2014年11月30日

わがまま言うのは見苦しい

用事のついでに早めのランチと、開店直後の居酒屋に入った。居酒屋といってもランチもやっている店だ。まあ、自分へのご褒美として水気のおおいランチになったのだが。
このときは一人であったためカウンター席に座った。本日一番乗りである。最初は閑散としていたが、昼が近づくにつれ席がうまってきた。
カウンター席は私ともう一人だけで気づかなかったのだが、振り向くとテーブル席は割とうまっていたのである。

次から次へと客は来るのだがそのやり取りにちょっと興味を引かれた。
カウンター席は嫌われているのである。
まぁ、見知らぬ他人が近くに座るかもしれないカウンター席より、狭いなりに独立したテーブル席がいいというのがわからんではない。だが、あまりに状況を見ず、要求があからさまな人が多いなという気がしたのである。

とあるおばさん二人連れ。店の側としては昼のラッシュを控え、テーブル席が埋まりつつありカウンター席が空いている状況からはカウンターに座ってほしい。だがおばさん二人は強硬に四人席のテーブルが空いているからそこに座らせろと主張した。
とある若いカップル。やはりカウンター席を拒否し宴会スペースが空いているではないかと言い出した。事前の店員のやり取りから判断するにその宴会スペースはまもなく始まる宴会(ランチの宴会なんてやるんですな)の予約席だ。何が何でもカウンターはいやだということでそのカップルは帰っていった。

まぁ当人たちの好みであり、それが店側と折り合わないなら客は帰ればいいし、店も断ればすむ話ではある。
だが、客として「うまいものを食わせろ。安く。広いスペースで」となにも考えずに主張して世の中成り立つのかを考えてはどうかと思うのである。
飲食店、しかも繁華街に店を構えるとしたらその場所代は相当なものになる。また飲食店の特性として時間帯が問われるという事情もある。たとえば通販の注文であれば納期に間に合いさえすれば発送時間が昼間になろうが真夜中になろうがかまわない。手が空いた一番効率的な時刻にやればいい。飲食店は昼が混み14時を過ぎれば空く。しかし「今混んでいるから15時に来てください」とは行かぬ。
無制限に客席を広くはできぬから、混雑時には効率的にまわしたいのは当然だ。

「それは店側の一方的な都合だ、客は関係ない、広い席に座らせろ」と思うかもしれない。
だが、店は客席がうまく回転することを前提に単価を決めるのである。一人客二人客が4人席に座りたがれば回転率は半減だし、三人四人の客をとりのがす。そのリスクを単価に反映されたら困るのは客だ。
大体千円もしないランチで広い席を一時間も占有されて商売が成り立つか考えたことがあるのだろうか。安くて居心地がよくておいしい店は客も協力してこそ成り立つのではなかろうか。
時間が自由な人は時分をはずして行くとか、混雑しているときは狭い席でもかまわず、さっさと出てくるとか、そうした協力をすべきではないのかと思うのである。
無論、談話室的な喫茶店のように、飲食物の提供よりは場所と時間を売るような店はまた別であるのだ。その店が何を売ろうとしているのか、それを汲み取る必要があると思うのである。

もっと単純なことを言うならば、広い席じゃなきゃいやだとダダをこねる姿は見苦しい。
自らパーソナルスペースが広くて他人が怖いといっている弱い人間に見えるからだ。
他人が近くにいてうれしいとは言わぬがそんなことで心が乱れるような人間に見えたらどうだろうか。考えていただきたいものだ。
そもそも飲食店でわがままをいう客は見苦しい。

さて私の水気が多いランチは、水気のおかげで客単価も上がり、昼早々に退散したのでいい客だったに違いない。自己満足。
posted by Mozzo at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。