2016年02月01日

甘利氏の騒動でまたも幼稚な政治ゲーム

甘利氏の金銭問題について、それはほめられたことではないのだが。
民主をはじめ大喜びである、与党を攻撃できれば国益もなにもないと考えている連中が騒いである。
そもそも辞任自体が国益を損ねている。
甘利氏といえばTPPの交渉を担ってきた。
TPPには賛否ある。
TPP賛成派にとってマイナスであるが、反対派にとって喜ばしいことだろうか。
TPPへの参画は国策であって甘利氏の辞任で白紙になるものではない。だが、外交というものはそこに携わる人間の人格にもよるところがある。甘利氏はタフな交渉の末に人間同士の信頼感を得ていたとかんがえられる。石原氏の能力をうたがうわけではないが時間をかけてえられた信頼感は一朝一夕に回復できるものではない。
TPPに賛成だろうが反対だろうが、甘利氏の力がなければ日本に有利な条件をとおせないことがうれしいわけではあるまいに。

国益を損ねてでも辞任せねば野党は黙らないという判断だったのだろう。
だが辞任したらしたで「これではすまさない」など鬼の首を取ったがごとく騒いでいる。
どうせ何をやっても難癖をつける連中なのだから、自民党は一切妥協すべきではなかったのではなかろうか。
だいたい、多少の金が動くことは政治家ならだれでもやっている。民主党だってあったしね。

いつも言っていることだが、こうした揚げ足取り的な攻撃は「趣味」の範囲だ。国会でやるな。甘利氏が金をもらおうがもらわまいが、大臣としてやってきたことには無縁だ。
閣僚が何をすべきかしてきたかだけを論じていただきたい。

まぁ民主党なんてのは自分が気持ちいいことを言うだけが目的だから言っても仕方がないか、ここに維新が絡んでいるのが驚きである。
もうちょっと道理の通る人たちだと思っていたのであるが橋下氏の影響力は消えたのだろうか。
posted by Mozzo at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな正論! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。