2012年01月04日

くだらない一言:01月04日

問題です。
現生種では世界最大の齧歯類(ネズミ目)とされる動物。アマゾン川流域に生息する。
おとなしく人になつきやすいことと、愛らしい外見から日本でも人気がある。動物園で飼育されるほかにキャラクター化されて漫画やぬいぐるみとしても売られており広く親しまれている。
さて、この動物の名前は何でしょう!?


オニテンジクネズミっ!


正解!
嘘は書いてない

このパターン、ハダカカメガイでもやったっけ
posted by Mozzo at 22:44| Comment(0) | くだらない一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

くだらない一言:12月24日

真夜中にサンタがきますなぁ。
0時頃にくるとして、地球には時差があるから1周360度を24分の1にした地域を1時間で回らねばならないということだ。

北極から南極までは約20,000kmあるのだが、高緯度地域には人があまりいないので15,000km。直線に飛んでは意味が無いのでかなり少なく見積もって4倍の60,000kmを飛ぶとする。
大雑把な計算なので実際に家に入ってプレゼントを置く時間は無視だ。

人口分布は偏りがあるので、太平洋の真ん中のような場所ではゆっくり飛べばいい。サンタの立場になれば配る場所が少なければ先に進みたいところだが、時差を追い越してしまう。

人口稠密地帯ほどくねくねと長い距離を飛ばねばならない。100,000km/hは軽く超えるだろう。地球に突っ込んでくる小惑星でもこうはいくまい。
サンタ自身は神秘の能力で空気との摩擦を無視できるとしよう。だが衝撃波はどうなる。
あの超音速旅客機コンコルドなど2,000km/h強で20,000mの航空を飛んでも地上に衝撃波が届く。サンタが低空を飛んだら地上は壊滅するに違いない。

こりゃダメだな。神秘の力で瞬間移動をするのだろう。トナカイが引くそりにのって優雅に飛ぶのはときどき人間に対するデモとして。優勝したレースカーが観客の前でゆったりウィニングランするような物だな。

===
キリスト教徒は約20億人いるという。
1世帯あたりの人数が平均4人として5億世帯がキリスト教徒。
その1/10にプレゼントをもらえる子供がいるとして5000万世帯。

これを24時間で回る。
1秒に約579回。
仮に地上高5mの煙突口から入って、暖炉から子供の枕元が5mと見積もる。往復で20m。煙突口から次の煙突口までは瞬間移動できるとする。

10,780m/sec = 38,808km/h
地球の周回軌道上の人工衛星より早い。

サンタは平気でも家壊れる。

これもダメ。

これはもう子供の枕元ごとに直接瞬間移動しかない。
それでもサンタが現れると1/579secしか滞在しない。

===
と、こんなにサンタは大変なのだからキリスト教徒でない日本人はプレゼントをねだらないように。
posted by Mozzo at 16:24| Comment(0) | くだらない一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

くだらない一言:12月22日

オーバースペックの実例

たかだか百数十km/hでしか走れないのに300km/hで走れる車を欲しがる男

たかだかサンダルで歩ける程度の道しか歩かないのにブーツを欲しがる女

高級スポーツカーは維持費がかかるしブーツは足が臭くなるからやめたほうがいいよ。
posted by Mozzo at 00:22| Comment(0) | くだらない一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。