2015年09月17日

阿呆の民主 共産 阿呆につける薬なし

もはや野党と言うのは与党にブレーキをかけて政治を正常化するという本来の役割を忘れ、与党に対抗し妨害することが自己目的化した阿呆としか言いようがない。
連中が国会にいるということは、それを支持した少数派がいるわけで同じく阿呆である。

産経新聞から引用する。

引用ここから====
野党の「セクハラ」作戦に反撃 参院議長が女性衛視投入 民主・小宮山泰子氏「女を利用するな!」

 参院平和安全法制特別委員会は16日、断続的に理事会を開催。理事会室前から動かない野党の女性議員の集団を排除するため、山崎正昭参院議長が女性の衛視を出動させたが、野党側は「こんな時に女を使うな」などと激しく抵抗。鴻池祥肇委員長は室内で事実上監禁状態に置かれ、安全保障関連法案の締めくくり総括質疑が始められない状態が続いている。

 理事会室前にいた民主党の小宮山泰子衆院議員は「女を利用するな!こんな時だけ女性を前に出して。女をこうやって使うんだな。今の政権は!」などと絶叫。ただ野党の女性議員は、排除しようとした与党の男性議員に「触るな!セクハラだ!」などと抵抗し、鴻池氏の退室を拒んでいる。
引用ここまで====

この記事には写真も掲載されており、以下のようなキャプションがついている。
「理事会の開会を前に集結、記念撮影する共産、民主の女性議員=16日午後、国会内(酒巻俊介撮影)」

女を利用するな? この小宮山という人には恥はないのか。
女性であることを利用して、言論の府であるべき国会に暴力を導入したのはお前らだろうに。盗人猛々しいとはこのことだ。
女性が暴力で議会を曲げようとしているから女性の衛士を前に出した。トラブル回避のための賢明な策だ。与党に文句が言えればなんでもいいのか。

トラブルを背景に記念写真とは阿呆も極まれり。自民党議員がこれをやれば辞職だなんだと騒ぐくせに。

本来の野党の役割を果たしていないから結果的に安倍政権に有利になっている。阿呆である。

この行動がどのように国益につながるのか、全く論理性がない。そんなことはあり得ないのだが、この暴力で法案成立を遅らせたとして(成立阻止は無理でしょうな)何の国益があるのか。
日本が不安定な国で信用ならないということを触れ回っているようなものだ。国の害と言ってよかろう。

なにも自民党支持でこういうことを言っているわけではない。

むしろ自民党と立場の違いを出している維新系のほうに心情は近い。残念ながら(?)橋下氏の主張に共感する。
彼は違いを主張し、是々非々で臨むが決して国政の混乱を狙っていない。民主共産は国政を混乱させた→自民党困った→民主共産偉い偉い→次の選挙よろしくという思考回路になっている。国益は彼らの頭にない。

嘆かわしi

posted by Mozzo at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426200634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。