるなどし、午前5時ごろ、並行して走る阪急京都線の駅に向かった。
(後略).....
引用ここまで====
なにか対応が硬直的なような気がする。
混雑した車内で4時間では死人が出なかったのは幸運と言ってよかろう。

まず雨量が規制値を超えたら止めるというのが机上の空論ではなかろうか。
たとえば10km/hで動かして駅に到着するという方策はなかったのか。5km/hでもいい。在来線で5km/hで4時間といえば20kmである。駅には到着するだろうに。
だいたい、雨量が多いというのは危険なんだが、そこに止まっていれば安全と言うものでもない。止まっていればその場所が崩れないという保証はない。

また、雨量が規制値を超えたらという閾値が一つしかない想定自体が完全に間違っている。頭が悪いとしか言いようがない。
閾値はいくつか設けるべきなのだ。
この場合、少なくとも、即座に止めないと危険なレベル(即座に止めて安全なのか工学的な知識はないが論理的にはありうる)、最寄り駅までは移動してそこで止まれというレベルの二段階で考えねばならんだろう。
「そうねぇ時間当たりXXmで危険ってことにしておこっか」と安直に決めた感がある。何とかして遅れてでも駅に送り届ける(それが終着駅でなくとも)と言う発想がないのだな。

現場の状況を全部わかって書いているわけではないので、どうしてもそこにとどまる必要があったとしようか。それ自体がいかんのだが。
この惨事は車内が満員だったということもある。
外に出られなかったのだろうか。
たかだか5分10分の停車に腹を立てて非常用のドアコックを操作し外に出てしまう不心得者がいるという。これは厳に慎まねばならない。
10分で回復するところが線路に人が降り立ったということで回復するのが遅れる理屈だ。

だが4時間である。客を降ろす、安全な場所に誘導して何なら自動車で搬送するという手もあったのではないか。事実救急隊は車両まで来れたわけだ。決して近づくのもむつかしい海底トンネルとか鉄橋の真ん中ではなかった。
仮に客の半数(当然大半の人は傘を持っている)が外に出れば車両は空く。
若くて体力のある人中心に傘を持って外にいるという選択もあったはずだ。
手配に時間がかかるだろうがタクシーやバスを手配して少しずつでも最寄り駅に運べばそれだけ車内の混雑も、雨の中外で待つ人も減らせる理屈だ。
全員でなくてもいいのだ。
運んでもらえる人とそうでない人の選別は難しいだろうが、そこを平和におさめるのが大人の知恵だ。お年寄りと子供連れ、病人を優先したらいい。そうした人を現場から排除すればそれだけ面倒が減るわけで(言い方は冷たいけどね)、残った人にもメリットがあるのだ。それともなにか、平等に扱わないと関西人は暴動を起こすとでも?
マニュアルでは状況が復旧するまで乗客を外に出さないことになっていたのかもしれぬが、机上の空論ではいかん。30分復旧しない時点でものを考えねばいかん。

さらにもう一つ言えば、なぜ駅間で止まったのだということだ。先の閾値の話と同じであるが、出発するなよという線を設けないのは愚かだ。

JR西日本というと大都市大阪京都を抱えている割に設備がしょぼく、無理をする安全に鈍感というイメージがある。日勤教育という実効性のない制度もありましたな。
今回は幸運だったのだ。次は死者がでるぞ。反省しろ、改善しろ、その机上の空論的発想を改めろ。これが正論だ。
posted by Mozzo at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。