2014年12月22日

朝鮮半島 北も南も同じですな

アメリカでソニーピクチャーズが金正恩をおちょくるパロディ映画を作った。
金正恩を暗殺するとかそういう内容らしく、北朝鮮側が反発をしていた。
北朝鮮はソニーピクチャーズにハッカー攻撃を仕掛け、公開すればテロの危険もあると脅した。
結果公開は見送られた。暴力と恫喝に屈したとは言える。それは残念だが大企業とはいえ民間人が対抗できるものでもない。表現の自由に対して暴力で対抗する北朝鮮の卑劣さが際立った騒動であった。

阿呆だなとは思う。たかだかパロディ映画。受け流す度量がないことを世界に示してしまったのだ。これが公開されて指導者の権威が落ちる程度の国なのだと言っているようなものだ。
あのぎりぎりの瀬戸際外交を繰り広げる北朝鮮である。自ら置かれた状況を理解できぬわけがない。この映画に反応せずにはいられないほど国内の状況が切迫しているのだろう。

さてこの騒動で思い起こすのが韓国である。産経新聞前ソウル支局長が起訴された騒動である。同じく報道の自由を圧殺しようとする騒動である。

国家元首の威厳というものはあろうかとおもうのだが、一方で世の中いろんな考え方をする人がいて貶めたいと思う人もいる。それを背負うのは国家元首の宿命ともいえるだろう。
それを受け流すのも国家元首の度量というものだし、批判も揶揄も圧殺するのは圧政と言っていいだろう。アメリカも日本も大統領なり天皇なり首相なりは尊敬されつつも批判する人もいる。中には口汚くののしる人もいるにはいるのだが、それは受け流されている。それがあたりまえ。

国家元首を貶めてはいかんという法律を作る国もないではない。だが、それを他国人に押し付けていいとは思えない。幼稚だと思う。
さすが同族。礼賛されて当たり前、ちょっとでも批判的だとか揶揄されたらキーキーと怒る。おなじではないか。

個別の問題について、言いたい放題言わせてもいかんとは思う。そこに報道の自由や表現の自由に対する暴力が存在するなら否定されてしかるべしと思う。

だが、そうした行動原理を持っている国とのつきあいというのも考えねばならんのではないか。感情だけで動く国。北も南も同じである。
私は決して両国との友好を望まないわけではない。だが、現状をみて友好を考えるべき相手とは思えない。あいまいな態度で彼らの姿勢を暗に容認してもいかんと思う。きちんと拒否感をしめすべきではないのか。彼らのためにだ。自分たちのやっていることを理解させねばいかん。

posted by Mozzo at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411097967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。