2014年08月31日

海の事故にまた文句を言うのである

海や山の事故に厳しい我がブログである。言うことは毎回同じなのであるが。産経新聞から引用する。

引用ここから====
「釣りしていたら車が落ちた」 119番途中で切れる 車ごと海に転落、男性死亡
2014.8.30 12:09

 30日午前1時半ごろ、愛知県西尾市一色町小藪船江東の港で、同市一色町一色乾地の自営業、山崎浩さん(74)の軽乗用車が海中に転落した。警察と消防が山崎さんを救助したが、まもなく病院で死亡が確認された。死因は水死。

 西尾署によると、山崎さん本人から「釣りをしていたら車が落ちた」と119番があり、電話は途中で切れた。車内に遺書はなく、目立った外傷もなかった。現場付近には釣り禁止の看板が立っていた。

 同署が詳しい事故原因を調べている。
引用ここまで====

この記事から読み取れるのは、
74歳、同行者おそらくなし、真夜中、港、おそらく足場が悪い(釣り禁止)。
死んだ人に酷な言い方になるだろうが、そりゃ事故も起きるだろうし、事故が起これば死に直結でおかしくない。なんと無謀なのか。

はたしてこの人が車内にいたのか、軽乗用車が落ちるのを防ごうと車内に戻ったか、あるいは落ちた軽乗用車を何とかしようとして海に入ったのかは読み取れない。
だが、携帯電話で連絡する状況であったことを考えると車内にいたのではなかろうか。釣り場近くまで車を乗り入れてそのまま転落というのが一番蓋然性がある。
車止めがなかったのか、よくあるブレーキふみ間違いのような事故なのか。
いずれにせよ自動車を扱ううえでの状況判断あるいは操作における能力に疑問を感じる。

また、この人がどの程度目や足腰がしっかりしていたかは分からぬが、74歳で夜の港の岸壁に出かけて安全とは到底言えまい。足元が濡れているかもしれぬし、打ち捨てられ踏みつけられた魚があるかもしれぬ。滑って海に転落する可能性は高まる。

====
真夜中に警察と消防が出て救助したと言うところにも引っかかる。
海や山の事故では行方不明者がいても日没とともに捜索一旦打ち切り、翌朝再開という措置が取られることが多々ある。当然捜索は困難だし二次災害の危険があるからだ。

港の岸壁近くだから条件は異なるのだろうが、真夜中の救助活動は困難なことであろう。たかが釣りのために警察や消防の人々の生命を危険にさらしているのはどうかと思う。
同じ場所で事故が起きたとしても、漁師が漁船のロープが緩んでいないか点検に来たときの事故とでは価値が違っていい。人間の命には軽重はないかもしれないが、事故の経緯により救助の必要性は変わっていい。

「遊びの夜釣りで事故を起こしても、朝まで助けに行きません By警察&消防」
と言い切ったらいいと思う。

====
はたしてこの事故が起こらないようにするにはどうしたらよかったのだろうか。
ここからはこの事故とは切り離して、想像されうる状況を仮定して考える。

まず、夜中にひとりで釣りに行くという74歳を見て同居家族など周囲の人はどうすべきか。止める道義的義務があると思う(実際にこの人に同居家族がいたかどうかは分からぬ)。
しかし実効性があろうか。
現代の74歳といえばそこそこ体力がある。まだ若いもんに負けないと意地を張りがちだ。一方で性格は頑固に変わり、ことに若い人の意見を聞けなくなる。
さらに、これは私の偏見だが釣りをやる人は独特の傾向があると思う。独善的というか、乱暴というか。
周囲がいかに止めようとも「うるさい、俺は大丈夫だ」と振り切ってしまう姿が想像される。
当然、「夜釣りで事故を起こしても助けに行きません」と言われても無視するだろう。
そこを羽交い絞めにして押さえつけられるわけもなく。

では、車が海に近づけないような構造であればよかったのか。
これが観光釣り場であればそうあるべきであろう。
しかし、ここは地図で周囲の状況を見るにおそらく漁港だ。荷卸しなどのために車で突端まで行かねばなるまい。車が近づけないような柵を作れと言うのは無理がある。
夜間だけでも閉め切ればと思うが、漁師は状況によっては未明から動き出す。そんなことは到底できまい。
漁港全体に立ち入れる人を漁業関係者だけにして、セキュリティーカードを持っている人・車だけが立ち入れるようにする手はあろう。しかし「なんで夜釣りに来るやつのためにこんな投資を」という話になろうし、そもそも禁を侵して入り込む釣り人は想像以上のことをやってのける。
立ち入り禁止の防波堤に入り込むために柵を越えるなんてのは序の口、ボートやボディボードで海から侵入する輩もいる。
それがなぜかといえば釣れるから。夜釣りをするのも昼間より釣れるから。あさましい。
セキュリティーゲートを作ってもその脇を無理やり侵入するかもしれぬし、誰かからカードを不正に借りるかもしれない。
仮に車での事故は防げても、釣り人が入り込んで事故を起こすことは避けられまい。

====
ちょっと角度を変えて考えてみた。漁港で釣りをするということは、漁港内とはいえ漁業権と衝突するのではなかろうか。
海でも川でも、漁業権の設定されている場所で勝手に水産物をとるわけにはいかない(埋め立てなどで漁業権が放棄されている場所もある)。
たとえ地元の漁師が捕らない雑魚狙いであっても、入漁料を払わねば釣り糸を垂らすことはできないと理解しているのだが、なにか例外があるのか。わかる人コメントを。

もし、私の漁業権の理解が正しければ今回の事件は、入漁料を払った上でのことか密漁かのいずれかである。
つまり取り締まりの一環で事故防止ができるのではなかろうかということである。
しかし、現実には費用の壁がある。暴力団がらみの大規模な密漁にも有効な手が打てないでいるのだ。
それでも、日本の漁業を守るため+暴力団の資金を断つために公の力で取り締まりを強化することはできぬものか。その副産物として今回のような事故も防げるだろう。

====
ま、それでも「夜釣りで事故を起こしても助けない」くらいのことは言っていいと思うのである。
posted by Mozzo at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。