2015年09月27日

今更ながらにラグビーの話題

「ラグビーのワールドカップ イングランド大会での日本の逆転勝利」
スポーツ報道で盛り上がっているようだ。

。。。。えっとですね。
なんとなく日本語で書かれているらしいことはわかった。
何度も読んで、強豪南アフリカに勝利したということも読み取れた。
そんでもってそれがラグビーの世界を揺るがす珍事であり、史上最大の番狂わせだという。
たぶん、日本語話者ではない人が辞書を引き引き読んだのと理解度は変わらない。言語に通じているということはその話題に通じていなければならぬということか、と思わず変な方向で納得。

その先がなかなか理解できなかった。
だってラグビーの試合じゃないの。スポーツの勝負は実力が第一だが時の運もあるんじゃないの?
時に番狂わせもあろうし、番狂わせと言わせるくらい南アフリカは強豪で、日本が及ぶレベルではなくそれは日本チームが一番分かっていて、別に1回勝ったからってどこかの国のように「俺たちは強い」と天狗になったわけでもあるまいに。もちろん記事にもそうは書いてない。
なにがそんなにびっくりすることなのか?????

で、いろんな報道を眺めていた。
評者のいう史上最大の番狂わせという見方もなるほどわからんでもないということになった。
ラグビーというスポーツは不確定要素が絡みにくいものなのらしい。チームの体力、技術、経験、そして司令官の判断。この力を運や「勢い」でひっくり返すことはそうそうないらしい。
たいていのスポーツには「運」がつきものだ。やけくそで打ったボールがカップに吸い込まれた、ゴールに入った。逆転とか。
そういう要素が最も入らないという。素人目からみるとボールを投げたり蹴ったりしているわけで、ちょっとしたエラーがあったり、逆にうまく風にのったりすることもあるんじゃないかとおもうのだがそうではないらしい。
いわば知的ゲームで言うところの囲碁や将棋のようなものか。カードゲームは偶然が入り込む余地があるが。

報道を読んでやっと端っこがわかってきたのだが、なんとも清々しい話だった。
もちろん1度勝ったからといって日本チームが「南アフリカはもはや敵ではない」なんて不遜な発言をするわけがない。事実言っていない。むしろ次回はその雪辱もあってより大きな壁になることは当のチームがわかっている。

では負けた南アフリカ側はどうか。無論、格下と見ていた日本に負けてショックは隠せないのは当然だがその潔い態度はどうだ。結果は受け入れがたいほどショックだが日本はいい試合をしたと評している。
で、この手の話はラグビーにかぎらずチーム同士はスポーツマンシップにのっとり礼節を重んじ(そうでない国もあるのだが)、互いにいい試合をした、さすが強かった、いやいや時の運だった次に恥ずかしい試合をせぬよう精進するぞと、清々しい交歓をするものである。
だが、サッカーの試合に見るようにファンでは身びいきもあって汚いののしりあいになっても驚かない。

ところが、南アフリカのファンからもまた第三者の国からも冷静な分析と強豪南アフリカといかにうまく戦ったかという賛辞ばかりがネットに見られる(例外もあろうがね)。
無論強豪南アフリカが勝利しなかったというショックに呆然という意見もあったのだが、日本が卑怯な手を使ったとか、単なる運だと貶める意見は見られなかった。
ラグビーファンってのはサッカーファンよりも将棋とか囲碁のファンに近いのかもしれん。というかサッカーファンのうち異常なフーリガンなんて連中が目立つことが特別におかしいんだろう。

ラグビーは英国発祥のスポーツである。英国とはなんであるかとか、まぁそういう話はさておき英国・英連邦に広がる歴史あるスポーツである。国技と言ってよいのではなかろうか。英国は様々なスポーツの発祥であるので一つに絞れないが、英連邦を担うニュージーランドは強豪であるとともにラグビーを高貴なスポーツであると考えていて、その逸話は枚挙にいとまがない。
程度の差こそあれ、それらの国にとってラグビーが魅力的かつ神聖なスポーツであったことだろう。英連邦を築いた英国の姿勢についても、現代の視点で言うべきこともあり、温度差はあったことだろうが。

そうした中で過去も含めて英国の文化の洗礼を受けた国がラグビーにおいて強豪になるのは自然だ。政治的外交的関係から英国の影響を排したと言えど、文化的側面で即座に否定するのもおかしい。
英国中心に強豪が集まる競技であっておかしくない。
日本は英連邦とのつながりが薄い極東の国、戦時中は敵対関係だ。
それでも戦前戦後を問わず英国の文化の影響は受けている。
有名なところではカレー。英国が支配していたインドから間接的に伝わってきたのである。鉄道や電力など基本的なインフラを支える科学技術も英国から伝わってきた。

ここから脱線開始!

