2013年06月30日

街がうるさいことに怒っている

故あって、遠路はるばる出かけて行って東海道線沿線に滞在した。駅でいうと川崎から小田原あたりまで。
この辺に出かけると好物のシウマイ弁当が楽しみであるのだがそれはさておき。さすがは関東の交通の大動脈、電車はすごいものである。いろんな駅で乗降したのでびっくりも何倍増である。
若いころ大船に住んでいたことがあり、事情は知っていたつもりだがやっぱりすごい。大船から横浜は東海道線と横須賀線が並走している。横浜から品川までは横須賀線が別ルートになる代わりに京浜東北線が並走する。
さらに横浜から品川には京急も通っている。
品川から東京なんぞ、京急は別方向に行くが、山手線、京浜東北線、横須賀線、東海道線が並走。乗る気になれば東海道新幹線もあるのだ。それが全部混んでいるというのだからクレイジーだ。

ま、今回言いたいのは混雑っぷりではない。
東京に近い、川崎、横浜、戸塚はおかしいんではないかということなんである。

====
あるとき戸塚駅に降り立った。
この駅は東海道線と横須賀線が並走し、どちらも止まる駅である。神奈川では横浜、川崎に次ぐ第3位の規模だとか。
プラットフォームは二つありそれぞれ両面に電車が止まる。東海道線・横須賀線の上下で4本だ。ラッシュ時には限界まで電車が発着する。15両編成が3分おきに発着するのだからどうかしている。

それはさておき構内放送である。
日本は列車の放送が丁寧すぎるといわれる。ほかの国は何も言わずに電車が到着し何も言わずに出ていくという。
ここは日本であった。
「次の電車はXX:XX発のXX行きです。15両の到着です。。。」と予告が入り、「間もなくXX行きの列車が到着します」と直前の案内が入り、到着すれば「XX行き間もなく発車します。駆け込み乗車は。。」とアナウンスが入る。
通勤時間、ここにいる99%の人には必要ない情報だろうにと思いつつ耐える。
さらに、仕組みがよくわからないのだが放送にオーバーライドする放送があるみたいなのだ。優先順位があるのだろう。
「次の1番線は9時10分発黄色い線の内側に下がってお待ちください15両でまいります」みたいな感じで二種類の放送が混じっているのである。
これだけでも耐えがたいカオスなんだが、これが4線分あるのである。協調は一切ない。

「今度の2番線は今度の1番線はちゃりらりー(効果音)まもなく黄色い線の内側に駆け込み乗車は15両で約5分遅れで東京行きですまいりますまいります」
みたいなことになる。いや文字では表せないカオスである。

これが大きなスピーカーの大音声で流されているのである。
見る限り戸塚駅周辺は商業地だが、その周囲に住宅地も見える。この騒音に耐えているのだろうか。
もっとちいさなスピーカーでピンポイントに流せばいいのではないか。いやそもそもあの放送はほとんどが不要だ。


===
横浜駅はひたすら混んでいた。
横浜は複雑な駅で乗り入れ路線を考えると東京、新宿と肩を並べる複雑ぶり、大阪、名古屋をしのぐだろう。
ホームの混乱ぶりは戸塚と同等だが先に戸塚を味わったのでインパクトはなし。その他は今回のテーマとは別ということで省略。次は川崎。

===
川崎駅は狂っていた。

川崎は神奈川県内では第2位の乗降客数を誇るという。横浜駅が1位。しかし、複数の改札を持つ横浜駅に対し改札を1か所に集約した川崎の混雑ぶりといったらない。

ずらりと並んだ自動改札機に行列ができてなかなか外に出られないというのだからどうかしている。自動改札機は「出口専用」に20台くらいは並んでいたのではなかろうか。もちろん「入口専用」もある。
改札を出ると大きなホールのようになっていて、改札から吐き出された人と吸い込まれる人が交錯している。田舎から来たら「今日は祭りですか」と言いたくなる。

雑踏が放つ騒音が建物に反響しているのかうぉーんという音に感じる。
さらに改札を出たスペースでは大音量の音楽が流れている。階段をおりるところにある大型ディスプレイと連動しているらしく、私が通った時にはなにやら歌手のPVが流れていた。
下りのエスカレーターに乗ると、「足元にご注意ください、黄色い線の内側に」と注意のアナウンスが延々。
エスカレータを降りたあたりでは政党が演説。時間帯によってはミュージシャンが街頭演奏している。

