2015年11月04日

原爆ドーム周辺は栄えてはいかんのか

価値観はそれぞれだと思うのだが。

引用ここから====
原爆ドーム近くでカキ船営業、イコモス会長懸念
2015年11月02日 09時15分

 世界遺産・原爆ドーム(広島市中区)近くの元安川にカキ料理を提供するカキ船が移転、営業を開始したことを受け、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の諮問機関「国際記念物遺跡会議(ICOMOS=イコモス)」の幹部らが1日、現地を視察した。

 グスタボ・アローズ会長は「この場所は聖なる場所。飲食する場はその意味を破壊する」と懸念を表明した。

 移転を巡っては、市民らが「世界遺産としての価値を損なう」などと今年6月、河川の占用許可をカキ船の運営会社に出した国を相手に、許可の取り消しを求めて地裁に提訴している。

 10月末に福岡市で開かれた年次総会にあわせて来日した一行はこの日午前、平和記念公園や原爆ドーム、営業中のカキ船を視察し、関係者から説明を受けた。

 イコモスは2006年、原爆ドーム周辺で高層マンションの建設が始まったことを受け、規制を設けるよう勧告。カキ船の移転についても、日本イコモス国内委員会が今年1月に懸念表明を出している。

 アローズ会長は勧告などの措置を取ることについては言及しなかったが、「(飲食施設が)次々とできる可能性があり、何らかの形でストップされるべきだ。日本イコモス国内委員会と今後も連携したい」と述べた。
2015年11月02日 09時15分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
引用ここまで====

核兵器はごく強力な兵器である。それはだれもが認めるところである。
だがそれが邪悪であるとか、それを使う人間、保有する人間も邪悪であるとか、核兵器で死んだ人間は神聖な被害者なのだとか、そこに好悪善悪の価値観を入れてしまうとそこは人それぞれとしか言いようがない。

どうにもそういう、「人それぞれ」の価値観がベースにあってのことのように見えて仕方がない。
核兵器による被害を神聖視すること自体がおかしいとは言わない。核兵器が邪悪だからずっと鎮魂鎮魂でああ美しいと思ってしまうのであれば、それ自体を否定はしない。だが、悲惨な被爆体験を超えてたくましくよみがえった広島市民をたたえることになるのだろうか、疑問なのだ。

被爆直後、放射能の影響で何十年と草一本生えないのではなかろうかと言われたものだ。ましてや人間が再度住むなんてと。

しかし、広島も長崎もたくましく復興した。広島長崎といえば被爆というマイナスイメージもあるが、広島の牡蛎をはじめ食べ物が放射性物質云々で忌避されることはない。
原爆ドームを保存して被爆という悲しい歴史を背負い記憶するとともに、その遠景に繁栄したくましく生きる市民の姿が浮かび上がるというのは、私は真の鎮魂につながると思っている。
原爆の威力をまざまざと感じつつ、ふと目をやればにぎやかな街、おいしそうな飲食店。なにがいかんのだろうとおもう。
原爆ドーム周辺とはいえ、死んだ町にしたいのか。

「聖なる場所」というのは便利な言い回しであって、他人を黙らせる機能がある。
だが、本当に被害を受けた人やその子孫を考えてのことか、自己満足の他人に何かを押し付けることなのか、冷静に考えてみてもらいたいものだ。

私は原爆ドームとその周辺だけが傷跡をつらい記憶として残し、あとは繁栄している姿を見たい。あえて反映している姿と重ねて見たい。
posted by Mozzo at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。