2014年04月01日

この人が好きだ:misono 2

前回misonoさんのことを書いた。
http://mozzo-expresso.seesaa.net/article/390815301.html
今回もうちょっと踏み込んで書いてみようかなと思うのである。音楽に詳しくない人間の音楽評論である。薄目でぼんやり読んでやってほしい。

昔から彼女の曲を聴いていたわけではない。歌手だと知ってからもなるほどと思っていただけで実際に歌声を聴いてから買った。あの笑っていいとものゲームで大黒摩季さんのチョットを姿を隠して歌い、それを当てるというのがあった。その録画を見る機会があってこれはいいではないかと思った。のびやかな声に表現力。これは素晴らしいとかのAmazonさんで大人買い。検索にあたるCDとDVDは全部買った。

====
かなりの枚数のCDとDVDが届いたが、素晴らしい歌が次から次へと。

まず声色といえばいいのだろうか。力強い声怒鳴るような声囁くような声悲しく嘆くような声。そしてのびやかに伸びる高音。変幻自在だ。
表現力も素晴らしい。心から楽しいルンルンだったり、失恋で胸が張り裂けんばかりだったり。これまた変幻自在。
大いに気に入ってパワープレイなのである。

ところが、彼女の言によればCDが売れないという。
ずいぶん前のことではあるが、かのロンドンハーツに出演した際にその旨発言している。
曰く、
「CDの赤字をバラエティ(出演)で返していこうと」
「(CDが売れないから)ウチ事務所変わった方がいいかなと(社長に相談した)」
「男のファンもおらんのに女からも嫌われたら誰に向かって歌を作っていけば。。。」

もっと売れない歌手はたくさんいるわけで、
かつてレコード大賞新人賞を取った歌手にしてはとか、
大手のレーベルAvexの歌手にしてはとか、
タレントとして知名度が高い割にはとか、
こうした前提がくっついたうえでの「CD売れない」ってことだとは思う。
まぁ確かに彼女の歌がラジオで毎日のようにかかっているという状況ではないのは確かだ。

いろいろな要因があるのだとは思う。
彼女は好感度の高いタレントではあるが、キャラクターの中に「CDを買う」という方向とは違う要素があるのかもしれない。Avexの売り出し方が悪いのかもしれない。

だが、歌そのものにも要因があるかもしれない(あらかじめ言っておくと問題点ではない)。

簡単に言うとキャッチーではないのである。

まず歌詞がほかの人のヒット曲とは違う。彼女は作詞をするそうな。
よく言えば立体的、悪く言えば理屈っぽいのである。
普通のポップスは端的な言葉をつなげてある歌詞が多い。想定する恋愛相手の言動(やさしい言葉とか振り向いてくれないとかプラスマイナスいろいろあり)について、「あなたのAが好きだうれしい、あなたのBは嫌だ悲しい(こんな工夫のない歌詞じゃありませんが)」とストレートにつづっていくだけに思える。ところが彼女の歌詞には論理構造がある。「あなたのAを求めるとBを受け入れなければならない。それはできないことだが、Bを拒否すればあなた自体を失う。それは。。。」というような論理が説明されているのである。一つの感情を表現する言葉を論理構造でより納得できる形で説明しつくすのである。
複数の言葉が絡み合っているから遠く離れた小節にある言葉と言葉が関係を持っていて構造的に理解しないと意味が通らないことがある。
つまり聞き流すことを許さないのである。
これを悪いこととは言わない。よく聞いて考えないと伝わらない感情というものがある。たとえば失恋に対して悲しみなのか諦念なのかそれがどのくらいの割合なのかということを感情で伝えるにはそれなりに言葉を尽くさねばならないのではなかろうか。

また、メロディーもキャッチーとはいえまい。
皮肉な言い方をすれば歌がうますぎるのである。
音域の広い歌も音程が難しくめまぐるしい高低をたどる旋律もさらっと歌ってしまう。聴いているだけではわからぬが、一度聴いてカラオケで歌えるようになるとか、思わず口ずさんでしまうというものではない。

それが証拠に、彼女の出したCDにはカバーアルバムがある。こちらは知られた曲で分かりやすい詩に歌いやすいメロディ。聴きやすくながら聞きができると言えよう。

彼女の楽曲の対極にあるのはきゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲であろう。
歌詞は耳にすっと入ってくる。音重視で意味のない部分も多い。メロディも一度頭に入ったらぐるぐる回って一日抜けない。
きゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲は歌といってもスキャットに近い。スキャットマンジョンが亡くなったのが残念。それはさておき、キャッチーなメロディとリズム、耳に心地いい単語の連続という総合芸術である。もちろんこれがいかんというのではない。すぐに口ずさんでしまって一日抜けない魅力を持った芸術である。

