2015年05月31日

文化の保護者としての自覚はあるのか

注意すればいいのかという報道。ちょっと長いが引用する。

引用ここから====
文化財の門、釘足りないまま「完工」…引き渡し
2015年05月31日 10時35分

 昨年、解体修理が終了した茨城県指定文化財「石岡の陣屋門」(石岡市総社)で、請負業者が施工不備のまま完工したことにして、石岡市教委に引き渡していたことが30日、分かった。

 同市は昨年11月の検査で見逃していたが、今月に入り、市民からの指摘で発覚した。市教委は業者に対し、早急に適切な対処を行うよう指示した。

 陣屋は江戸時代の役所。「石岡の陣屋門」は、陣屋にいくつかあった門のうちの表門で、1828年(文政11年)に建築されたものとされる。

 廃藩置県により陣屋が機能を失っても取り壊されることなく、市民らに親しまれてきた。屋根にシャチホコが載っているのが特徴の一つ。現在のシャチホコは推定で4代目。推定2代目と推定3代目も現存し、保管されている。

 交通事情などから1969年に近くに移築された。老朽化から市教委は解体修理を決め、2013年6月に着工した。

 着工を機に、市民から元の場所に戻すよう要望が多数寄せられた。市教委は交通事情を勘案の上、元の場所の数メートル南に昨年、再移築した。修理と移築の総工費は約5500万円だった。

 市教委によると、施工不備は、必要な箇所に「和釘」と呼ばれる江戸時代当時のものを再現した鉄製のくぎと、「しのび釘」と呼ばれる目立たないくぎが使われていなかったというもの。

 和釘は、袖塀外側の板を固定する部材の取り付けに10本必要だが、使われていなかったため部材がしっかり固定されていなかった。

 しのび釘は、切り妻屋根の両端の上部に「懸魚」と呼ばれる江戸時代に作られた木製の飾りを固定するために使用する必要があるが、使われずに鉄製のかすがいで仮留めされていた。

 市教委の追及に対し業者は、「和釘は他の箇所で使い切ってしまい足りなくなった。しのび釘は工事当時、手に入らなかった」と釈明。

 業者は、懸魚の固定を23日、しのび釘約20本を使って実施。和釘が必要な部分の対処は、和釘が手に入り次第行うとしている。

 市教委文化振興課は、「指摘を受けるまで施工不備に気付かなかったことは大変申し訳ない」と話している。
2015年05月31日 10時35分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
引用ここまで====

一義的にはチェックの甘い市教委文化振興課と材料が手に入らないことを理由にごまかした業者が悪いということになろう。だが、それで「みんなもっとちゃんとして」で済む話かと思う。

神社仏閣をはじめ古い建築の特徴と言えば鉄釘を使わないことである。木を巧みにかみ合わせるのを基本とし、釘を要する場所は木製や竹製の釘で止める。木製や竹製の釘は鉄製に比べ強度には劣るかもしれぬが見た目が美しく、さびない。釘を打った後からさび水が流れ出し、赤黒く変色しているのは美しくない。

その後時代が下ると記事にあるような鉄製の和釘も使われるようにはなった。これがまた手のかかるもので鍛冶屋が一本一本仕上げるものである。量産できるものでもされるものでもない。
忍び釘というのは一般的には釘の種類ではなく打ち方を指す用語であると思う。材を固定するとき、打つ場所を加工したうえで斜めに打ち込み頭が見えないようにする方法である。それむきの釘があるのだろう。これは私は知らないのだが、頭が見えにくい釘でかつ伝統的なものであればこれも量産できるものではないのだろう。

こうした仕事を請け負う業者であるから、普通の現代住宅を扱う業者とは違うだろう。記事からも無知で和釘や隠し釘を使わなかったわけではないとわかる。
これでは未完成だとわかっていて完成したと言ってしまったのは一義的に業者が悪い。だがこれはもっと根本的な問題があるのではないか。

竣工予定日というものがあり、それを守ることが前提で、下手をすればその納期を破ればペナルティがあったのかもしれぬ。それに迫られてのことではなかろうか。
普通の物品、たとえば役所なら文房具とか普通の庁舎の建物とか、そうしたものなら当然のことである。
だが、ものは伝統建築である。現代のそうした仕組みを押し通すばかりでいいのか。たとえるなら、芸術家に「名作と言われるものをいついつまでに作成してくれ」と発注するようなものである。時間がかかることだってある。

さらにすでに伝統の領域になってしまい、実用品としては廃れてしまった和釘が要件であるなら、それがボトルネックになって遅れることは当然発注する側がわからねばなるまい。たとえ事情を知っていても「できるって言って契約しましたよね」と冷笑する役人に姿が目に浮かぶ。

落語の「青菜」を思い出す。
主人公はご隠居の庭の手入れをする植木屋だ。じっと縁側に腰掛け腕組みをしている。そこへご隠居登場「ご精が出ますな」と声をかける。
凡人なら手も動かさず座っているのを見て「働けよ」と思ってしまうところだが、ご隠居はこの植木屋が芸術家としてこの庭をどう組み立てていこうか考えているということをよく理解していて「ご精が出ますな」と言ったのである。芸術家が仕事をしていることを理解する側がいてこそ成り立つのである。

文化振興課を名乗るのであれば、なにか思い違いをしていないのか点検する必要があるのではなかろうか。業者がごまかしをせねばならない文化振興課ってなんだ。

====
もちろん、文化振興課がこれを見抜けなかったというのは大問題だ。
気を付けて点検しろとかいう精神論ですむ話ではない。

材料が手に入らなかったことには業者に大いに同情するし、それを考慮しない文化振興課の姿勢も批判するが、一義的にはこれはごまかしでありほめられたことではない。
見破る能力がなかったのだろうか。一般のおそらくそうした伝統文化に興味がある人にはわかるというのに。その能力がなくて文化振興課と名乗るのもおこがましい。
発注する以上それをチェックできる能力があるのが当然だ。どうやって見積額が政党であるのか評価する能力があるのか。
無論扱う領域は広いわけで時に建築、時に工芸品、時に絵画というわけでそれぞれの専門家をそろえるわけにもいくまい。だが付け焼刃程度でも勉強していなかったのかと言いたい。

付け焼刃程度の知識では対応できないこともあろう。だが、そうしたときに役立つのは体系的な対処だ。何をもって完了と判断するのかチェックリストはあったのか。それは誰が見ても判断できる明確かつ詳細なものであったのか。
「何となくできているからOK」であったように見える。
「XXXの部材は和釘をXX本使って固定されていること」というチェック項目と詳細な設計書があればだれでもチェックできる。
外部の人が気づいてくれたからよかったようなものの、これは税金の無駄遣いだけではなく、伝統建築を後世に伝えるという重大な責務が果たされないということになる。何十年か後に「安直にかすがいで止めてあるんだなぁ」と納得されたらどうする。

決してすべての芸術や文化が経済的に自立して成り立つわけではない。
だからそれらすべてが公の補助があっていいとも言わない。端的に言えば滅びてしまってもいいもの、海外にあるから日本で守る必要はないものもある。
だが守るべきものについては「文化の保護者」としての気概を持ってもらわねばいかん。たるんでいるのではないか。
posted by Mozzo at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。