関連もあったとはいえ、影響も受けているともいえ、日本は英国から遠い国である。物理的な意味でも文化的な意味でも。
科学技術は遠い距離を超えて伝わるものである。単なる娯楽やスポーツも(商売を伴っているからね)。しかし、精神的なものはなかなか伝わらない。形は伝わってもそこに込められた精神は伝わりにくいものであるのだ。

たとえば和食。寿司を先頭に世界に広まっているが、残念ながら韓国人や中国人が経営するなんちゃって和食店が多いと聞く。
形だけ真似て、いや形すら真似てなくて、それで和食でございと言われると日本人として何やら悔しい。仮に形をきっちり真似たとしても、そこに込められている精神性がなければ単なる珍しい料理を出しただけである。
まずまずちゃんとした寿司が出されたとしよう。ご飯の炊き方も魚の選び方さばき方切り付け方も技術として合格。だが、当の料理人は言われた通り作っただけなのかもしれない。よりよい寿司のために何を目指していくのか、その価値観が精神性である。
和食は引き算の美学である。もちろんそれだけではないが。
生臭さ、過剰な苦みや渋み、固さや筋張った感触。こうしたマイナスの要素に対し、たいていはプラスで対応する。。
スパイスを使う、甘みを加える、よく煮込むなどなど。マイナスの要素をプラスの力でつぶしていくのが多勢である。
だが和食は違う。生臭いならもっと新鮮な材料を使えばいい、魚なら締め方を工夫すればいい(血抜きが完璧な活〆がいいとされる。野締め、氷締めは劣るとされる)。
苦みや渋みも抜くことを考えるし、固さも筋張ったものも、そもそもそうでない材料を選びぬくことを考える。
これはほんの一部のことなのだが、方向性が間違っているならば、間違っている方向に向かっていくことだろう。生臭い魚にスパイスを乗せた寿司が出てきたら悲しい。

この価値観が伝わることが文明ではなく文化の伝播なのである。

話を無理やりラグビーに戻すと、単なるスポーツなら(文明なら)勝ったほうがえらいえらいで終わってしまう。そこに文化が介在するから美しい。ノーサイドなる考えは清々しい。単なるスポーツで勝ち負けがすべてならそれは理解されないし、仮に形式的にノーサイドを入れたとしても、「試合終わったら文句言っちゃいけないんだよね〜知らんけど。むかつくよね〜」で終わってしまう。
この極東の国に英国の精神は伝わっているのだろう。だからこそ立場が違えども皆が日本の活躍に賛辞を寄せる。日本で「ラグビー精神に沿ったらどうあるべきか」を考え抜いて今の姿があるのだろう。

なんか久しぶりにいいニュースだったと思う。
この文章を寝かせていたら次の試合では日本は大差で負けたという。それも清々しい。
ざまーみろなんて罵倒も見当たらないし、やっぱり日本はダメなんだよなんて卑下もない。
勝って驕らず負けて腐らず。まさにそれをきっちりやっているのがラグビー界。
自らのありようにしたがって頑張っていれば、いつか成果が生まれるかもしれないしそうでもないかもしれない。だが、ラグビーの世界で前を向いていけばそれでいいという清々しさ。
ああいいな、と思う。スポーツ観戦が苦手なのだが、もうちょっと注目していこうと思う。
posted by Mozzo at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

志位さん 最近おかしくね?

共産党の志位さんといえば温和な語り口で、イデオロギーバカが多い中で理性的な考え方をしていた人だと思っていたのだが、最近おかしい。共産党の中心にいるとおかしくなるのか。

引用ここから====
共産・志位委員長「暴挙を働いたものには必ず裁きが下る」

 共産党の志位和夫委員長は19日未明、安全保障関連法が成立したことについて、「安倍政権による戦争法案の採決強行を満身の怒りを込めて糾弾したい。憲法の平和主義を壊し、立憲主義を壊し、国民主権の民主主義を壊す、まさに歴史的な暴挙だ。この暴挙を働いたものには必ず歴史の裁きが下る」と述べた。
引用ここまで====

裁きが下るのは民主党当たりじゃないのかね。神様がいるとするならば。
共産党は神様を信じているのかね。裁きとか。国会議員は物事を決める側であって、裁きを下すスーパーパワーがあるという発想自体がどうかね。ましてや共産党。
まぁ皮肉はさておき。

平和主義を壊すだの暴挙だの、イメージを操る言葉に過ぎない。こういうのは元社会党の常套句だったように思うのだが。
日本の味方となる国と手を携えて国を守ろう、味方を守ろうということなのに、論理を飛び越えて平和主義を壊すというのはどうか、さらに民主主義やら立憲主義やらに話が飛ぶのはどうか。

国民の信託を受けて決めているから民主主義の破壊を云々される状況にない。むしろ暴力を使って審議を妨害している民主党とか山本ナントカとかああいう連中が民主主義を破壊しているのではないか。ああいう暴力が「気に食わないことに対抗するためなら何でも正義だ」という論理で肯定されるならば、腕力が強いものが勝つわけである。これ民主主義か?
あの暴力の応酬の中で、仮に車いすに頼る議員がいたとしよう。なにもできまい。車いすを引き倒すやつもいよう。この議員が100万人の得票で国会にいたとして、1万の得票しか得ていない屈強な議員が車いすの議員を押し倒すとしたらどう考えてもおかしいと思うだろう。
そこまで露骨なことではないがそういう暴力が民主党やらあの辺が仕掛けているのである。

