2015年08月16日

冷た〜〜いスープ

なにをいまさらという感じだがビシソワーズを初めて美味しいと思ったこの夏なのである。
ビシソワーズ(ヴィシソワーズだろとかいう愚劣な指摘は受け付けません)とはジャガイモを主材料にした冷たいスープである。
もともと日本にはなかったものであるが、ずっと以前に「おされ〜」な食べ物として入ってきた。その時食べたような気がするが、何の感慨もなかった。それ以来食べることもなく。

で、なんで今更なのであるが、なにもレストランできっちり食べたわけではい。一部コンビニなどでチルドの商品が売られているのを目にしたのがきっかけである。チルド商品はコーヒーやら乳飲料やらいろいろあるが、缶やペットボトルの商品に比べて日持ちしない代わりに素材が生きている感じがするのでその場で飲むならいいと思っている。

しかしだ、冷たいスープだぁ!? と思っていた。気持ち悪い。味噌汁もかけそばの汁もラーメンの汁もアツアツだからうまい。夏だろうがアツアツに決まっている。冷めていたらまずいでしょうにと思ったのである。
ではざるそばのつけ汁は何なんだ、ぶっかけうどんはどうなんだと理詰めで来られたらなるほど苦しい。だが、ジャガイモにブイヨンに、そこまではいいが生クリームだぁ!? 牛乳といるレシピもある。お前は料理なのかデザートなのか、いーーーーーっとなるので無視し続けていた。

で、その私がなぜ今年ビシソワーズを手に取ったか。
暑さがこたえている。以前は暑かろうが食欲は落ちなかったものだ。歳なんだね。欲はあるけれど胃が受け付けない。
そこに冷たいスープ。試してみようではないかと思ったのである。

コンビニの冷蔵ケースにプラスティックのカップ、アルミの蓋で売られている。買い求めれば蓋にプラスティックのストローをぐさりと差し込んで飲めとある。
まろやかなジャガイモの香りと風味、コンソメの旨味、絶妙な塩味、クリームなのか牛乳なのか知らんが乳製品のコク。引き締める香辛料。これはうまい。
食べず嫌いの数年間がもったいないと思うくらい。もっといいレストランで食べたらよりうまいだろうが、コンビニのでも充分にうまい。

考えてみれば大変に優れた食品だ。
暑ければ食欲は落ちる。胃の具合も悪くなる。そうではない人はわしわしと食べていただければいいが、もはや固形物をとる気にならないことだってある。
だからといって何も取らねば衰弱するし、下手をすれば夏バテで死ぬ人だっているのだ。
無理して食べたところで消化吸収する能力すら落ちているかもしれない。

塩分に糖質、タンパク質、脂質、さらにアミノ酸も含む。水分補給にもなる。ジャガイモならビタミンCも期待できる。それを無理なくすっと摂れるのであるから夏の食事にぴったりだ。
飲んでみるとじんわり沁みるような味わい。これは体が欲してるのであろう。

ビシソワーズの商品ラインナップをたどると、姉妹商品がこれまたうまそうである。
カボチャやコーンてのは定番と言っていい。なるほど定番でそれぞれの風味がいい。というよりカボチャやコーンがあってのジャガイモだろう。
えんどう豆なんてのもある。これがまた風味がプンプンとしていい。
これ、もっといろんな野菜でできるだろうなと思う。小松菜とかトマトとかアスパラとか大根とか。パクチー味もほしいな。

暑いのに健康重視で苦痛の食事をするなんて人生の意味がない。
美味しく健康に(たぶん)いいなら安直かもしれぬが液体飯もいいではないか。
いや弊害もあるのかもしれないが食べないよりいいはずだ。快楽と健康のはざまに。
posted by Mozzo at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいものの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424247627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。