2015年03月27日

政治家は言葉遊びをやめたらどうか

政治家、特に野党の言葉遊びやらゴシップ追求やら「お遊び」がすぎると思う。
与党を攻撃して気持ちよくなっているのは結構だが、それは政治ではない、ただの個人の趣味のようなものだ。腹立たしい。

今回も安倍首相が自衛隊を指して「わが軍」と表現したことにかみついている。

自衛隊の存在を疎ましく思っているとか、何が何でも軍備反対だもんと頭にお花畑が広がっている思想は個人の自由で結構だが、それは言葉遊びに過ぎない。
「あの組織」が隊であろうが軍であろうが「ぱみゅぱみゅ」であろうが名前はどうでもいいのである。
「軍なんてけしからん」と思っている人はぜひその主張を英語に訳してもらいたい。
The self difence force of Japan is not force!なのか。安倍首相や菅官房長官が日本の自衛隊が日本語で何と言おうと国際的には軍だというのは正しい。
どんな名前かとか何ができる組織なのかなんて関係ないわけで、何をすべきかせざるべきかを考えるのが政治家の仕事ではないかと思うのだが。

昔から同じようなことを言っている。

陸上自衛隊の装備で今は戦車という。無限軌道(クローラ、キャタピラ)のついた装甲車両に強力な砲がついた「あれ」である。戦中戦前も戦車と言った。ところが戦後のある時期は戦車というと左翼の言葉遊びの好きな人たちが怒った。「戦車ということは戦争の道具だもん。日本は戦争を放棄したんだもん。バカバカ」と騒いだ。それである時期「あれ」を特車と呼んだのだそうだ。
バカである。
戦車だろうが特車だろうが「きゅるきゅる走るどーんの車」と呼ぼうが、どのような能力のものを持ち何に使うのかが大事なのだ。
当たり前の話だが、中国のように天安門事件で自国民を殺すために使ってはいかんが、国境を侵して攻めてくる敵に向けるのは正しい。国を守るためにといって用意したものがぺちぺちと装甲も破れないような弾しか撃てないようなおもちゃではいかんし、強力すぎて高価で国家予算を圧迫したり、周辺国がビビッて逆に爆撃を仕掛けてくるようでもいかん。

軍備に懐疑的な考えを持つことは決して否定しない。
その考えを政党に託したい人もいるだろう。
また、安倍政権の言うことも100%ただしいとは言わない。批判すべきは批判せねばいかん。
対抗すべき野党が言葉遊びに没頭する阿呆では政治そのものに絶望してしまうだろう。安倍政権が考えることもいいことから悪いことまで全部通るだろう。

とりあえず民主党は黙るべきだ。解党していい。
社会党はいないのも同然。今更何を言っても無駄だ。
あとは最近強気が裏目に出たか迷走が目立つ共産党が正気を保って議論が成り立つかどうかだ。

政治が混乱迷走するくらいなら、まずは安倍方式を完成させたほうが40%の国益だと思う。マイナス300%になるような野党の意見を通すくらいなら。
posted by Mozzo at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。