志位さんよ。批判するならまず民主党じゃないのかね。

立憲主義を壊しというが、こういう状況を招いたのはだれか。
私は安倍政権のやっていることが姑息と言うか、長期的視野あるいは本質論に欠けると思っている。なんとか近視眼的に法案を通したくて姑息な妥協をしていると思っている。
本来であれば憲法を改正し、味方である国々と協力して覇権を狙う国に対抗するすべを持つことが平和主義につながる。自分だけで強力な防衛力を持てばそれを侵略に転用することは容易だ。ご近所と連携することが防衛はできるけど侵略はできない国を作ることになる。
憲法9条だ!9条だ!9条を守れれば国が侵略されても構わないという連中が大騒ぎするのに腰が引けて解釈でお茶を濁すのは後世に憂いを残す。

だが戦術的にそういう阿呆の連中をうまくなだめるためにと妥協策をとったことも決して過ちとまでは言わない。気に食わないが。
そういう阿呆の連中こそ非難されてしかるべきだ。

憲法の字面にこだわって国益を損なうような主張をするからこうなるのだ。
憲法は立法府にブレーキを掛ける道具だ。あくまで道具だ。使いにくくなれば見直せばいい。普通の法律なら立法府が見直せるが、憲法は国民が見直す。この当たり前の原則論を無視して憲法絶対視の論理に立つから政治がおかしくなるのだ。
憲法絶対視はその他の価値観を認めないことなのだから独裁国家と同じだ。「時代が変わったのだから考え方変えましょうよ」という当たり前のことを封殺し「憲法は絶対だ、疑問をはさむことは暴挙だ」と言い切ってしまっている。暴挙はどっちだ。

こういう阿呆な連中が国会に影響していると思うと暗澹たる気持ちになる。
こういう連中に投票するのも阿呆だ
posted by Mozzo at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

阿呆の民主 共産 阿呆につける薬なし

もはや野党と言うのは与党にブレーキをかけて政治を正常化するという本来の役割を忘れ、与党に対抗し妨害することが自己目的化した阿呆としか言いようがない。
連中が国会にいるということは、それを支持した少数派がいるわけで同じく阿呆である。

産経新聞から引用する。

引用ここから====
野党の「セクハラ」作戦に反撃 参院議長が女性衛視投入 民主・小宮山泰子氏「女を利用するな!」

 参院平和安全法制特別委員会は16日、断続的に理事会を開催。理事会室前から動かない野党の女性議員の集団を排除するため、山崎正昭参院議長が女性の衛視を出動させたが、野党側は「こんな時に女を使うな」などと激しく抵抗。鴻池祥肇委員長は室内で事実上監禁状態に置かれ、安全保障関連法案の締めくくり総括質疑が始められない状態が続いている。

 理事会室前にいた民主党の小宮山泰子衆院議員は「女を利用するな!こんな時だけ女性を前に出して。女をこうやって使うんだな。今の政権は!」などと絶叫。ただ野党の女性議員は、排除しようとした与党の男性議員に「触るな!セクハラだ!」などと抵抗し、鴻池氏の退室を拒んでいる。
引用ここまで====

この記事には写真も掲載されており、以下のようなキャプションがついている。
「理事会の開会を前に集結、記念撮影する共産、民主の女性議員=16日午後、国会内(酒巻俊介撮影)」

女を利用するな? この小宮山という人には恥はないのか。
女性であることを利用して、言論の府であるべき国会に暴力を導入したのはお前らだろうに。盗人猛々しいとはこのことだ。
女性が暴力で議会を曲げようとしているから女性の衛士を前に出した。トラブル回避のための賢明な策だ。与党に文句が言えればなんでもいいのか。

トラブルを背景に記念写真とは阿呆も極まれり。自民党議員がこれをやれば辞職だなんだと騒ぐくせに。

本来の野党の役割を果たしていないから結果的に安倍政権に有利になっている。阿呆である。

この行動がどのように国益につながるのか、全く論理性がない。そんなことはあり得ないのだが、この暴力で法案成立を遅らせたとして(成立阻止は無理でしょうな)何の国益があるのか。
日本が不安定な国で信用ならないということを触れ回っているようなものだ。国の害と言ってよかろう。

なにも自民党支持でこういうことを言っているわけではない。

むしろ自民党と立場の違いを出している維新系のほうに心情は近い。残念ながら(?)橋下氏の主張に共感する。
彼は違いを主張し、是々非々で臨むが決して国政の混乱を狙っていない。民主共産は国政を混乱させた→自民党困った→民主共産偉い偉い→次の選挙よろしくという思考回路になっている。国益は彼らの頭にない。

嘆かわしi

posted by Mozzo at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。