2015年12月26日

讃岐はうどんだけに馬鹿に対しても腰がある対応

カレンダーに六曜がはいっているからと抗議を受けて引いたことを前回書いたがこちらは気骨あるいい報道。


引用ここから====
「悪意や問題はない」うどんかるた販売再開へ 「つ」の句、差し替えず

 香川県は22日、公募で選ばれた読み句の表現が不適切との指摘でいったん中止した「うどんかるた」の販売を、句を差し替えずに26日から再開すると発表した。内容をあらためて検討した結果、悪意や問題はないと判断した。

 県によると、「あ」から「ん」までの全46作品のうち、「つ」の「強いコシ色白太目まるで妻」の句が「悪いイメージで受け取られる可能性がある」と外部に指摘され、15日の一般発売を延期。

 県職員や有識者ら5人でつくる選定委員会の再検討で「作者の意図は、大好きなうどん同様に妻をいとしむ気持ちをうどんの特長に込めたもの」などの意見があり、全員一致で当初の選定を維持することを決めた。

 かるたは22日から「年明けうどん」の公式サイトで無料ダウンロードできるほか、26日から同サイトと高松空港で計1800セット(1620円)を販売する。
引用ここまで====

悪いイメージで受け取られる可能性がある!? だぁ?
理屈と膏薬はどこへでも付くということわざのとおり、悪いイメージなんてつけようと思えばどうにでもなる。悪いのはその対象(この場合かるたの句)ではなく文句をつける阿呆の頭の中にある。

このクレームを入れたのは別の報道では1通だったんではないか。そんな阿呆の戯言に選定委員会が動いたというのはまだまだ弱腰といえようが、斜に構えてみてみれば「検討してみましたが何か?」と阿呆の主張を瞬殺する戦術ともいえよう。

「強いコシ色白太目まるで妻」
なかなかいい。
年齢を重ねれば人は変わる。男女かかわらず変わるんである。
中年になれば男女かかわらず図々しくなるものだし、体形も変わる。体力も落ちる。さらに年をとれば頑固になったり、物忘れをしたり。当たり前のことである。劣化はあるのだ。
その中でそれを受け止めつつ根底に愛着があるさまを描いているではないか。しかも色白はちょっとそこがお気に入りだと言っているんである。
この名句を撤回したらさぬきの損失だ。

馬鹿に対抗した讃岐の見識を評価したい。
posted by Mozzo at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。