2011年10月17日

この人が好きだ:藤村忠寿と嬉野雅道

藤村忠寿と嬉野雅道。あまり有名人とはいえないかもしれない。
ふじやんとうれしーといえば一部の人には大変になじみがある。

この二人は北海道テレビ放送(HTB)の社員である。そんなローカルテレビ局の社員のことなんぞ知るかと思う人もいよう。
この二人はHTBの水曜どうでしょうという番組のディレクターである。
だからそんなローカルテレビ局のローカル番組が。。。と思うかもしれないがまぁまぁ。

職場などで「水曜どうでしょうって何!?」と声を上げたら解説してくれる人がまちがいなくいる。詳細はテキトーに調べて欲しい。

この番組、そもそもはHTBの深夜番組である。しかもディレクターがこの二人だけ。そのうち嬉野さんはカメラ担当だ。この二人でタレント二人を連れてロケに出る低予算の番組である。
タレントの一人は当時北海道の演劇界では名をはせていた鈴井貴之。テレビやラジオでも活躍していたし、劇団の主宰、タレント事務所の社長。全国的とまではいわないが八面六臂の活躍である。もう一人は鈴井氏の劇団にいた無名の学生。

どう考えても番組的にしょぼい。なにせカメラマンは嬉野ディレクター一人だ。

ところがこの番組が受けた。北海道でカルト的人気を博したのをスタートに全国各地で放送された。都道府県単位では全てで一度は放送されている。化け物ローカル番組である。
トラックに乗って札幌市内の粗大ごみを集めるとか、サイコロで行き先を決めて日本中を放浪するとかそんな低コスト企画を日本中で放送するのだからわからないものだ。セットやゲストにお金を掛けて全く売れないと泣いている番組もあろうに。

番組に人気がでて、出演者の一人無名の学生はいまや全国区の人気者である。大泉洋だ。タモリさん三谷幸喜さんの大好物。
この大泉洋さんも異色のひとである。この番組基本は様々な場所に行くロケ番組である。出演陣が鈴井さんとの二人なんだから鈴井さんとトークするのが普通だ。ところがしゃべるのはもっぱら藤村さん。
嬉野さんはカメラだから黙っているのは当然としても鈴井さんまで黙ってしまって藤村さんと大泉さんで舌戦を繰り広げるのがこの番組の売り。「黙れ二流タレント」「ナンだヒゲ!?」と罵倒合戦。これがいい。

===
番組の人気は過熱し、DVDは発売されグッズは売れまくり、あまつさえイベントを行うほどに。

イベントはあの札幌オリンピックの開会式で使われた真駒内屋外競技場で行われた。数万人のファンが集まり、グッズを買い、トークショーでテーマソングを熱唱。
DVDだってそんじょそこらの人気番組とは違う。
たいていはハイライトシーンのダイジェストだ。ところが水曜どうでしょうは放送した番組をあまさずDVD化すると意気込む。しかも、泣く泣くカットした未公開シーンを追加する。
DVD化は2002年の番組終了後今も続けられているし、不定期に放送される特別編も好評である。

===
テレビ番組の製作者でここまで番組コンテンツを大事にするディレクターはいないだろう。人気番組とはいえここまで完璧に再現したDVDを発売する番組がどれほどあろうか。ファンもそれを応援している。すばらしい。
そうした姿に思わず涙も出るし嫉妬もする。

およそ何らかの形で物を作る人は藤村さん嬉野さんがうらやましいのではなかろうか。
自分が信念をもって生み出したものが支持され、目に見える形でファンが集まり、DVDという記録に残し、グッズを含めて物が売れていく。クリエーターとしてこれ以上の幸せがあろうか。全国放送の人気番組のディレクターでもそうはいかないのだ。

彼ら自身が語る番組立ち上げ時期の取り組みを聞くと、HTBの社員にも関わらず通常のサラリーマンとは違うとわかる。下手すれば首だ。カメラ撮影経験のある人を用意しないで番組スタートってなんだ。でも彼らなりの目論見算段があるのだ。
そこから成功に至るのは彼らの才能なんだろう。

うらやましい。心の底からうらやましい。
posted by Mozzo at 22:42| Comment(0) | この人が好きだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

この人が好きだ:しょこたん〜その後

以前この人が好きだ、としてしょこたんこと中川翔子さんを取り上げた。
オタクアイドルとして名前を聞いてたが興味はなかった。ところが、出演番組でじっくり見て、意外にもタレントとして巧みである上にお人柄も大変好ましいように思えた。てなことを書いた。
その後も出演番組を全て追いかけるほどではないが見かけると注目していた。

しょこたんといえば独特の口調、用語、ファッションが特徴である。言動もアイドルらしからぬ豪快なものがある。へたな芸人よりよっぽど面白い。
だが、テレビではあれでも「だいぶおとなしい」ということがわかった。
ラジオではもう爆発している。