だが世の中キャッチーな曲ばかりでいいわけではない。
お菓子に例えればきゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲はふわふわのスポンジケーキ、甘いホイップクリームも乗っている。
それに対してmisonoさんの楽曲はオーガニックの全粒粉と雑穀が入った固いクッキー。かみしめないとわからないけれどかみしめたらわかる。
どちらも美味しくて必要なのである。

====
ここで、あまりひねりのない私のベスト3を挙げてみたい。歌詞はネタバレしないように。

第一位は0時前のツンデレラでしょう。やっぱり。
恋の挫折を重層的に描写した歌詞、泣きながら歌っているのではないかとまで思う表現力。
私は不覚にもこの曲を携帯音楽プレイヤーに入れて外で聴いた。涙をごまかすのに難儀した。
この歌で泣かない人は素敵な恋愛とつらい失恋経験していない、ある意味つまらない人だとまで断言する。ま、初恋でハッピーエンドの人なら実感できなくても幸福だろうけど。

第二位はマイアリーノ!でしょうな。
明るくほのぼのした歌かと思いきや、そう持っていくかと。
泣かせるんじゃない。
いつの間にか悲しい展開になっているうえにもう一枚メタファーが入っていて何度聴いても泣かされる。

第三位は恋つりGirl愛ガァル〜フィッシングBoy〜ですかな。
これは先の二つとは別で前向き恋愛ガールなんだが、おもちゃ箱をひっくり返したように言葉を詰め込んだ歌詞がいい。早口言葉か。私がこれを歌ったら舌を噛んで大出血。
いろんなタイプの女の子、男の子を表現する言葉をこれでもかと詰め込んで浮かび上がる恋するガールの姿。
また、彼女の歌には恋愛を何かに例えているものがいくつかある。釣りに例えるなんてのが意外にも緻密で楽しい。

それからこれは特別賞。
Koda Kumi×misonoのIt's All Love。
これはぜひPVを見ていただきたい。
楽曲もいいのだがPVがよい。Michel Jackson&Janet JacksonのScreamを連想するような演出になっている。オマージュだろうか。
似ていると言っても兄妹(姉妹)の歌手がSF的な空間を舞台に歌とダンスというところが共通しているだけなんだが。これは見比べてみることをお勧めする。
posted by Mozzo at 23:40| Comment(0) | この人が好きだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

この人が好きだ!:misono

最近はあるのだろうか。「抱かれたい・抱きたい有名人」なんて企画が雑誌をにぎわすどころかそれが芸能ニュースになったりすることがあった。
SMAPの木村さんが何度も連続で第一位だったとかいうあれである。
まぁありていに言えばだれとセックスしたいかとストレートに聞けばいいのに、と思うのはそれは私の心が黒いせいか。
その派生で「上司にしたい男性・女性有名人」とかなんとかあったが、要するに年上の支配的な立場の人とセックスするのかという設問に見えて。。。。

だがちょっと違う設問もある。「娘・息子にするなら。。。」である。
上司だ部下だというのに比べて、娘・息子と言われたらちょっと視点が変わる。

恋愛性欲相手となれば外見・内面ともに優れていることを求めるのは自然なことなんだが、自分の子供となるとちょっと違う。
もちろん、外見・内面ともに優れた人間に育って欲しいと思うのは当然である。
だが、完璧な人に育ってしまった我が子に満足できるのかというとちょっと違う。
たとえばTOKIOの長瀬君が素敵〜と思っても、我が息子としてどうだろうか。どっちかというと国分君とか城島リーダーとかそっちのほうが魅力的ではないかと思うんである。
前向きで頑張るのだけれど壁にぶつかってめげることもある。親としてはそこを慰め励ましてやりたいではないか。完璧で親なしでも全然問題なしというのでは親としてどうかと。

====
その観点から我が家では勝手に有名人を我が家の娘・息子と呼んでいる。本人が知ったら怒るだろう。
まぁ妄想の部類なので相対的な年齢は関係ない。うちにこの年齢の子供はいないだろうなんて言っていたら妄想は成り立たないのだ(←いいのかそれで)。

やはり真面目で前向きで、だけれども落ち込みやすくて自己評価がネガティブで、そこを励ましてあげたいという人がいい。
これが不思議と男性有名人で息子候補は現れない。男性有名人は自分の弱みを見せてはいかんからか? あるとしたら高橋英樹さんである。このシリーズで取り上げたことがあるのだが彼は少年のようなところがあるのだ。ただ、親である(ちがう)私の支援を必要とするという妄想が追い付かない。あとは国分太一君かなぁ〜

