2015年10月29日

本質を忘れた弁護士は退場してほしい

当然例外もあるだろうしこれだけで弁護士を語っちゃいかんとはおもう。
だが基本腐っているとしか思えない報道。

引用ここから====
「取り調べは原則黙秘」…死刑弁護の手引が波紋
2015年10月19日 08時51分

 死刑求刑が予想される事件の弁護活動について、日本弁護士連合会がまとめた手引が波紋を呼んでいる。

 否認事件などで被害者の裁判参加に反対するよう求め、取り調べで「原則黙秘」を打ち出しているためだ。日弁連内部にも異論があり、犯罪被害者を支援する弁護士団体は19日にも抗議声明を出す。

 ◆目標は死刑回避

 手引「死刑事件の弁護のために」(A4判110ページ)は、日弁連の刑事弁護センター死刑弁護小委員会が作成した。裁判官と裁判員に死刑判決を回避させることを「唯一最大の目標」と明記。被害者参加については、「被害者による質問で法廷が感情に支配され、証拠に基づかない質問がされる可能性がある」として、被告が起訴事実を否認していれば「参加に反対すべきだ」と記載した。

 捜査段階の取り調べでは、「早期に自白しても死刑回避の保証はなく、かえって供述内容が量刑を死刑に押しやる」として「黙秘権の行使が原則」と指摘した。マスコミ対応についても、「報道機関は言い分を正確に記事にするとは限らない」として「弁護人は公判段階まで取材に応じてはならない」「被告に、報道機関が面会を求めてきても一切応じないよう説得すべきだ」と求めた。
2015年10月19日 08時51分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
引用ここまで====

弁護士とはかくあるべしという理念をどこかにおいてきてしまったのだろうか。
裁判官、検察官と並んで法曹界の一翼を担っているはずなのにこの堕落ぶりはなんだ。

「ん!? 死刑回避を目指すのが堕落ですか」と思った人、ちょっと考えていただきたい。
弁護士とはなにか。
被告の立場にたって、「真実を明らかにする」「非があるなら正しい量刑(民事なら賠償とか)」を目指すのが本質ではなかろうか。さらに考えれば結審後の被告の更生に役立つ方向性を示すプロでなければならないのではあるまいか。
これで検察と裁判所を相手にした勝ち負けのゲームに過ぎない。

以前から批判しているのだが、「軽い」判決を得るためには手段を選ばないのが弁護士だ。
無論、あるべきよりも重い量刑が課されてはいかん。だが軽ければいいというものでもない。
量刑を軽くせんがために、被告を判断能力のない人間に仕立て上げ、結果その短くなった服役後に社会復帰できなくするようなことを平気でする。勝ち負けが大事であって被告の立場に立っていない。
被告に判断力があり責任能力があるということは、服役後更生して何らかの仕事に就く能力があるということになる。それを全否定して軽い量刑で弁護士勝った勝ったと喜んで、被告の未来はどうなる。責任能力がない無能力者を雇う会社はないぞ。

弁護士のゲームのために被告が存在するのではない。
被告が正しい裁判を受け、非があるなら妥当な罰を受け、社会や被害者の処罰感情と正当に対峙することが求められているのである。

====
又聞きの話なので話半分なのであるが、被告が弁護方針に対して疑義を唱えることは弁護士の心証をかなり損ねるそうである。
たとえば被告が「犯罪を犯したのは事実なのだから、その事情をくみ取ってもらう方針で」と言っても弁護士が「責任能力を争えば無罪で行ける」というプランを立てると、これに反した被告の言動に激怒する弁護士もいるとか。
基本は被告の意思が最優先であり、その原則を守っている人が大半であろうが、自分が主役と勘違いしている弁護士もいると聞く。

こういうニュースを聞くといざというとき(犯罪を犯すつもりはないけれど人生なにが起こるかわからない)、弁護士に頼るくらいなら潔く自分を自分で弁護して、負ければ服役でもいいかなと思いそうになる。
こういうゲーム発想の弁護士に有利な判決を取ってもらっても私の正義感が納得いかない。

まぁこういうことが起こるのも、「事実を曲げてでも」有利な条件を引き出したい人が弁護士を利用しているからかもしれない。それを含めてすべて否定したい。
posted by Mozzo at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。