J-Waveの「東京Remix族」という番組であの山田五郎さんと共演されている。

その一節を文字に起こして引用する。
「自転軸が横倒しになってそんなパンツを見せて喜んでるんですよ。
で、それを木星がね叱るんですよ。その無骨なね骨太な腕がね天王星のその華奢な鎖骨を押さえつけて。
ひぃ まんざらでもねぇんだ天王星の方がまた。
多分なんかボブカットなんですよ天王星は。ハイソックスなんだよな。
木星はベージュのトレンチコート着てるの。体毛が濃いの。
ひぃひぃひぃ エロ過ぎる。木星と天王星の関係が。関係がエロ過ぎる。
ひぃひぃひぃ たまらんのぉ。だめだ18禁だ。モザイクかけたほうがいいよ。」(J-Wave 東京Remix族より)

一貫して興奮して嬉々とした口調で話している。「ひぃ」というのは笑い声。

内容をちょっと説明せねばなるまい。
もともとしょこたんは太陽系の惑星を擬人化してとらえている。「初恋は木星」なんだそうな。木星は成人男性イメージ。
天王星が少女イメージでパンツを見せる云々というのも理由がある。
言及されている通り。天王星の自転軸は公転面に対してほぼ横向きに寝た状態になっている。この寝て自転・公転している姿が地面でごろごろ転がっている人をイメージしている。そして天王星には土星ほどではないが輪がある。これをミニスカートにイメージしているのだろう。だから少女でハイソックスでボブカットでと妄想が膨らんでいる。

そんなしょこたんを山田五郎さんは「気持ち悪い」とののしる。もうアイドル要素ゼロ。

あまりに妄想が飛んでいて、久々にラジオで声を出して笑わされた。
なかなかここまで妄想できない。すごい人だ。

この番組には毎週珍しい動物を取り上げるコーナーがある。動物の画像を見て交尾シーンがあると興奮して食いついてくるしょこたん。
気味の悪い生物を取り上げてばかりいるので、そういう生物名で画像検索をするとしょこたんの画像が出てくる始末。たとえばヒモムシで検索されるとよい。グロテスク注意。


あいかわらずしょこたんブログも見に行っている。基本は他愛もない話で、最近はなめこ育成ゲーム(?)がお気に入りのようだ。理解不能
しかし、たまに泣かせる話を持ってくるところがこれまた憎い。家族やファン、猫を始めとするペットに対する愛が深い。その辺の話で涙腺が緩むこと緩むこと。

なんと人気番組ウチくる!?(フジテレビ系)の司会が決まったそうな。
前任の久保純子さんは夫の仕事の都合で海外移住。芸能界を引退するらしい。人気・才能のある方なのに引退とは惜しい。
あの番組は時々見ていたが、最近はゲストのレパートリーが尽きたのか閉塞感もあった。今後新風を吹き込むのではなかろうか。もはやゲストが要らない位に。

こうして注目している人が活動の場を広げているというのはなかなかうれしいものだ。
忙しすぎて倒れないことを祈るばかりである。科学君のロケはずいぶん過酷と見える。
posted by Mozzo at 20:56| Comment(0) | この人が好きだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

この人が好きだ:祝ギャル曽根さん入籍

以前にも我がブログでギャル曽根さんのことを取り上げた。
その後も注目していて、なんとなく我が家の娘か姪っ子のような気分であった。
で、このたび入籍したという。めでたい。
なんでもお相手はイケメンのディレクター。
ところがこの人がちょっと太ってしまっていたという。ディレクターという商売は不規則そうだから食生活も乱れていたのだろうか。

ギャル曽根さんといえば大食いはもちろん、料理が得意で調理師免許他資格も持っている。時折企画で腕前を披露するが包丁さばきも鍋さばきも手馴れたものだ。
その料理の腕で彼のダイエットに協力したという。野菜中心で炭水化物を控えるメニュ。本人は節食する彼の前でご飯をばくばく食べていたというから、彼はきっと精神も鍛えられたに違いない。
ダイエットは成功し、体型も見事なイケメンになったとか。めでたい。

===
報道ではこの先彼女の活動については触れていなかった。できることなら変わらず活動して欲しいなと思う。大食いはこの先体が追いつかないとしても、食に対する見識とタレントとしての面白さを兼ね備えた稀有な存在である。

ここのところ、結婚を機にタレント活動をやめる芸能人が多いような気がする。たまたま注目しているタレントさんだったからかもしれないが。
山本モナさんやもりちえみさんが思い浮かぶ。面白くて才能があるし、人柄も申し分ない人だったのにもったいないなとも思う。

やっぱり、結婚すると女は家にいてくれと思うものなのだろうか。本人が考えた結果に外野から文句を言っても仕方ないと思うが才能が埋もれると思うとね。
posted by Mozzo at 19:37| Comment(0) | この人が好きだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。