2015年11月29日

介護を事業として拡充すべし

誰が犯罪者なのかと考えさせられる報道。YTVから引用するが気の毒なので実名は伏せる。

====
介護苦か 利根川で心中 両親死亡、娘逮捕

埼玉県の利根川で高齢の夫婦が死亡しているのが見つかり、警察は47歳の三女を逮捕した。警察は、三女が認知症の母親の介護疲れなどから、無理心中をはかったとみて調べている。

22日、利根川でXXXさん(74)と妻のYYYさん(81)が死亡しているのが相次いで見つかった。現場の近くで、三女で無職のZZZ容疑者が見つかり、母を溺れさせ、死亡させた殺人などの疑いで逮捕された。

警察によるとZZZ容疑者は、2人と一緒に車に乗り、川に入ったものの、途中で進まなくなり、3人で歩いて川の深い部分に向かったと話しているという。YYYさんは、10年程前に認知症になり、XXXさんは最近になって体調を崩し仕事を辞め、「死にたい」と話していたという。(11/23 12:16)
====

ここまで追い込んだのは誰だと言いたい。
無職、三女、47歳、このキーワードだけで苦境が想像できる。
三女ということは上には少なくとも姉二人、兄もいたのかもしれぬ。それを一身で受け止めて来たのだろうか。無職だから介護を押し付けられてきたのか、介護を押し付けられてきたから就職できなかったのか、と想像させるものがある。
むろん、その兄姉たちのことが報じられているわけではないのだが、そう想像させるものがある。少なくとも共同して介護していたのであるなら、認知症で目が離せない親を連れて無理心中を図るようなことを見逃すはずはあるまいに。

もちろんその兄姉を単純に責めるではない。
兄姉の勤める会社で「世話ができる家族がいるんですよね、介護休暇とか認めませんね」ということもあったかもしれない。なかったかもしれない。
また公的な施設やサービスに頼ることはできなかったのか。
「世話ができる家族がいるんですよね。サービスは受けられません」ということがあったのかもしれない。

結局家族の一部は稼ぎ、一部は介護して、ぎりぎりのところだったというのが私の想像である。実際のところはわからないし、この事件の当事者を批判したいわけじゃない。日本にあるだろうそうした例をこの事件に仮託しただけである。

「介護できる家族がいれば家族が介護すべき、支援はしないもんね」という構造に間違いはないのだろうか。

家族も親族にも頼れず孤立無援の老人のほうがまだましなのかもしれない。追い詰められた子、あるいは配偶者が介護できるからと押し付けられていないか。それで両者共倒れで自死を選ぶしかない状況においつめられていないか。
この事件の場合、「いやぁ疲れちゃったんで何週間か面倒見てもらえませんかね」といえる先があればこの悲劇はなかったのかもしれない。

====
知り合いに50歳代の男性がいる。
故あって現在独身、認知症の母親の介護に追われている。
知識のある人なので、公的サービスなど利用できるものはすべて利用しているのであるが、そうしたサービスに任せきりで仕事に専念できるというような状況にはない。働けない時間帯がある。稼働時間に制限をつけざるを得ないと仕事が限られてくるのが現実だ。報酬が低く不安定な派遣の職を選ばざるを得なかったようだ。

有能な人なので正社員・フルタイムで働けば介護費用もかなり賄えようと思うのだが、公の仕組みはそれを許さないらしい。家族が介護するのが前提ということらしい。

彼は言う。介護では便の始末まで必要だ。汚いからいやだということはない。他人の物を仕事として始末するなら何とも思わない。これが母親の姿と思うとつらい。と。母親が下半身丸出しで世話されるがままというのは息子としてつらいというのはよくわかる。

もし、この男性が介護職に転身したら、現在母親を介護している分よりも多くの人の面倒を見られるだろう。そこで得た収入と公的扶助で介護ヘルパーを雇うことができれば、物理的にやっていることは結局変わらなくとも精神的にはずっと楽になることになる。
さらに、介護の技術を持った職業人が増えることになる。いくら家族を介護した経験があっても職業人でなければ介護の人材が増えたことにはならぬ。
少しだけ公がこうした流れを支援してくれたら回るのに、残念ながら介護職に専念してわが親を介護サービスにゆだねられるほどの収入は得られない。

なにか一部の人は家族が介護してこそ愛だみたいなきれいごとをいう人がいる。
介護はプロに任せる。そのプロも追い詰められて老人を虐待するような状況においてはいかん。
介護を家族の中に紛れ込ませてしまえば見た目の社会保障費も減らせると思う阿呆の役人もいるんだろう。
今やるべきは、介護を事業としてどんどん膨らませてプロを育て、家族に埋没した介護需要を費用化することだ。見た目社会保障費が膨らんだようにみえるが、それにより介護が効率化し、産業化し、介護でもそれ以外でも働ける人が増えれば何の問題もないのだ。

posted by Mozzo at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。