2014年09月30日

都議会セクハラ野次騒動その後 議会は議論をしなさい

例のセクハラ野次騒動で都議会が変わったというのだが。

引用ここから====
ヤジ自粛の都議会「丁々発止の議論もなかった」
2014年09月26日 14時21分

 セクハラヤジで注目を集めた東京都議会で24、25日の両日、各会派の代表質問、一般質問がそれぞれ行われた。

 2日間で一般傍聴した人は、6月定例会の計240人より48人多い計288人だった。

 6月の定例会でセクハラヤジがあった後、市民グループなどがネット上で、都議会を傍聴するよう呼びかけている。こうした動きが傍聴者の増加につながったとみられる。

 都議会では、これまで与野党がお互い、相手の質問中にヤジを飛ばし合っていた。今回はほとんどヤジがなく、議場には質問と答弁の声が響き渡った。
 2月の都知事選に立候補した宇都宮健児・元日本弁護士連合会長は2日間にわたって傍聴。「ヤジも少ないが、丁々発止の議論もない。台本通りのやり取りが続き、これでは傍聴者も興味を持ちにくい」と感想を述べた。
2014年09月26日 14時21分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
引用ここまで====

はてさて、記事末尾の宇都宮弁護士の発言も引用が端的で意味が分からぬ。
野次自粛前は丁々発止の議論が成り立っていたというのだろうか。

まず大前提として、野次は議論ではない。端的な言葉を投げつけているだけで単なる罵倒や当てこすりである。単に茶化しているだけだ。議論というからには論の応酬がなければならんだろう。
野次をやめたら丁々発止の議論がなくなったと彼が感じたのは事実であろうが、野次は議論ではないと考えれば以下の可能性がある。

(1)野次を禁じられると議員がやる気を出さないので議論をしなくなる
(2)野次で盛り上がっているのを議論が盛り上がっていると宇都宮弁護士が誤解している(もとから議論なんてしていなかった)

上記(1)については当然議員が責められねばならない。議論しろよと。それが仕事だろうと。

上記(2)であるなら宇都宮弁護士の見識を問う必要もあるのだが、そもそも議会が議論できる仕組みになっているのかも問われよう。議員は議論していないのか「できない」のか。

かねてから、国会をはじめ議会というのは儀式だけやっていて議論をしていないと思っていた。事前の根回しで結論は決まっているのだろうなと。
徹底した議論を言うのであれば、議長が指名して長々としゃべり、また長々と質問し、それが粛々と進むなんてことがあるわけがない。
昔に比べれば説明資料を用意して視覚に訴える方法をとる議員もいる。それは悪いことではないのだが、事前に用意したものでことが足りていること自体がおかしい。
相手の論の矛盾をその場で絵にかいて、ここがおかしいと指摘することができねば意味がない。絵にして見せねば有権者にも伝わらない。議会にはホワイトボードが必要なのである。

議論の場にホワイトボードがあるのはビジネスで議論を詰める場(えらいさんが出てくる儀式もあるけど)なら当然である。また、進行役はいても自由に(節度を持って)発言し議論を進める。
もうちょっと企業の会議を見習ってもいい。

また議会戦術というものが全面に出すぎていて、発言時間を極端に絞るなんてのもおかしい。
企業の場合は会議で決定したことを実行するのが本業であるから、会議の時間に制限を設ける。それでも結論が出るまで延長延長ということも珍しくない。
議会は議論をするのが本業であるのだから、結論が出ていないのに発言時間を越したのでおしまいなんてことがあっていいのか。議論が足りねば徹夜でもなんでもすればよろしい。
もちろん、議会戦術で牛歩なんてことをする阿呆もいて議論を引き伸ばしにかかる懸念もあるが、それは別の方法で制限すればよい。

この騒動、野次が云々ではなく、まず議会が議論の場になっているのか再度検討すべきなんではないかと感じる。セクハラ野次を飛ばした側は真に反省している様子もなく、人権意識の欠如した失言がその後も周囲から漏れる、大変に残念な様相を呈しているが、この騒動から議会で議論をするという当たり前の改善を引き出せれば、都民の視線も変わることだろう。
posted by Mozzo at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。