やっぱり女性有名人の方が弱みも見せるという意味で妄想娘感が盛り上がるのであろう。
以前このテーマで取り上げた柳原可奈子さんの我が家の娘感は抜群である。ぜひ我が家の娘として嫁に出してあげたい。
だが、彼女は才能が輝きすぎて「もはや親の手元を離れてしまって助けはいらない」と思わなくもない(親じゃないけど)。

そうなると気になるのがmisonoさんである。親としてハラハラすると言っていい(親じゃないけど)。
彼女はもともとDayAfterTomorrowというグループで世に出たそうな。姉の倖田來未さんよりも早くブレイクしたという。ただその後は盛り上がらず、姉は大ヒットを飛ばしという状況だっとそうな。
で、そのあとバラエティ番組でブレイクした。私が認識しているのはここからであって、最初は彼女が歌手であったことすら知らなかった。
バラエティ番組で見せるその真面目っぷりというかネガティブさというか、もうちょっと人生なめてかからないと疲れちゃうよとアドバイスしたくなるような姿に注目したのである。
たとえば、彼女はフードファイターではない。大食い企画で食べられないからといって泣くことはないんじゃないか。そこを泣いて悔しがる。そういうところが我が家の娘なんである。

ただ、彼女がバラエティでブレイクしてから相当の期間、私は彼女がバラエティタレント「のみ」であると思っていた。
ところが、歌手であるというではないか。たまたま歌手のシーンを見せるところを見て感心した。のびやかな声、情熱的な表現。歌詞も自分で書くという。

それに気づいておなじみAmazonさんで検索してCDとDVDを大人買い。ヒットするものは全部買った。なかなかの数のCDとDVDが我が家に到着した。

歌手として素晴らしい上に作詞家としても素晴らしいのは分かった。なおかつPVが大変によい。時にコミカル、時にシリアス。連続して流しているとすごく快感という声の質がこれまたいい。
しかも、音楽と関係ないダイエット企画のDVDも買ってしまった。彼女はデビュー後太り始めてしまってメディアへの露出が避けられた時期もあったとのこと。そのダイエット自体を企画として収録して売り出すというのだから残酷というか覚悟ができているというか。

その企画の中で彼女は自室での姿やダイエットの効果を示すためのセミヌード(乳首が出ていないだけやん)をさらしている。ああそこまでしなくてもと親としては思う(親じゃないけど)。

そんなmisonoさんをこれからも応援していきたいと思うのだが、30歳で引退するという表明もされている。いや引退は取り消しという話も。
それこそ相談に乗ってあげたい。親だから(親じゃないって)。
posted by Mozzo at 23:34| Comment(0) | この人が好きだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

しずちゃん 応援してます

南海キャンディーズのしずちゃんがボクシングミドル級でオリンピックを目指している。この話題再び。
体格など素質はあるものの、精神的あるいは経験の面での不安が言われている。
オリンピックに出られればすばらしいことだが、現時点ですばらしい。以前にも書いたがこの際ぼろ負けでもいいのだ。すでにすばらしい業績を残している。

彼女がボクシングを志さなければ、女子ボクシングなどここまで光が当たらなかっただろう。女子にもボクシングがあるの、なんてもんだ。
先の報道でもしずちゃんの記事に併記の形で「フライ級の箕輪綾子(フローリスト蘭)ライト級の釘宮智子(平成国際大)」と名前が挙がっていた。失礼ながらしずちゃんがいなければ報道に名前が挙がることは無かったのではなかろうか。

彼女は試合に出るだけではなく、本業のタレントでも出演番組でボクシングに言及している。ボクシングやってますと話す程度のことではなく、シャドーボクシングを披露したり、他のタレントとちょっと打ち合って見たりとボクシングの宣伝としては最大限をやっている。
第一級のタレントがさりげなく宣伝しているのであるから、女子ボクシング界は彼女に足を向けて寝ることはできまいに。


彼女はオリンピック出場権に向けてタレント活動は一時休止するのだが、先日かかわりのある福島いわきのスパリゾートハワイアンズの営業ははずさなかったという。映画出演で縁があり、昨年の震災のこともあり、こだわっているのだという。ええ話や。

相方の山ちゃんの話もいい。
芸能記事の受け売りなんだが、ボクシングに傾倒するしずちゃんに山ちゃんは「捨てないで」「コンビ解散は嫌だ」という発言をしている。これはボクシングから帰って来る場所を維持するという山ちゃん一流の心遣いなんだそうな。なるほど。
山ちゃんは仕事については厳しい人とかで、これまでコンビも変えているし、一人の仕事もこなしている。彼女にこだわる必要はない。ええ話や。

なにか、彼女のやっていることを見ているといろいろ「ええ話や」が出てくる。ええ話や。

posted by Mozzo at 20:33| Comment(0) | この人が好きだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。