2014年07月26日

武装勢力が攻撃準備か

7月26日未明、公安調査庁は未確認情報と断ったうえで武装勢力が攻撃準備を進めていると発表した。
発表によると武装勢力は東京隅田川周辺に攻撃兵器の設置を進めているとされる。最初の砲撃予定は26日19:00頃という情報もあり、関係機関に警戒を呼び掛けるとともに、一般人が現場周辺へ近づかないよう求めている。砲撃の噂を聞きつけた市民が集まりつつあり、中には場所取りをしてまで見物しようという野次馬がいる模様。
情報筋によると、設置されているのは高射砲で数十門から数百門におよぶ多数があるとされる。この多数の高射砲はすべてコンピュータ制御でタイミングを測り、一度に百発以上の斉射・連射が可能であるとされる。
また、砲弾は特殊なクラスター砲弾で一発の砲弾の中に複数の子弾が格納され、空中で爆発四散し破壊力を高めるとのことである。武装勢力はこうした砲弾を数万発規模で保有しているとの情報がある。
現場には帯状に火薬を仕掛けた防御壁も建設され、この火薬で外部からの突入を防ぐものと思われる。この防御壁は一部でスターマイン防御と呼ばれ、星が降るかのごとく火炎を放出し仮に外部から砲撃しようにも的を絞らせない効果がある。

====
雨降らないといいね。
posted by Mozzo at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | くだらない一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402602602
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。