2015年08月23日

大阪の中学生二人が殺害された事件

大阪市で中学一年生の男女が殺された事件。
最悪の結果を迎えてしまった。
その残虐な犯行に遺族や友人の方々の悲しみはいかばかりか。
ことに、少年の母親が悲嘆にくれる様は広く報道され、他人のこととはいえ涙を禁じ得なかった。
せめて冥府での幸福を。そう願わずにはいられない。幼馴染という二人、若い故のいろいろな悩みを語り合っただろう二人、冥府でも二人で語り合っていると願いたい。笑顔で。

容疑者が逮捕されたのがせめてもの慰めか。
山田浩二容疑者(45)。報道によればかなりの問題人物のようである。
かつて少年を拉致監禁し、後ろ手に縛って放置、金品を奪って逮捕されたという。
学生時代から素行が悪く、進学もしないどころか、親からくすねてきた金で周囲の歓心を買おうとしたり、いきなり鋏を振り回したりと精神的に危険な人物である。

たいていこういう事件では、
「真面目そうな人でこんなことをするなんて」
というコメントが出るのが普通だ。
実際そこまで真面目でなくともそんな奴を放置していたのかよという圧力を感じるから「まさか」というニュアンスを出すものだ。

だが、今回は
「あいつならやりかねない」「あいつだなと思った」
という声が報道されている。
どんだけ危険人物なのだ。

厳密な事実、例えば鋏を振り回したことがあるとか逮捕されたことがあるということ以外に、受ける感じ、印象と言うものがある。
こいつ絶対そのうちに犯罪を犯すよねと。それがあったのだろう。

====
報道によれば現状少女の拉致監禁は認めているらしい。しかし、殺害したのは謎の同乗者と主張、少年に対する言及はない模様。まぁ逮捕前に容疑者を追跡して少年の死体遺棄現場に至ったわけであるし、あらゆる防犯カメラの映像には容疑者しか映っていないという。
事実を一つずつ積み重ねて容疑者の主張を崩し、全面自供で裁判に臨んでもらいたいものだ。
悔やまれるのは、逮捕に大きな貢献をしたのが防犯カメラであるのだが、犯行現場、つまり少年少女を拉致した現場が写っていないことだ。死角で犯行に及んだと推定され、土地勘があるがゆえとされる。
土地勘があるから防犯カメラを避けられたというのは直接的物証がない言い訳ではあるが裁判では弱い。
この事態を受けてか単に住民を安心させるためかはしらぬが、防犯カメラ40台を公費で増設するという決定がなされた。
いいことだ。
カメラも安くなったわけで、高性能なものをまばらに配置するより、個人でも買えるようなカメラをあらゆるところに仕掛けてもらいたいものだ。それは犯罪の抑止力になる

====
この容疑者が「殺したのは同乗者」「同乗者の名前も年齢も言いたくない」としたのは全くの嘘とは断定できないがさまざまな報道を見るに単なるごまかしだろう。
少なくとも一人で粘着テープを買いに出たとかそうした客観的な事実から犯行の首謀者であるのは間違いのないところだろう。

「ほかのやつがやったんだもん」という精神構造。残念ながらこういうやつはいる。
何か別のやつに責任を押し付けたい。だがそんな奴はいない。でもいたんだというストーリーを作り上げて信じ込むタイプ。意外と多い。
あの和歌山毒物カレー事件にも同じ匂いを感じる。
もちろん、その架空の犯人が絶対に実在しないとう証明はできない。そもそも存在しないということの証明は論理的に不可能なのだ。演繹的に無理。
ゆえに帰納的論理で容疑者が犯人だと言い切るわけだが、「本当は違うのに」という言い訳の余地を残してしまう。

言い訳ができるゆえに、その言い訳を自らの記憶としてすり替えてしまう故に、反省を引き出すことはできない。
何度も同じことを書いている気がするが、罪の重さに対する罰と、犯罪を起こさない人間に更生させることは別である。この手の人間は反省しない。

この事件、たぶん死刑だろう。複数人を殺したという事実。その残虐な手口。未来ある少年少女、抵抗するすべを持たなかった少年少女をあやめたという不条理。動機は明らかではないが明らかに異常性を感じさせる状況。社会に与えた影響。
法が許すなら、遺族をはじめ犯人を憎む人すべてが「切れ味の悪いナイフ」をもって刺していくくらいの刑を課したい。

いつもの例で責任能力がなかったから無罪とか弁護士は言い出すんだろう。
自動車を運転できて隠蔽工作ができるじてんで責任能力100%だ。
いくら嘆いてももはや二人は帰らない。事実を明らかにし犯人に厳罰を下すことが残された人と社会の使命となろう。
posted by Mozzo at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424640102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。