2014年10月29日

橋下市長VS在特会 橋下市長の完勝だと思うが

先日大阪の橋下市長が在特会の桜井氏と面談した話である。

結果からすれば頭から罵倒の応酬。
報道から判断するに橋下氏が意図的に挑発した感もあり、桜井氏はチンピラ的な激昂を示したようだ。
外見的にレベルが低いと言えば低い。だが、私はこれは橋下氏の完勝とみている。結果としてイメージダウンを招いたようで身を切る勝利だったようだが、これはイメージを下げる外野が愚かだからだ。
言動が乱暴だとか議論を逃げただとか大阪市に抗議した人やネット上で批判する人がいるという。どうとらえるのかは個人の自由とはいえ見方が表面的ではなかろうか。

なんでも東京都知事の舛添氏は橋下氏の口の利き方に文句をつけたうえで自分は在特会と対話するつもりはないと言い切ったそうな。タレント時代からひどいと思っていたが、この舛添氏というのは歴代都知事の中でもひどい。
このブログに何度も書いたがヘイトスピーチは下品なことであり法律的に制限することを求められているのだが、外形的に法律で抑え込んでも陰にこもるだけで全体に改善は期待できない。対話して納得させることが最善のゴールだと思っている。
だが、そもそも納得する気もないようなレベルの低い連中であればそのバカさ加減を世に知らしめるべきであり、その意味で橋下氏は火中の栗を拾う意気を見せたと言える。
われわれ無名の個人にはこうしてブログで声を上げるくらいのことしかできず、その影響力も限りなくゼロに近い。だからこそ発信力のある公人が何らかの形でかかわるべきなのだが舛添氏の逃げ方は何だと思う。東京は沈没するのではないかね。石原元都知事のころは頑固で老耄と批判したものでが、今から思えば彼なりの信念があるわけで、それだけで今よりましだ。思えば東京都知事は長いこと人材に恵まれませんな。

橋下氏が取りうる戦術はなにがあったのだろうか。
こまかい戦術は様々あろうが、大雑把に言えば以下の二つである。
橋・戦術A:挑発して会談を喧嘩別れさせる
橋・戦術B:相手がどのような態度に出ようと話を聞き対話する

橋・戦術Bがいいに決まっているではないかと思うかもしれないが、それは相手次第である。

在特会はどのような戦術を取りえたか。
そもそも在特会の真の意図が私にはわからない。
外形的に見れば下品で暴力的な言動の馬鹿者であり、主張する在日特権うんぬんに耳を傾ける人は少ない。表面上何の効果も出ていない。そこにどんな意図があるのか。

真の意図を推測して以下の通り分けてみよう。
在特会A:在日特権なんて実はどうでもよく、敵を見つけて暴言を吐きたいだけのバカ
在特会B:在日特権を正したいと思っているのだが、戦術を間違えている阿呆
在特会C:過剰な暴言で在日特権の問題から世論の目をそらし、さらに在日韓国朝鮮人に対し批判的な層を貶めたい策士

桜井氏に理性があるとしたら在特会Cしか考えられんのだが。

さて、桜井氏側の取りうる戦術をかんがえよう。
先に述べたとおり、仮に橋・戦術Aをとるなら、桜井氏側が挑発の種を与えねばならない。そうでなければ橋下氏がただのバカになってしまう。
するとスタートを握るのは桜井氏だ。

桜・戦術A:いつも通りの乱暴な言動をする
桜・戦術B:紳士的な態度をとる

現実には桜・戦術Aをとったわけである。これは彼の判断として仕方ないのかもしれない。少数ながら彼にも支持者がいて、これまで声を潜めていた在日韓国朝鮮人に対する反感を声にだし、なんとかマスコミにのせてきたからこそ支持するわけだ。そこへ紳士的な態度に変わったら梯子を外されたようなものであるからだ。
逆に桜・戦術Bをとると橋下氏は橋・戦術Aをとれなくなる。話を聞くしかない。話を聞く中で暴力的言辞が復活すれば橋・戦術Aに切り替えることができるのであるが紳士的かつ論理的に説明されたら橋・戦術Bのままだ。
そうなると、その論理的な正否はともかくとして在特会の主張はマスコミに載ることになる(先の分類でいえば彼らの真意は在特会Bであったということになる)。
もし冷静な議論の結果、なるほど在日特権はけしからんということになれば在特会Bの完全勝利で、道理が通っていれば橋下氏も負けたわけじゃなく物事を動かす端緒にはなる。悪いことじゃない。
ただ、在特会に説得されてしまったというフラグが立つと政治的には厳しくなる。ただでさえ大阪市議会は橋下氏に反対できればなんでもいいという動きをしている。大阪のことをかんがえれば政策に対し是是非非であろうに。これで在特会に動かされてしまったとなれば在日韓国朝鮮人の強い大阪ということもあり、なにも動かなくなるだろう。

さて、桜・戦術Aをとり乱暴な言動を始めたのであるが、この時点で橋下氏は橋・戦術AもBも選ぶことができる。どんな失礼な物言いであっても話を聞いて説明するという橋・戦術Bを選ぶこともできる。舛添氏はそれをしろと言っているのであるが。
そうなればヘイトスピーチをマスコミのまえでやらせ、その内容について公人がコメントするという在特会AあるいはCの一番うれしい展開になる。橋下氏が在特会の宣伝にはさせないといったのはそういうことだ。

当然、橋下氏は橋・戦術Aをとり桜井氏は暴力的で非理性的な姿をさらし退場することになった。

桜・戦術Aの先には橋下氏の挑発に乗って暴言の応酬をする戦術A1と、橋下氏の挑発を無視していつも通りのヘイトスピーチをして帰ってくるという戦術A2があった。
桜・戦術A2が自らの支持者を満足させ、いつもの主張をマスコミにのせることができる唯一の方法であった。これが在特会A,Cにとっての勝利だったのであるが。

まとめると冷静な議論をする桜・戦術Bが、在特会Bにあった戦術であり、いつものヘイトスピーチをマスコミの前で完遂する桜・戦術A2が在特会A,Cにあった戦術ということになろう。
どちらもできず挑発に乗って桜・戦術A1になったのはなぜだろうか。

まぁ何にせよ、私には計算ずくでこの結果に落とし込んだとしか見えない。その意味で橋下氏の勝利だ。
そもそも橋下氏は弁護士である。どういう態度をとれば相手がどう動くかというのは商売の本質であろう。そこで判断を誤るはずがなかろう。

はたして桜井氏は何を求めていたのだろうか。
何かを得たというならば、彼らの真意が在特会Cである他はない。あるいは挑発されると自滅するバカということか。

しかし、交渉を戦術的に進められないバカと言われても、実は朝鮮総連の手先でしたといわれても、この先桜井氏の生きていく道がないな。個人的には完敗なのではないか。

橋下市長 お疲れ様でした。今後も頑張ってください。
posted by Mozzo at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。