2015年12月26日

カレンダーにすらいちゃもんをつける阿呆人権団体と受け入れる弱腰役人

こういう阿呆の構造が残っているのか。
産経新聞から引用する。

引用ここから====
大安、仏滅…六曜「差別につながる」 カレンダー配布中止、大分


カレンダーに表記があると、便利な「六曜」だが…

 大分県や佐伯市などは25日、カレンダーや冊子に大安や仏滅といった「六曜」を記載していたとして、配布中止などの対応を取ったと明らかにした。県人権・同和対策課は「科学的根拠のない迷信を信じることが差別につながる場合がある」と説明する。

7万部近く作ったが…「大安」もダメ!?

 六曜は古代中国で生み出されたとされ、日の吉凶に関する習わし。平成17(2005)年にも人権団体からの指摘で、大津市の職員互助会の職員手帳が問題になった例がある。

 大分県や6市町村などでつくる団体が、世界農業遺産に認定された「国東半島宇佐地域」の写真を使い作製したカレンダーに記載があることに気付いた。約1900部を配った関係機関には使わないよう求め、今後配布しない。

 佐伯市は28年から10年分の日記スペースがある冊子を5万冊作製。以前人権担当をしていた職員が21日に気づき、配るのをやめた。

 杵築市はカレンダー1万2千部を25日に市内の全世帯に配布する予定だったが、六曜を削除して作り直すことを決め、臼杵市役所に事務局を置く「市農業者年金協議会」は会員らに配ったカレンダー約230部の回収を始めた。
引用ここまで====

こういうことをねじ込む馬鹿がいて、抗議に唯々諾々と従う公務員がいるということか。
ねじ込んだ馬鹿がどこまでひどかったのか、それがトラウマになって馬鹿側の視点になった元人権担当がおかしいのか。

記事にもあるとおり、六曜は中国から伝わり日本で長く親しまれていた風習である。
仏滅で結婚式はどうかなとか、あえて仏滅にやれば安いし空いているしとかそんなもんだ。なにが差別を助長するだ。差別を持ち出せばなんでも通るというものじゃない。
というより六曜を否定して気持ちよくなる団体がいるのか? 六曜云々じゃなく公的機関にクレームを通して気持ちよくなっている馬鹿がいるとしか思えない。
役所とかクレーム慣れしていないから通しやすいわけだ。気持ちよくなりやすいわけだ。
本当に非科学的なものを世の中から消し去りたいと思っているならテレビ局にねじ込んで占いコーナーやめさせりゃいいんである。テレビ局はこういう馬鹿の扱いには慣れている。

非科学的なものがいいというのではないが、害がなく伝統で伝えられてきたことは残せばいい。それが根拠もなく何かのきっかけになればいいことだ。テレビの占いで「AB型の今日の運勢:今日は積極的に言いたいことを言おう」で、思い切って会議でばっちりいえるかもしれないではないか(これは運勢じゃないと思うんだが)、。
こんなことに目くじら立てる人権団体ってなんだ。馬鹿なんだろう。

非科学的なものをすべて排除するというなら世の中非科学的なものだらけだ。それを排除すれば人間としての文化は消える。
葬式なんて意味ありますか? 人が死んだらただの物体なんだからそのままごみとして出せばいいんです。科学的ですね。
初詣なんて意味がありますか? 木や石で作られたものに手を合わせて何が起こるというんですか。寺社仏閣は全部つぶしてマンションやショッピングセンターを作ればもうかります。科学的ですね。
コーヒーなんて意味ありますか? カフェインは毒です。中毒になります。がんになりますなるんです。ああ科学的ですね。

こういうことを言う連中なんだろう。

カレンダーに六曜と祝日が掲載されているのは日本の文化だ。
阿呆の人権団体につける薬はない。くだらないことをいうなと役所の公務員が言い返せなければ阿呆を増長させるだけだ。奮起せよ。
posted by Mozzo at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431721451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。