いろんな大音声が入り混じって、二日酔いの朝、二度寝してみる悪夢のような有様になっている。川崎は音楽の街なんだそうである。こういうことじゃないんではないか。

====
騒音である。良かれと思って出しているのだろうが、全然効果がない。

駅のアナウンス。あれは必要なのだろうか。

「目の不自由な人もいるので」と彼らはいうだろう。だが、そもそもごちゃごちゃになって聞き分けられないものが目の不自由な人になら聞き分けられるというのか。大事な情報をマスクしてしまうことにならないか。
そして役に立たないものが近所の大迷惑なのである。

音声案内は耳元で囁くような仕組みであるべきだ。技術は世の中にある。
費用面で無理というなら障碍者には案内をつければよい。大きな駅といえど障碍者の数は少ないから駅員で対応できる。駅員で対応できない数の障碍者がいるなら費用対効果の意味で費用をかけるべきだ。あるいは駅員が怠慢なんである。

川崎駅の騒音、狂気の沙汰である。混雑は批判しないが、あの音のこもる構造、そして大音声で音楽をかける神経が信じられない。
静寂を作ることが音楽の街ではないか。

騒音を振りまく政党もなんとかならないか。選挙活動といい、あの騒音はほかの先進国ではのきなみ違法とも聞く。
迷惑でも有効性があるならまだしもである。
政党の主張が伝わってくるのであればまだしもである。
街頭で行き交う人は単語しか聞いていない。いや、立ち止まって聞いてみてもろくなことは言っていない。そこに対立する人がいて議論しない限り、自分勝手に都合のいいことを言っているだけに過ぎないのだから意味がない。

売れない音楽家も困ったものだ。
街頭で演奏することがダメというのではない。そこから始まる芸術もサクセスストーリーもあろう。
だが、数が多すぎる。祭りの屋台じゃあるまいしあちらこちらから刺すように流れるのは音楽ではなく絶叫であり騒音だ。
しかも、機材の進歩で強力なPAを持っている。キーボードなど電子楽器は最低限のPAはいるだろうが自力で音が出る楽器はPAを使うんじゃない。UnPlugedだ。電子楽器でも最低限の音量で願いたい。そこはライブ会場であると同時に公共の通路でもあるのだ。
最近はPAの音量が大きくなる一方で、まるで政党のようではないか。

いや、政党の演説はうるさいが一度にやるのは一党という仁義があるらしい。ちゃんと時間ですみ分けている。
政治家ができることなら音楽家のみなさんも真似してほしいものだ。

もちろん音量は適切に。

===
海外旅行の経験がそれほどあるわけではないが、海外から帰ってくると「ああうるさい」と思う。
香港に行った際、やはり中国人だインド人だといるので個々人はうるさいんである。あの声の大きさと同時に話すのは文化なのか、何とかならんものか。
ただ街の総体としては、繁華街に限って言えば日本のほうがうるさい。
郊外や住宅地に入ってしまえば日本のほうが静かだ。
しかし、繁華街とはいえそこに住む人働く人もいよう。このままでいいのか。

posted by Mozzo at 18:56| Comment(2) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
<音>から考える - プラスとマイナス と題するエッセイを掲載しています。<音>一つをとっても社会生活においてはプラマイ(±)の思考が及ぶ社会であってほしいものである。という内容です。

通勤電車の車内放送のおかしさの裏に、日本社会の無思考性という病理をみるのは私だけでしょうか?

よろしければご覧ください。
Posted by Rollin at 2016年03月13日 09:29
Rollinさん
閑散たるわがブログ。コメントがつくと驚天動地の大騒ぎです。コメントありがとうございます。

ご紹介いただいたページはとりあえずさらっと見ました。後程じっくり拝見します。なにかご意見できることがあればと思います。

日本人の音に対する態度というのはほぼ日本にいる私にとっても理解ができないものがあります。

住宅地で些細な騒音にも怒って騒動を起こす人もいれば繁華街とはいえ騒音を垂れ流している人もいる。
さらに政党は街頭で騒音を垂れ流すことが正義だと思っています。とある政党は「音の出る活動を」とわかってやってます。人の生の声ならともかく巨大なスピーカーでやられたらそこに住んでいる人はどうなるか考えているのか。

音が出たほうがいいというものもあるんでしょうが、基本は無音。静かにするというのがみんな幸せだし日本の伝統にもあっていると思います。
そこを一つずつ考えていくことがいい社会につながるのでしょう。
Posted by Mozzo at 2016年03月13日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。