2014年03月07日

この人が好きだ!:misono

最近はあるのだろうか。「抱かれたい・抱きたい有名人」なんて企画が雑誌をにぎわすどころかそれが芸能ニュースになったりすることがあった。
SMAPの木村さんが何度も連続で第一位だったとかいうあれである。
まぁありていに言えばだれとセックスしたいかとストレートに聞けばいいのに、と思うのはそれは私の心が黒いせいか。
その派生で「上司にしたい男性・女性有名人」とかなんとかあったが、要するに年上の支配的な立場の人とセックスするのかという設問に見えて。。。。

だがちょっと違う設問もある。「娘・息子にするなら。。。」である。
上司だ部下だというのに比べて、娘・息子と言われたらちょっと視点が変わる。

恋愛性欲相手となれば外見・内面ともに優れていることを求めるのは自然なことなんだが、自分の子供となるとちょっと違う。
もちろん、外見・内面ともに優れた人間に育って欲しいと思うのは当然である。
だが、完璧な人に育ってしまった我が子に満足できるのかというとちょっと違う。
たとえばTOKIOの長瀬君が素敵〜と思っても、我が息子としてどうだろうか。どっちかというと国分君とか城島リーダーとかそっちのほうが魅力的ではないかと思うんである。
前向きで頑張るのだけれど壁にぶつかってめげることもある。親としてはそこを慰め励ましてやりたいではないか。完璧で親なしでも全然問題なしというのでは親としてどうかと。

====
その観点から我が家では勝手に有名人を我が家の娘・息子と呼んでいる。本人が知ったら怒るだろう。
まぁ妄想の部類なので相対的な年齢は関係ない。うちにこの年齢の子供はいないだろうなんて言っていたら妄想は成り立たないのだ(←いいのかそれで)。

やはり真面目で前向きで、だけれども落ち込みやすくて自己評価がネガティブで、そこを励ましてあげたいという人がいい。
これが不思議と男性有名人で息子候補は現れない。男性有名人は自分の弱みを見せてはいかんからか? あるとしたら高橋英樹さんである。このシリーズで取り上げたことがあるのだが彼は少年のようなところがあるのだ。ただ、親である(ちがう)私の支援を必要とするという妄想が追い付かない。あとは国分太一君かなぁ〜

やっぱり女性有名人の方が弱みも見せるという意味で妄想娘感が盛り上がるのであろう。
以前このテーマで取り上げた柳原可奈子さんの我が家の娘感は抜群である。ぜひ我が家の娘として嫁に出してあげたい。
だが、彼女は才能が輝きすぎて「もはや親の手元を離れてしまって助けはいらない」と思わなくもない(親じゃないけど)。

そうなると気になるのがmisonoさんである。親としてハラハラすると言っていい(親じゃないけど)。
彼女はもともとDayAfterTomorrowというグループで世に出たそうな。姉の倖田來未さんよりも早くブレイクしたという。ただその後は盛り上がらず、姉は大ヒットを飛ばしという状況だっとそうな。
で、そのあとバラエティ番組でブレイクした。私が認識しているのはここからであって、最初は彼女が歌手であったことすら知らなかった。
バラエティ番組で見せるその真面目っぷりというかネガティブさというか、もうちょっと人生なめてかからないと疲れちゃうよとアドバイスしたくなるような姿に注目したのである。
たとえば、彼女はフードファイターではない。大食い企画で食べられないからといって泣くことはないんじゃないか。そこを泣いて悔しがる。そういうところが我が家の娘なんである。

ただ、彼女がバラエティでブレイクしてから相当の期間、私は彼女がバラエティタレント「のみ」であると思っていた。
ところが、歌手であるというではないか。たまたま歌手のシーンを見せるところを見て感心した。のびやかな声、情熱的な表現。歌詞も自分で書くという。

それに気づいておなじみAmazonさんで検索してCDとDVDを大人買い。ヒットするものは全部買った。なかなかの数のCDとDVDが我が家に到着した。

歌手として素晴らしい上に作詞家としても素晴らしいのは分かった。なおかつPVが大変によい。時にコミカル、時にシリアス。連続して流しているとすごく快感という声の質がこれまたいい。
しかも、音楽と関係ないダイエット企画のDVDも買ってしまった。彼女はデビュー後太り始めてしまってメディアへの露出が避けられた時期もあったとのこと。そのダイエット自体を企画として収録して売り出すというのだから残酷というか覚悟ができているというか。

その企画の中で彼女は自室での姿やダイエットの効果を示すためのセミヌード(乳首が出ていないだけやん)をさらしている。ああそこまでしなくてもと親としては思う(親じゃないけど)。

そんなmisonoさんをこれからも応援していきたいと思うのだが、30歳で引退するという表明もされている。いや引退は取り消しという話も。
それこそ相談に乗ってあげたい。親だから(親じゃないって)。
posted by Mozzo at 23:34| Comment(0) | この人が好きだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。